鏡を見る女性
2022.6.6

鼻のヒアルロン酸注射の失敗例は?鼻のヒアルロン酸注射で失敗しないコツも詳しく解説します

美容整形

プチ整形として人気を集める鼻のヒアルロン酸注射ですが、失敗してしまうケースも少なくありません。

鼻にコンプレックスを抱えている場合、切らずに鼻を高く見せられる施術方法があると知れば魅力的に感じる方もいます。

これから鼻のヒアルロン酸注射の施術を受けようと検討している方に向けて、失敗例や失敗してしまう原因を紹介します。

最後には失敗しないコツも解説しているため、安心して施術を受けるための心構えとして参考にしてください。

プチ整形で人気の鼻のヒアルロン酸注射

聴診器と注射器

鼻のヒアルロン酸注射は隆鼻術のひとつで、切開しないプチ整形として人気を集めています。

ヒアルロン酸注射を鼻に打つことで、すっと通ったスマートな鼻筋を手に入れられるため、「鼻のラインを整えたい」「鼻を高く見せたい」という方におすすめの施術方法です。

切開をしないため少ないダウンタイムで済み、短い施術時間で手軽に受けられるという点が人気の理由です。

ヒアルロン酸を注入する場所は主に鼻筋と鼻根で、顔全体のバランスを見て調整しながら注入していきます。

ヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されていくため、効果を持続させるためには定期的に注入する必要がある施術です。

効果持続期間は注入するヒアルロン酸の種類によって差がありますが、約1年程度の効果が期待できます。

鼻のヒアルロン酸注射は失敗も多い

悩む女性

手軽に受けられて人気のヒアルロン酸注射ですが、実は失敗するケースが多いのも事実です。

「プチ整形だしそんな大きな失敗にはならないだろう」と軽い気持ちで施術を受けると、理想通りにならなかったときに後悔する可能性があります。

鼻のヒアルロン酸注射の失敗とはどのようなものがあるのかを理解したうえで、施術を受けるか判断しましょう。

鼻のヒアルロン酸注射の失敗例は?

不安そうな女性

鼻のヒアルロン酸注射の失敗例は、施術後に時間が経ってから気づくケースがほとんどです。

中にはまわりの人には気づかれない程度の失敗もありますが、自分が違和感を覚えるようであれば成功とはいえない場合が多いです。

どのようなケースが失敗例とされているのか、確認していきましょう。

しこりができてしまった

ヒアルロン酸注射を打った箇所がしこりとなり、水風船のようなブヨブヨの状態になる・ぼこぼこになる・段差ができるという状態になるケースがあります。

明らかに目視でわかるような段差は自分だけではなく、まわりの人からも気づかれる可能性が高いです。

このようなしこりが生じてしまう原因は、主に「ヒアルロンの質」と「医師の技術力」が考えられます。

またヒアルロン酸注射を定期的に複数回続けていると、ヒアルロン酸が完全に吸収されずにしこりとなって残ってしまうケースもあります。

いずれにしてもしこりができた場合は触らないようにし、様子を見るようにしましょう。

希望した鼻になっていない

なりたい鼻の形を伝えたにもかかわらず、希望の形にならなかったというケースがあります。

希望の鼻にならない原因は「注入量」と「ヒアルロン酸の種類」が不適切である可能性が高いです。

医師の技術不足もありますが、カウンセリングで自分の希望がうまく伝えきれていないために起こる失敗例でもあります。

明確に「こういう鼻にしたい」という希望がある場合には、カウンセリングの際にしっかりと伝えることが重要です。

仕上がりが不自然

鏡を見て悩む女性

どのように不自然になるかというと、鼻筋が太くなる・鼻筋が盛り上がって見えるなどの症例があります。

このようになってしまうのは、「誤った部位に注入している」「注入する量が多い」などが原因です。

またヒアルロン酸注射を複数回行なっている方は、以前注入したヒアルロン酸が残っているため、注入するごとにヒアルロン酸の量が増えてしまうことがあります。

施術を重ねるごとに鼻筋が太くなってしまっていることに自分では気づけず、まわりの人に言われて初めて認識するケースもあります。

追加注入する際に少ないヒアルロン酸の量を提示されると不安を感じるかもしれませんが、残っているヒアルロン酸を認識しながら量を調整していくことが重要です。

左右に流れてしまった

注入したヒアルロン酸が左右に流れてしまうと、希望通りの形にならない場合が多いです。

左右に流れてしまう原因は「ヒアルロン酸の質」が考えられます。

鼻にヒアルロン酸を注入する場合、柔らかすぎる質感のヒアルロン酸を使用すると鼻に固定されず流れてしまう場合があります。

鼻に適したヒアルロン酸を使用して、左右への流れを防ぐことが大切です。

鼻のヒアルロン酸注射が失敗する原因

驚いた様子の女性

失敗してしまう原因は主に3つ考えられます。

いずれも医師の知識や技術力が関係しますが、カウンセリングで的確に希望を伝えることによって解消できるものもあります。

失敗してしまう原因を知ることで、失敗しないための方法を導き出していきましょう。

ヒアルロン酸の量が多すぎる

注入するヒアルロン酸の量は、お客様の鼻の形やなりたい鼻の形に沿って決めていきます。

多すぎる量のヒアルロン酸を注入してしまうと、仕上がりが不自然になったり盛り上がって段差ができてしまったりします。

ヒアルロン酸の注入において、量の調整は失敗と成功を左右する非常に重要なものなのです。

適したヒアルロン酸を使用していない

バツ印を表す女性

ヒアルロン酸には複数の種類があり、それぞれの性質や適している箇所も異なります。

鼻に使用するヒアルロン酸は、皮フに押しつぶされないように固い素材のヒアルロン酸を注入することが多いです。

固いヒアルロン酸を使うことで鼻の形がしっかりキープされ、時間が経過しても形を保ちやすくなります。

適したヒアルロン酸を使用していなかったりヒアルロン酸を薄めて使用していたりすると、希望通りの形にならない可能性が高いです。

医師の技術不足

鼻のヒアルロン酸注射において、医師の技術力は重要です。

「切開する手術じゃないのに、技術力が必要なの?」と思われる方もいるかもしれませんが、ヒアルロン酸は量を調整しながら注入していくため技術力を要します。

医師の技術力がないために、量が多すぎて不自然になる・量が少なすぎて理想の形にならなかったなどのケースが起こります。

またお客様の希望を聞きながら、どの部位に注入したらよいのかを判断する知識力も必要です。適した部位に注入することで、理想の形を形成できるからです。

施術を受ける際には、担当してくれる医師が豊富な経験があるのか・十分な知識や技術があるのかを見極めましょう。

ヒアルロン酸注射を失敗したときの対処法

指を指す女性

ヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されるため、許容できる違和感であれば、時間をおくことで自然な状態になってくる場合もあります。

しかし明らかに不自然で違和感を覚える場合は、ヒアルロン酸を溶解させる修正治療を受けられる選択肢があります。

ヒアルロン酸を溶解させる薬剤を注入することでヒアルロン酸を分解・除去し、注入する前の状態に戻すことが可能です。

ヒアルロン酸を除去する治療は比較的難易度が高く、医師の技術力を要する施術です。

修正治療を希望する場合は、積極的に修正治療を行ってくれる信頼できる医師に相談しましょう。

当院では医師による無料カウンセリングを行っています。ヒアルロン酸注射でお悩みの際は、下記のボタンより是非ご連絡ください。

鼻のヒアルロン酸注射で失敗しないコツ

ガッツポーズの女性

鼻のヒアルロン酸注射で失敗しないためには、事前の準備や自分のなりたい鼻の形を明確にしておくことが重要です。

満足につながる施術を受けられるように、失敗しないポイントを押さえておきましょう。

手術歴や持病は事前に伝える

特に顔の手術を受けた経験がある方は事前に医師に伝えておきましょう。手術経験があると、ヒアルロン酸を注入した際に塞栓が起こるリスクが高まります。

塞栓とは栓子と呼ばれる血の塊が血液中に浮遊し、血管が塞がれてしまう症状です。

また持病があり体調が良くないタイミングで施術を受けると、副作用が出やすくなる可能性があります。

「手術歴と持病はヒアルロン酸注射と関係性がない」と考えている方もいるかもしれませんが、重大な影響を及ぼす可能性があるため必ず事前に伝えるようにしてください。

カウンセリングを大切にする

鼻のヒアルロン酸注入の施術を受ける際、カウンセリングで自分のなりたい形や希望を伝えることは非常に重要です。

医師はカウンセリングでお客様の要望を聞きながら施術方法やデザイン、使用するヒアルロン酸などを決めていきます。

カウンセリングの場で希望を伝えきれないと、医師との間で認識違いが起こり希望の形にならなかったという不満につながる可能性があります。

前もって自分の希望を明確にし、カウンセリングでは遠慮することなく医師に希望を伝えてください。

信頼できるクリニックを選ぶ

鼻のヒアルロン酸注射を受けるクリニックは慎重に選びましょう。

「料金が安いから」「家から近いから」という理由だけで安易に決めてしまうと、失敗するケースにつながりかねません。

信頼できるクリニックを探すポイントは医師の情報・症例写真をチェックすることなどがおすすめです。

医師の経歴や得意な施術をチェックすることで、鼻の施術に詳しいかどうかが分かります。また症例写真をチェックすることで、仕上がりの状態を確認できます。

高い技術力を持つ信頼できる医師に施術してもらえるように、入念なリサーチをしてクリニックを選びましょう。

鼻のヒアルロン酸注射を成功させたいなら

医師に相談する人

鼻のヒアルロン酸注射を成功させるために、事前のリサーチと準備を大切にしましょう。

自分のなりたい鼻の形を明確化して医師に伝えることで、理想の鼻に近づける可能性がグッと高まります。

ただ「鼻を高く見せたい」というだけでは、お客様にとっての「高い鼻」というものが具体的にどういう鼻なのか想像しづらいものです。

具体的にどの部分を高く見せたいのかなどを考えておくと、お客様の希望が医師に伝わりやすくなります。

施術を受けるクリニック選びも非常に重要です。

いくら自分の希望を正確に伝えられても、医師の技術力がなければ希望を実現できないからです。

気になったクリニックには、1度カウンセリングに訪れてみるのもおすすめです。

カウンセリングを受けることで、クリニックの雰囲気や説明の分かりやすさなどをチェックできます。

余裕があれば複数のクリニックのカウンセリングを受けてみて、自分が納得できるクリニックで施術を受けましょう。

必ず理解しておきたいヒアルロン酸注射のリスク

ヒアルロン酸を注射する際、皮フの上からは血行の走行を確認できないため、血流障害や神経を圧迫するリスクがあります。

鼻根部へのヒアルロン酸注射は眼動脈へのヒアルロン酸注入の危険性があります。

万が一眼動脈へヒアルロン酸を注入してしまうと、眼動脈の根元にヒアルロン酸がつまって眼球への血流を妨げ失明してしまう可能性があります。

ヒアルロン酸の持続期間は限られているため、高く美しい鼻を維持するためにはヒアルロン酸注射を何度もくり返す必要があり、その度に同じリスクを負うことになります。

お手軽なヒアルロン酸注射でもリスクを伴うことは必ず理解しておきましょう。

下記のボタンより、医師による無料カウンセリングを行っています。ヒアルロン酸注射の悩みや心配がございましたら、是非一度ご連絡ください。

まとめ

笑顔の女性

鼻のヒアルロン酸注射は切開することなく気軽に受けられる点が魅力ですが、不自然な形になる・しこりができる・左右に流れてしまうなど失敗するケースもあります。

失敗してしまう原因は、主にヒアルロン酸の量や種類、そして医師の技術力にあります。

手軽で人気の治療ですが、リスクを伴うのも事実です。

鼻のヒアルロン酸注射を成功させるために、クリニック選びを慎重に行い、カウンセリングを大切にしましょう。

永続的で効果の高い仕上がりをご希望なら美容整形もおすすめです。鼻でお悩みのある方は、ぜひ当院へご相談ください。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形