杉崎裕斗プロデュース

大阪梅田の美容外科・美容皮膚科はグローバルビューティークリニック

グローバルビューティークリニック

0120-1107-090120-1107-09

医院情報

ダーマペン

こんな方にオススメしています。

  • ニキビ跡が気になる
  • 肉割れ・妊娠線を薄くしたい
  • 小じわ・毛穴の開きが気なる
  • 二の腕のぶつぶつを治したい
  • 首の横シワが気になる
  • 傷跡を薄くしたい
  • 肌全体を若返らせたい
  • 肌質を良くしたい

コラーゲン生成を促進して美しい肌へ

ダーマペンとは?

イメージ

16本の超極細針を皮膚へ刺し、肌へ微細な穴を開けることで、加齢とともに生じるシワやたるみ、毛穴の開き、ニキビ跡、妊娠線など、様々な肌の症状を改善する治療法です。

穴を修復しようとする人体の自然治癒力の作用により、体内のコラーゲン生成を促進する治療ですので、強い副作用の心配がありません。

また、成長因子を塗布することで、無数に開いた細かな穴から成分が真皮まで確実に浸透し、皮膚の再生を手助けします。

イメージ イメージ

ニキビ跡、肌の若返りに効果的

ダーマペンは極細の針でお肌に無数の針穴を開けます。

その傷が治る過程で、表皮細胞や繊維芽細胞(真皮)・コラーゲンなどの増殖が起こり、また成長因子の塗布によりダーマペンで無数に開いた細かな入り口を通して成分が真皮まで確実に浸透し、コラーゲン増生効果が高まり、お肌の若返り効果や、ニキビ跡の改善効果などをより高めることが期待できます。

イメージ イメージ

肌への負担やダウンタイムが少ない治療

従来のダーマローラーは、ローラーに針がついている構造上、斜めから針が刺さるので表皮へのダメージが大きく、点状出血や赤み・腫れが長引くというデメリットがありました。

一方、ダーマペンは、肌に対して針が一定の圧力で垂直に刺さるので、表皮への負担が少なく、開いた穴はとても小さなものなので、2~3時間のうちに閉鎖するので、傷跡が残ることはありません。

赤みや腫れなどの症状も数日いないで治まり、施術の翌日にはメイクをすることが出来ますので仕事を休む必要もありません。

イメージ イメージ

針の長さの調整で、きめ細かい部位へのアプローチも

一人一人に合った治療が可能。

ダーマペンは針の長さを調整・変更できますので、一人一人の症状に合わせた針入深度で治療を行うことができる。

また、ローラー状からペン型に進化したことで、鼻や目もとなどの狭い範囲やフェイスラインなどの湾曲した部位にも穴を開けることが可能です。

目の下のちりめんジワや小鼻の毛穴など、ダーマローラーで難しい部位も際まで施術可能です。

当院のこだわり 当院のこだわり

サイトプロMD(肌革命)

イメージ イメージ

ヒト骨髄幹細胞由来のサイトカインや成長因子を配合したものです。

もともと人間が持っている、自然治癒力(再生能力)を応用することで、根本的な肌改革が可能な、新しいスキンケアです。

骨髄幹細胞が他と違う点は、抗炎症作用が高いサイトカインを生み出すため、炎症を素早く抑制して、治癒するところです。

炎症は、老化の原因になります。 近年、炎症が加齢を促進することが証明されています。そのため炎症を抑える機能をコントロールする骨髄由来の幹細胞は、アンチエイジングの救世主となります。

イメージ イメージ

当院ではサイトプロを浸透させるシステムとして、ダーマペンを導入しています。サイトプロMDは、ご自宅でのホームケアとしてもご利用いただけます。ダーマペンの施術をした後に塗布して頂くと、更に効果がアップします。

※サイトプロMDは医療機関専売品です。

サイトカインとは?

ヒトの体内にもともと存在する自然物産で、タンパク質の一種です。シグナル伝達分子として細胞同士のコミュニケーションを司る「生体信号=言語」の役割を果たしており、私達の体はこの言語を通して、細胞の増殖・分化・機能発現を行っています。

このサイトカインは年齢を重ねるにつれ、劇的に減少し、新陳代謝が衰え、停滞し、シミやシワを発生させます。

ヒト骨髄幹細胞培養液「サイトプロ」

イメージ イメージ

骨髄幹細胞培養液は、ウィルス・細菌に感染していない、その他病気を持っていないなど、厳しいヘルスチェックをパスした若い(平均年齢20歳)ドナーから骨髄をほんのわずか採取し、その中から取り出した間葉系幹細胞を培養して抽出します。

これらの採取・培養・保管は、FDA(アメリカ食品医薬品局)規制に準拠した管理体制のもと行われています。

ヒト骨髄幹細胞とは?

ヒトの細胞は、「生体信号」という特別な言語を使用して、コミュニケーションをとっています。

その生体信号が「サイトカイン」であり、成長因子と呼ばれるものです。サイトカインにはさまざまな種類があります。

皮膚や血管や筋肉などの細胞を増殖するものや、発毛・増毛を促すもの、抗炎症・傷の治癒効果のあるものなどその働きは多岐に渡り、現在再生医療の現場でも盛んに用いられています。

骨髄幹細胞とエイジングケア

イメージ イメージ

骨髄由来の幹細胞は血液を通って全身を調べ、傷や損傷を発見すると生体信号サイトカインを使って指令を出します。

コラーゲンのような結合組織の合成や増殖を促進したり、傷を修復したり、細胞組織の再構築をしたり、炎症、免疫などにも重要な役割を果たしています。骨髄の幹細胞は、加齢とともに減少します。

10代から減少傾向がみられ、30歳を過ぎる事には乳児の持つ数に対して4%ほどしか残りません。

老化が進むと、傷が治りにくくなったりターンオーバーが滞ってシミやたるみになるのは、そのためです。

幹細胞は、古くなって傷ついてしまった細胞を入れ替えるために、サイトカインを使って新しい細胞を作っています。

「老化」とは、このようなサイクルが滞り起こるものだと言われています。つまり、サイトカインの補給がエイジングケアの要と言っても過言ではないのです。

  • TEL 0120-1107-09 WEBからのご予約・お問い合せはこちらから
  • 未成年の方へ

    未成年の方(20歳未満)へ施術を行う場合、保護者の方の同意書が必要になります。同意書にご記入いただき、ご来院の際にご持参ください。

    未成年同意書ダウンロード