【 開きが良くなり好印象な目元に 】

『上眼瞼たるみ取り』他院にて全切開二重術をされていましたが、眠そうに見える事を気にされていました。他院では眼瞼下垂と診断されることの多い例ですが原因は眼瞼下垂ではなくまつ毛にに被さる皮膚なので、上眼瞼たるみ取りで皮膚切除をする事で改善すると

腫れ、内出血、左右差、二重幅形成の限界、傷跡、感染

症例の詳細

【 修正手術で鼻を整える 】

『鼻孔縁形成 』+『瘢痕除去』鼻整形によって瘢痕が増殖し、鼻孔縁の形態に崩れが生じている状態であったため、修正手術を実施しました。自然な変化に注目して、是非チェックしてみてくだい。

感染、傷跡、内出血、左右差、拘縮、肥厚性瘢痕などがあります。

症例の詳細

【 頬・顎下脂肪吸引 】

『脂肪吸引(ほほ、顎下、ジョール) 糸リフト6本 顎形成(糸)』脂肪吸引の完成は3ヶ月以降なので、ここからさらに綺麗になっていきます。

痛み、腫れ、内出血、知覚異常、拘縮、色素沈着、血栓・脂肪塞栓、血腫など(個人差があります)

症例の詳細
  • 2020.4.20

    【美人の条件】VOL10ブタ鼻・団子鼻解消の鼻尖形成術を徹底解説。2つのアプローチ方法のメリット・デメリットについて説明

  • 2020.5.26

    【美人の条件】VOL14 鼻柱下降術。鼻が垂れ下がって見える。とお悩みの方、鼻柱の改善で、バランスのよい鼻先にいたします

  • 2020.5.30

    【美人の条件】VOL15 鼻翼縮小術。小鼻のふくらみが気になる人必見

夏の女性イメージ

紫外線が毎年強くなっている!?夏の肌トラブルを防ぐ方法やおすすめの美容医療をご紹介

あっという間に夏がやってきますが、日焼けはしたくないですよね。「日焼け止めを塗り忘れて皮がむけてしまった」「対策したのに焼けてしまった」…こんな経験がある方も多いでしょう。

後悔しないために…業界事情のココをチェック!その1

美容クリニック選びで後悔しないためのポイント⑥知っておくべき美容業界事情とは?

近年、美容整形へのハードルが低くなったこともあり、美容整形を検討する方が大幅に増えました。だからこそ、クリニック選びは慎重に行ってほしいもの。そこで今回はクリニック選

セルフダーマペンは実際どう?セルフで行う危険性やダーマペンで効果を得る方法をご紹介します!

セルフダーマペンは実際どう?セルフで行う危険性やダーマペンで効果を得る方法をご紹介します!

肌荒れ、ニキビ、クレーターなどの治療法としてダーマペンが挙げられます。美容クリニックでダーマペンを受けたいけど予算が合わない…ネットで買えるセルフダーマペンが気になる…このような方のため

「鏡の中の私」はホントの私じゃない…

美鼻を手に入れ、生活が変わった人たち<症例④>Part2 整形依存症

前回、小鼻の広がりにコンプレックスを抱いている女性の例をあげて、なぜ1度の手術ではなく3度に分けての手術になったのか、手術までの経緯について詳しくお伝えしました。今回はその続編として、彼

理事長アイキャッチ画像
CONCEPT

今よりもっと美しく輝くために

多くの方が外面の悩みやコンプレックスを抱えていらっしゃいます。それを解消できたら、自信がつき、内面の魅力もますます輝くはず。こうした考えから、私たちグローバルビューティークリニックは患者様がさらに美しく輝くお手伝いをしています。よりよい人生に向けて一歩を踏み出しませんか。一緒に最善の方法を見つけましょう。まずはお気軽にご相談ください。

GBC理事長杉崎 裕斗
当院の理念
読み込み中... 読み込み中...