人生最高の瞬間に最高にキレイな私で!
2023.10.5

美鼻を手に入れ、生活が変わった人たち<症例③>結婚式直前の花嫁 Part1

前回に引き続き今回は<症例③>をご紹介します。

結婚式に向けて鼻整形のカウンセリングに来られた女性。

手術を受けるとダウンタイムが生じますよね。

果たして結婚式や前撮りなどのイベント直前に美容整形を受けても良いのでしょうか?

実際にあった症例をもとにダウンタイムの必要性について解説します。

動画公開中

【美人の条件】VOL29鼻整形症例 よく見るとブタ鼻で、結婚式を2か月後に控えた花嫁さんの鼻整形美人は鼻で決まるチャンネルVOL29《症例③》結婚式とその前撮り(写真撮影)を控え、どうしても鼻を美しくしたいと来院された女性(20代半ば)そのままでもステキな女性だなと思いましたが、良く見ると鼻先が上を向いたブタ鼻でした。ご本人が仰る通り、左右の鼻の穴の形も微妙に違います。

<症例③>Part1

結婚式 前撮り 整形

結婚式と前撮りを控え、どうしても鼻を美しくしたいと来院された女性 Part1

特徴

そのままでも素敵な女性だなと思いましたが、よく見ると鼻先が上を向いたブタ鼻でした。

ご本人がおっしゃる通り、左右の鼻の形も微妙に違います。

これまでの経緯

彼女は1か月後に写真撮影、2か月後に挙式を迎えます。

1か月後の写真撮影はどうしても綺麗な鼻で撮りたいのだそうです。

最初このお話を伺ったとき、正直もう少し早く来院してくれたら…と考えました。

その理由は今回の事例のポイントである「ダウンタイム」です。

不安要素

鼻は術後の安定に時間がかかる部位であり、手術の内容によってはっしっかり定着するまでに2年ぐらいかかるケースも。

当院では常にダウンタイムについて納得していただき、笑顔になってもらうことを第一に考えながら手術を行います。

そのため、経過がうまくいかず挙式本番や前撮りで悲しい思いをするのではないかと考えたら、今回の鼻整形を快く進めることはできませんでした。

「ダウンタイム」も個人差がありますし、できれば完成するまでに最低3か月はほしいところでした。

ダウンタイムの必要性

ダウンタイムとは?

強い違和感のある時期で、人から見て目立つほどの腫れや内出血がある期間のこと。

これが落ち着いて人から見てもそれほど違和感がなくなればダウンタイム終了です。

しかし、まだ細かい腫れが部分的に残っています。

その細かい腫れまで全てひいて完成するまでに半年以上、場合によっては2年くらいかかることもあります。



これらの症状が治まる期間は当然個人差があり、短い人がいれば長引く人も。

もちろん、手術の場所や内容によっても違います。

つまり、「ダウンタイム終了=完成」ではないのです。

意外と多い勘違い

みなさんの中には「ダウンタイム期間」つまり術後の腫れや痛みが治まれば「完成」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

手術後のお客様からよく耳にするのが

「腫れや痛みは治まったのですが、形に違和感があります」

という言葉。



おそらく、痛みや腫れが治まるとすぐに理想の状態になると思われているのですが、これは勘違いなのです。

多くの方から同様の言葉をいただくということは、そう考えている方が多いということです。

ダウンタイム終了≠完成

ダウンタームと完成までの関係図

「ダウンタイム期間」が終わったことは「完成」とイコールではありません。

手術内容によって異なりますが、手術により大きさや形を変えた部分が定着して美しい状態になる「完成」までにはかなりの時間がかかるのです。

顔や身体は徐々に完成形へと近づいていくのです。



仮に「ダウンタイム期間」が1週間から10日ぐらいだとしても、手術内容によっては定着するまでに時間がかかることも。

強い腫れがひいてだいぶ目立たなくなってきたころがダウンタイムの終わりです。

しかしまだ腫れが残っていれば完成ではありません。

わずかな腫れまで完全にひいて完成するまでには半年以上、人によっては1年以上かかるのです。

術後の経過

ダウンタイム終了後の経過中はぶつけたり強く触ったりは気を付けないといけませんが、運動してはいけないというわけではありません。

ジムで普通にトレーニングしている人もいます。

ただし、決して無理をしてはいけません。

この期間はとても重要で、今後の経過や完成度を大きく左右するといっても過言ではありません。

今回の症例

鼻手術はお顔の他のパーツと比べても特に「完成」までに期間を要する部分です。

したがって今回の手術を快く進めることはできませんでした。

しかし、最終的には手術を決行します。

なぜこの症例に対し手術を行うことにしたのか、次回続きをお話します。

まとめ

結婚式や前撮りといった人生において重要なイベントに向けて美容整形を検討中の方は多くいらっしゃいます。

しかし、ここで考えないといけないのは術後に生じるダウンタイムです。

仮に強い腫れが治まったとしても完全に完成しているわけではありません。



ダウンタイムのリスクと手術で得られるメリットを天秤にかけて、やるかやらないかを判断する必要があります。

イベントに向けて美容整形を検討中の方は、早めにカウンセリングにお越しください。

Related
関連する施術
施術後のイメージをよりリアルにお客様と共有するために

カウンセリングでは、言葉だけではなく紙カルテにイラストを描くなどしてお客様と施術後のイメージを共有できるように努めていますが、よりお客様にご安心・ご満足いただけるように、グローバルビューティークリニックでは3Dシミュレーションシステム『ベクトラ』を導入いたしました。

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの鼻尖形成術です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ば

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理する鼻尖形成MAXです。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広

鼻尖部軟骨移植(耳軟骨移植)イメージ
わずかな調整も可能な自家軟骨移植で
美しい鼻を手に入れよう

ご自身の耳から取り出した軟骨(自家軟骨)や、医療用の軟骨を鼻先に移植することで、鼻尖部を高くする、下方向へ少し延長する、などの効果が期待できます。耳の軟骨を採取する場合、傷はほとんど目立ちません。医療用の軟骨は人体への親和性が高く、自家軟骨の採取不足による効果不足が起きないというメリットもあります。

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は

鼻柱下降術イメージ
小鼻にお悩みなアナタへ。
自然で理想的な鼻を手に入れよう!

鼻柱下降術は、小鼻の美しいラインを作るための術式です。 鼻柱とは、二つの鼻の穴を隔てている壁の先端の部分です。お顔を横から見たとき、鼻柱が小鼻に隠れて見えない患者様にお勧めする施術です。鼻尖形成術で鼻先を整え、耳の軟骨を鼻柱に縫い付けて鼻柱を下方に伸ばします。引っ込んでいる鼻柱を引き出し、下向きに変

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
杉崎理事長の著書
Category 03
鼻の整形
Category 04
目の整形
Category 05
美容整形
Category 06
美容皮膚科