全体のバランスが美しくなればいくつになっても美しさは本物
2023.10.7

美鼻を手に入れ、生活が変わった人たち<症例④>Part1 整形依存症

今回は美容整形経験者である母とともに来院した娘さんのお話です。

複合手術として1度で済ませることはできたものの、本人の希望通り3回に分けて鼻整形を行いました。

しかし本人は「整形依存」になりかけていたのです…

動画公開中

【美人の条件】VOL32鼻整形症例:元々カワイイのに鼻整形を繰り返す理由美人は鼻で決まるチャンネルVOL32一般の人に聞けば8割の人が「可愛い」と答えるような顔立ち。それでも本人の希望で3回に分けた鼻の手術でアイドルのようなかわいらしさに。 しかし本人は整形依存になりかけていました。

症例④ Part1

可愛らしい

本人の希望で3回に分けた鼻の手術でアイドルのような可愛らしさに

手術までの経緯

お母さんと二人でカウンセリングに来られた未成年の女性

未成年の場合、手術には親の同意書が必要となるので通常カウンセリングも親同伴で行います。


見たところ、お母さんは既に鼻や目、唇などいろいろなところを手術されている様子です。

一般の人は気付かないかもしれませんが、プロの目から見ると手術したことが一目でわかるような不自然な顔つきをしていました。


対して娘さんは、一般の人に聞けば8割の人が「可愛い」と答えるような顔立ちです。

顔の輪郭が美しく、目と口のバランスも良いのです。

悩み

ところが彼女は、小鼻が横に広がることをとても気にしていました。

確かに、笑ったときなどには小鼻が少し膨らんでいる印象を受けましたが、医師から見れば愛らしいと思える程度で触らない方が良いと感じました。

むしろ、全体に高さがなかったので、プロテーゼで高さを出し、「鼻尖形成術」で鼻先を細くすることで顔全体が小さく見え、綺麗な目が強調されると思ったのです。

そのことを丁寧に説明しましたが、お母さんも「本人の希望通り」を望まれており、小鼻を小さくする「鼻翼縮小術」のみ行うことになりました。

2か月後

術後観察の際、今度は鼻先の大きさが気になるという話が持ち上がりました。

鼻翼を狭めたことで、鼻先に違和感を覚えるようになったのでしょう。

そこで鼻先に手を加えるなら、一緒に鼻筋を通すプロテーゼも挿入した方が良いと勧めました。

しかし、高さには不満がないということで結局「鼻尖形成術」だけを行ったのです。

6か月後

ところが、やはり高さも欲しいと要望され、結局は「プロテーゼ隆鼻術」も行いました。

身体への負担や外出できない期間を考えても、できれば手術は1度で済ませたいところ。

しかし、本人が納得して手術をしたという点では3回に分けることにも意味があったのかもしれません。

当院が行った手術法

施術の流れ

①鼻翼縮小術(内側法)
②鼻尖形成術(クローズ法)
③プロテーゼ隆鼻術


計3回に分けて上記の術式で手術を行いました。

手術後

手術後の娘さんはと言いますと、ちょっとしたアイドルよりもずっと可愛らしくなりました。

それでも自分のことを「私はブスです」と卑下します。

このあたりで私は「あれ?」と思いました。

娘さんの様子から感じたことを次回お話したいと思います。

まとめ

今回のケースは未成年の女性でしたので、彼女の将来のことを考えて手術法をおすすめしました。

本当は1度の手術で完了させ、身体への負担を最小限に抑えたいところ。

しかし娘さんの気持ちを受け入れ、3回に分けて手術を行いました。



実際、娘さんはお母さんというごく身近に美容整形の経験者がいることで、美容整形手術に対する抵抗も少ないようでした。

仕上がりに満足いかなければまた手術をすれば良い。」

という考えがあったのかもしれません。

次回、娘さんから感じた「整形依存」についてお話します。

Related
関連する施術
施術後のイメージをよりリアルにお客様と共有するために

カウンセリングでは、言葉だけではなく紙カルテにイラストを描くなどしてお客様と施術後のイメージを共有できるように努めていますが、よりお客様にご安心・ご満足いただけるように、グローバルビューティークリニックでは3Dシミュレーションシステム『ベクトラ』を導入いたしました。

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの鼻尖形成術です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ば

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理する鼻尖形成MAXです。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広

鼻尖部軟骨移植(耳軟骨移植)イメージ
わずかな調整も可能な自家軟骨移植で
美しい鼻を手に入れよう

ご自身の耳から取り出した軟骨(自家軟骨)や、医療用の軟骨を鼻先に移植することで、鼻尖部を高くする、下方向へ少し延長する、などの効果が期待できます。耳の軟骨を採取する場合、傷はほとんど目立ちません。医療用の軟骨は人体への親和性が高く、自家軟骨の採取不足による効果不足が起きないというメリットもあります。

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は

鼻柱下降術イメージ
小鼻にお悩みなアナタへ。
自然で理想的な鼻を手に入れよう!

鼻柱下降術は、小鼻の美しいラインを作るための術式です。 鼻柱とは、二つの鼻の穴を隔てている壁の先端の部分です。お顔を横から見たとき、鼻柱が小鼻に隠れて見えない患者様にお勧めする施術です。鼻尖形成術で鼻先を整え、耳の軟骨を鼻柱に縫い付けて鼻柱を下方に伸ばします。引っ込んでいる鼻柱を引き出し、下向きに変

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
杉崎理事長の著書
Category 03
鼻の整形
Category 04
目の整形
Category 05
美容整形
Category 06
美容皮膚科