こちらを見つめる女性
2022.8.13

蒙古襞が与える印象の違いを解説|蒙古襞をなくすのがおすすめのケースや手術の注意点もご紹介

美容整形

日本人の目頭は、蒙古襞と呼ばれる皮膚に覆われている傾向があります。

この蒙古襞によって、目が小さく見えたり離れ目に見えたりと見た目の印象が左右されることも少なくありません。

目頭によって印象がどう変わるのか、蒙古襞が与える印象の違いについて考えてみましょう。

また、蒙古襞の特徴、目頭切開がおすすめのケース手術の注意点についても解説いたします。

蒙古襞の特徴

女性の目のアップ

欧米人と日本人の顔つきを比べたとき、印象を大きく分ける決め手のひとつが蒙古襞です。

蒙古襞は、上まぶたから目頭にかけて覆い被さっている皮膚のことを言います。日本人を含む黄色人種に多く見られるまぶたの形状です。

蒙古襞があると、目頭は丸みを帯びた形となり、目頭の内側にあるピンク色の粘膜部分(涙丘)は露出部分が小さくなります。

一方で、蒙古襞のない欧米人は涙丘がしっかり見える人がほとんどです。

涙丘の露出目頭の形で、目元の印象は大きく異なります。つまり、日本人と欧米人の目元の印象が大きく異なる理由のひとつが蒙古襞なのです。

蒙古襞が与える印象の違い

肌つやの良い女性

蒙古襞は目元の印象を大きく左右します。目元の印象は、お顔全体の印象にも影響します。

どのように印象が違うのか、蒙古襞の有無で異なる印象を比較してみましょう。

蒙古襞がある場合

一般的に蒙古襞がある目元は、涙丘が見えないか露出部分が小さく、丸みのある目頭です。

そのため、以下のような印象につながります。

可愛らしい印象
離れ目
小さな目
幼い印象
素朴で地味な印象

蒙古襞があると、目と目の間の距離が開いて見え、離れ目に見えることも多いです。

ほかのパーツとのバランスによっても顔の印象は変わってきますが、一般的に蒙古襞があると幼く可愛らしい印象の顔になります。

蒙古襞がない場合

蒙古襞がない目元は、涙丘が見えることでスッキリとした印象です。

大人っぽい印象
洗練された印象
ぱっちりとした目
クールな印象
目力が強い印象

蒙古襞がないことで、目元は上記のような印象が高まります。

涙丘部分がしっかり見えると目の横幅がその分大きくなるので、ぱっちりとした大きな目になります。

蒙古襞がある目元に比べて、蒙古襞のない目元は目力のある印象的な目元になりやすいです。

しかし、目頭の角度、尖り方、涙丘の見える範囲によっては、冷たくきつい印象につながることもあります。

蒙古襞があるデメリット

アイシャドウを塗る女性

蒙古襞があることで生活面でなにか支障を来すということはありません。

しかし、蒙古襞があると目が小さく見えたり目が離れているように見えたりと審美的な観点で影響があります。

欧米人は、目頭から目尻にかけて二重の線が平行な平行二重が多い傾向です。

一方で、日本人は平行二重は少なく、目頭から目尻にかけて二重のラインが広がる末広二重が多く見られます。

これは、蒙古襞があることで平行二重になりにくいためです。

目頭側の二重ラインの邪魔になるという点は蒙古襞のデメリットと言えます。

蒙古襞をなくすのがおすすめのケース

笑顔の女性

蒙古襞があることが必ずしも悪いわけではありません。

美しい顔立ちの条件は、全体のバランスです。蒙古襞があっても全体的なバランスが整っていれば、美しく魅力的な印象を与えます。

しかし、蒙古襞をなくすことで、魅力的な変化が得られるケースが多いのも事実です。

蒙古襞をなくすのがおすすめのケースについて解説いたします。

綺麗な平行二重にしたい

二重の女性の目元アップ

前述したように、蒙古襞があると平行二重になりにくいです。

蒙古襞を残しながら二重手術で平行二重をつくることも不可能ではありません。

しかし、とれやすい、ハム目になりやすい、不自然なラインになりやすいなどのリスクがあります。

綺麗な平行二重にしたい場合は、蒙古襞をなくすのがおすすめです。

大人っぽく見られたい

蒙古襞をなくすことで、目元はシャープになり大人っぽい印象が高まります。

目の横幅も長くなるため切れ長の目元になり、可愛らしさよりも綺麗美人といった印象になります。

幼く見られることがコンプレックス大人っぽく見られたいという場合は、蒙古襞をなくすことで理想の目元に近付けるでしょう。

離れ目が気になる

蒙古襞によって涙丘に皮膚が被さると、その分目と目の間の幅は長くなります。

一方で、蒙古襞がなくなると物理的に目と目の間の距離は狭くなります。

離れ目が気になる離れ目に見える原因が蒙古襞という場合も、蒙古襞をなくすことでバランスのとれた目元になるでしょう。

日本人の目と目の間の距離は平均34㎜と言われています。ただし、全体のバランスが大切なため、34㎜以上あるからといって離れ目というわけではありません。

離れ目が気になる方は、34㎜という平均値はあくまでも参考程度に留め、お顔全体のバランスを見ることが大切です。

目と目の間の距離が変わるだけでも顔の印象は大きく変わります。蒙古襞をなくすことで、バランスのとれた顔立ちに整えることも可能です。

蒙古襞をなくす目頭切開法

医療器具

蒙古襞をなくす手術のことを目頭切開といいます。

目元の整形手術は二重整形が最も人気ですが、目頭切開も目の印象を変えられる手段として年々人気が高まっている整形手術です。

目頭切開にはさまざまな手術方法があり、術式によってメリットやデメリットが異なります。

クリニックによって採用している術式が異なる場合も多いです。

目頭切開の施術を受ける場合は、術式の違いについて理解しておくとクリニック選びの際にも役立ちます。

三日月法

三日月法は、目頭の内側の皮膚を三日月形に1本のラインで切除して縫合する術式です。

目頭切開法のなかでは、比較的単純な術式のため手術時間が短く済むメリットがあります。

しかし、後戻りの可能性が高い傷跡が非常に目立ちやすいというリスクがあるため、三日月法で施術するケースは非常に少なくなっています。

Z形成

Z形成は、目頭の皮膚をZの形に切開し、2つできる三角形の皮膚を入れ替えて縫合する術式です。

皮膚の切除範囲が小さく、比較的傷跡が目立ちにくい手術法になります。切開する範囲を調整しやすいため、自然な仕上がりを求める方におすすめです。

しかし、比較的変化が少ない術式でもあるため、蒙古襞の張りが強い方や大きな変化を求める方には物足りない可能性もあります。

W形成

三日月法やZ形成に比べ、大きな変化を得られる術式がW形成です。

目頭の皮膚をWの形に切開し、蒙古襞を取り除きます。その後、皮膚を取り除いたWの三角形の皮膚を内側に寄せて縫合する術式です。

目頭を大きく広げることができる施術であるため、蒙古襞が強い方や大きな変化を求める方に適しています。

しかし、切除範囲が大きいため、元に戻すことが難しい傷跡が目立ちやすいというデメリットもあります。

韓流目頭切開

韓流目頭切開は、目頭から下まつげの際に沿って切開し、内側の三角の部分を切除する術式です。

切開した部分は周辺組織を剥離し、切開した涙丘を露出するようにして縫合していきます。

細かい微調整が可能で、理想の仕上がりに合わせてデザインすることができます。

変化の大小をお客様ひとりひとりに合わせられるのも韓流目頭切開の大きなメリットです。

また、下まぶたの皮膚は比較的治りが早く、傷跡が目立ちにくいというメリットもあります。

そのため、一般的に目頭切開はZ形成やW形成で施術することが多いですが、当院では韓流目頭切開が最も仕上がりが良く効果が実感でき、傷跡も目立ちにくいので、韓流目頭切開術をおすすめすることがほとんどです。

ご希望や予算に合わせて、医師と相談しながら検討してください。

蒙古襞の手術の注意点

こちらを見つめる女性

蒙古襞をなくす目頭切開は、理想の目元に近付けるメリットの多い整形手術です。

しかし、デメリットリスクがないわけではありません。

目頭切開で失敗しないためにも、手術の注意点について予め理解しておきましょう。

切りすぎると寄り目になってしまう

蒙古襞をなくすことで、シャープな印象の目元になることが期待できます。

しかし、切りすぎたり涙丘が見えすぎる目頭になってしまうと、寄り目になってしまうことがあります。

目と目の間の距離が狭くなりすぎないように、目頭切開はお顔全体のバランスを考えながら施術することが重要です。

蒙古襞を切除する範囲のベストバランスはお一人お一人異なります。

大きな変化を求める方も多いですが、自分の顔立ちに合う仕上がりか、しっかりシミュレーションしておきましょう。

ダウンタイムがある

肌荒れをケアする女性

目頭切開は、ダウンタイムがある整形手術です。

メスを入れる施術のため、術後は腫れや赤みが生じる可能性があります。また、抜糸までには5〜7日間を要します。

抜糸までの間は目頭部分に糸がついている状態になるため、外出しにくいという方が多いです。

最低でも1週間はダウンタイムが必要な施術と理解し、予定を調整したうえで施術に臨みましょう。

傷跡が目立ちやすい

同じ目の手術でも、切開や埋没跡が二重ラインに隠れる二重整形に対し、目頭切開は目頭を切るため傷跡が目立ちやすい施術になります。

傷跡は、回復が順調でも1〜2か月は赤みが出ることがあります。徐々に治まってきますが、完全に赤みや傷跡が治るまでには数か月かかる場合もあります。

コンシーラーでカバーすることも可能です。

蒙古襞でお悩みの方は専門医にご相談を

目元のカウンセリングを受ける女性

日本人は遺伝的に蒙古襞が多い人種です。そのため、蒙古襞の存在に悩む方も少なくありません。

また、蒙古襞が邪魔して理想の二重がつくれない方も多いです。

蒙古襞をなくす目頭切開は、目元に洗練された印象が生まれ美しい変化が得られます。

しかし、目頭切開で切除できる皮膚には限界がありますし、美しい仕上がりにつなげるためにはお顔のパーツとのバランスを考慮することが大切です。

残念ながら傷跡が目立つ、目頭を切りすぎたなど、目頭切開をして後悔している方もいらっしゃいます。

目頭切開で失敗しないためには、信頼できる専門医の施術を受けることが重要です。

当院の目頭切開は、傷跡に配慮するだけではなく、お一人お一人の顔立ちに合った変化が得られるようにデザインしています。

蒙古襞や目元の印象にお悩みの方は、ぜひグローバルビューティークリニックへご相談ください。

まとめ

喜んでいる女性

「目は口程に物をいう」ということわざがあるように、目元は人の印象を大きく変えるパーツです。

美しく印象的な目元は、目頭で決まるといっても過言ではありません。

一重を二重にしたい、二重幅を広くしたいと、二重に悩まれる方は非常に多いですが、蒙古襞をなくすことで理想の変化が得られるケースも多いです。

目元の印象を変えたいとお考えの方は、二重整形だけではなく蒙古襞に注目してみるのも賢い選択肢です。

自分に合った美しい目元を見つけていきましょう。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形