髪をなびかせている女性
2022.8.18

美人顔の黄金比の定義を解説|顔のパーツの黄金比や美人顔になるための方法もご紹介します

美容整形

パーツやバランスの整った顔立ちを「美人顔」と表現します。華やかで目を引く魅力を持った美人顔は、多くの女性の憧れです。

美しい顔には一定の共通点があり、各パーツや顔全体が整って見える黄金比があります。美人顔に近づくためには、目、鼻、口などの形だけでなく黄金比を目指すことも重要です。

この記事では、顔全体や各パーツの黄金比や美人顔になるための方法、美人顔に近づくための主な施術方法などをご紹介します。ぜひご参考になさって下さい。

美人顔の黄金比の定義

こちらに微笑みかける女性

美人だと感じる顔立ちは、バランスの整った黄金比であることがほとんどです。黄金比に近い顔立ちほど第一印象も良く、魅力的に感じられます。

顔立ちに自信が持てない方のなかには、顔全体に対するパーツの位置が原因になっている方も少なくありません。バランスによる印象の違いは、想像以上に大きいものです。

顔全体の黄金比の定義を横幅、縦幅、長さの比率に分けて、それぞれ詳しくご紹介します。ぜひご参考になさってください。

横幅

顔の横幅は、片目の横幅の5倍が黄金比だといわれています。目の横幅は約3cmが理想的な大きさとされているため、顔の横幅は約15cmが美しく見える大きさです。

横幅の黄金比が整っていると、無駄な余白の少ないすっきりとした目元になります。大きくぱっちりとした目力の強い印象になることが多いです。

縦幅

顔の縦幅の黄金比は、髪の生え際から眉まで・眉から鼻の下まで・鼻の下から顎先までの3つに分けたバランスで判断します。

上記のように分割した3つの比率が、1:1:1であることが顔の縦幅の黄金比の定義です。縦幅のバランスが整っていると、目、鼻、唇の配置のバランスも良いと言えます。

このバランスが整っていると、パッと見た印象でも美人顔に見えます。

縦、横、長さの比率

横幅だけや縦幅だけで見た黄金比も重要ですが、縦と横を合わせて考えた全体の黄金比も美人顔の大きなポイントです。

顔の横幅と生え際から顎先までの顔の縦の長さが1:1.46であることが理想とされています。

顔の横幅が理想とされている15cmだった場合、生え際から顎先までの長さの理想は22cmという計算になります。

このバランスが整っていると、面長や丸顔などの顔型による悩みからは遠くなり、美人な印象につながりやすいです。

顔のパーツの黄金比

微笑む女性の口元

顔全体の黄金比だけでなく、各パーツごとにも黄金比があります。目、鼻、唇などのパーツは、ついつい形ばかり気にしてしまいがちです。

理想の美しさを目指すにはもちろん形も大切ですが、バランスが整っているだけで魅力的に見えるケースも多くあります。

各パーツの黄金比を下記にそれぞれご紹介します。ぜひご参考になさって下さい。

鏡で自分の目をチェックする女性

目は、二重まぶた、タレ目、つり目など、形ばかりが気になりやすいパーツです。しかし、形の美しさだけでなくバランスによっても印象が大きく変わってきます。

顔の横幅を5等分した大きさの目が最も美しいといわれています。髪の生え際から目の中心までと、目の中心から唇の中心までの距離が1:1だとバランスも良いです。

瞳をクローズアップすると、白目と黒目のバランスにも実は黄金比率があります。白目と黒目の幅を見たときに、1:2:1が理想的な比率です。

瞳にもこだわりを持つ女性は近年増えており、瞳を大きく綺麗に見せるためカラコンも普及しています。しかし、黒目が大きすぎると違和感が出ることも多いです。

違和感のない魅力的な瞳を目指したい方は、白目と黒目の黄金比を意識してみることがおすすめです。

また、目と目の離れ方にも黄金比があります。目の横幅と眉間の幅が、1:1:1であることが理想的だといわれています。

離れ目・寄り目が気になる方の場合、この比率が黄金比から離れているケースが多いです。黄金比に近づけるには、目尻切開・目頭切開などの美容整形も有効です。

女性の口元

美しい鼻は、鼻そのものの大きさに加えて、顔全体を見たときの鼻の位置も重要です。それぞれに黄金比があるため、ご紹介します。

鼻の大きさは、小鼻の左右を結んだ幅と目の幅が1:1が理想的です。もしくは、鼻の幅が2〜3㎜程度小さいくらいでも美しいとされています。

縦の大きさは、小鼻の左右を結んだ幅の1.5倍程度が理想だと言われています。長すぎると間延びした印象になり、短いと垢抜けない印象を抱きやすいです。

また、唇の大きさと対比したときに、小鼻の左右を結んだ幅と唇の幅が2:3だと上品に見える良いバランスです。

顔全体で見たときには髪の生え際から眉まで、眉から鼻の下まで、鼻の下から顎先までが1:1:1が黄金比だと言われています。

鼻も形や高さが気になりやすいパーツですが、バランスが良ければすっきりと洗練された印象になります。ぜひ黄金比も意識してみましょう。

女性の口元

唇は女性らしさを象徴しやすいパーツのため、色気や清潔感などの印象にも大きく影響します。ぽってりとしたハリのある唇に憧れる女性も多いです。

唇の黄金比は、上唇と下唇の比率が2:3程度だと言われています。下唇にほどよく厚みがあることで、女性らしい色気のある印象を与えやすいです。

横幅は、鼻の横幅に対して3:2が黄金比です。大きすぎず小さすぎないバランスの良い唇は、清潔感もありつつ華やかな印象を与えることができます。

また、鼻の下から唇の中心と唇の中心から顎先までが1:2であると、理想的な唇の位置だと言えます。

鼻の下から唇の中心までは人中と呼ばれる部分で、このバランスが取れていると美人顔に見える効果がとても高いです。

美人顔はパーツの位置とバランスが大切

髪を束ねる女性

美人だと思われる整った顔立ちは、パーツの形だけでなく配置とバランスが大きく関係しています。美しく整っていると感じる配置とバランスを、黄金比と呼びます。

黄金比は、絵画などの美術の分野でも取り入れられており、女優やモデルなどの職業の方にも多く見られるバランスです。

顔にお悩みのある方は、各パーツの形にばかり意識を向けてしまうことが多いです。しかし、黄金比を意識することでコンプレックスを解消できるケースもあります。

メイクで誤魔化す方法も多くありますが、骨格が深く関係しているため、根本的な解決には至りません。

メイクやエクササイズは毎日の手間暇もかかり、効率が悪いのが事実です。美容整形なら素顔の状態でも黄金比を目指せるため、美人顔になりたい方はぜひご検討ください。

美人顔になるための方法

OKサインをする女性

美人顔になるためには、各パーツだけでなく顔全体のバランスを見ることが大切です。黄金比を意識することで、グッと美人顔に近づくことができます。

黄金比の条件を満たした美人顔になる主な方法は、メイクアップ、お顔周りの筋トレ、美容整形の3つです。それぞれご紹介します。

メイクアップ

たくさんのメイク道具

黄金比の整った顔に近づける方法として、さまざまなメイクテクニックが定番化してきています。骨格を変えて見せるためには、陰影のつけ方が重要です。

なかでも「ノーズシャドウ」や「人中短縮メイク」などの方法が代表的です。

ノーズシャドウは、小鼻を小さく、鼻筋を通してみせるなどの効果が期待できます。人中短縮メイクは、鼻と唇の間にあたる人中を短く見せるための方法です。

どちらも適切な位置に陰影をつけることで多少の改善が期待できます。しかし、元々の骨格は変わらないため、さほど大きな変化は期待できません。

また、陰影をつけるために使用するシェーディングやハイライトなどは、濃淡の加減が難しいです。自分で思うよりも濃くついている場合もあり、不自然さにつながります。

毎日しっかりとメイクを行うと肌への負担も大きいです。シワやシミの原因にもなりかねないため、無理せずなるべく控えめにするよう心がけましょう。

お顔まわりの筋トレ

黄金比には、顔の横幅や縦幅も重要です。フェイスラインを引き締めて黄金比に近づける方法として、筋トレやマッサージを行うケースがあります。

フェイスラインのたるみやもたつきは、脂肪、むくみ、加齢などの原因が考えられます。

脂肪や筋肉のたるみが原因であれば筋トレで多少の改善も可能です。また、むくみの場合にも、マッサージによる一時的な改善が望めます。

しかし、あくまでも一時的なものやパッと見ただけではわからない程度の変化で留まることがほとんどです。

それどころか、筋トレによって同じ部位ばかりを動かしてしまうとシワが固定されてしまう可能性があります。

マッサージも摩擦を伴いやすいため、肌への負担が大きいです。シミやシワの元になるため、気をつける必要があります。

また、加齢による皮膚の伸びやたるみにはむしろ逆効果で黄金比に近づく効果も薄いため、あまりおすすめできません。

美容整形

黄金比に近づくための方法として、最も変化を出せるのが美容整形です。各パーツの形だけでなく、顔全体のバランスや骨格を整えることもできます。

美人顔に近づくために重視されるパーツの形や長さ、顔の凹凸、鼻などに変化を与える施術は、とても高い人気があります。

目の横幅、小鼻の大きさ、唇の厚さなども、美容整形で適切な施術を行うことで理想に近づけることが可能です。

毎日のメイク時間の短縮にもつながり、すっぴんでも自信の持てる美人顔を目指せます。

美人顔に近づく主な施術方法

顔に注射を打つ女性

美容整形は、美人顔に近づくための黄金比を整える方法としてとても有効です。

美人顔のバランスにはさまざまな条件があり、適した施術も多岐に渡ります。そのなかでも、ヒアルロン酸注射は人気の高い方法です。

下記にそれぞれの施術方法についてご紹介します。ぜひご参考になさって下さい。

ヒアルロン酸注射

顔に注射を打つ女性

ヒアルロン酸注射は適応部位も多く、メスを使わないため比較的気軽に受けられる美容整形として人気が高いです。

鼻筋を通す、唇をふっくらさせる、頰を高くする、顎先をシャープにするなど、ヒアルロン酸注射でバランスを整える効果が期待できます。

うまく適応することで黄金比に近づけることも可能です。注射のみで完結しダウンタイムも少ないため、美容整形に不安の大きい方におすすめします。

ただし、ヒアルロン酸は3ヶ月〜1年程度で体内に吸収され、効果は永続しません。そのため失敗は少なく、元に戻る安心感がある点が大きなメリットです。

美人顔に見せるにはフェイスラインも大切

嬉しそうに自分の肌を触る女性

美人顔に見せるためには、フェイスラインが引き締まっていることも大切なポイントです。

フェイスラインは、加齢、体型の変化、むくみなどによってたるんでしまうことがあります。フェイスラインのたるみは、野暮ったく老けた印象につながりやすいです。

黄金比には顔の横幅や縦幅も大きく関係するため、フェイスラインがすっきりするとバランスが整うケースが多いです。

ただし、顔の筋トレやマッサージのやりすぎは肌に負担が大きく、シワ・シミの原因になりかねません。セルフケアはほどほどに留めましょう。

フェイスラインをすっきりと見せるには、ヒアルロン酸注射で適切な箇所に高さやハリを出すなどの方法も効果的です。肌への負担を抑えるために、ぜひご検討ください。

美容整形で美人顔になりたいなら専門医に相談

問診をする看護師の女性

黄金比の整った美人顔を目指す場合、美容整形が有効です。しかし、さまざまな施術方法のなかから最適な施術を選択する必要があります。

顔立ちや骨格には個人差がとても大きいため、ご自身だけで最適な方法を判断することは意外と困難です。

美人顔に近づくための美容整形を検討している方は、まずは信頼できるクリニックの専門医にご相談ください。

しっかりと丁寧にカウンセリングを行い、最適な施術をご一緒に検討しましょう。

まとめ

こちらに微笑みかける女性

この記事では、顔全体や各パーツの黄金比、美人顔になるための方法、美人顔に近づくための主な施術方法などをご紹介しました。

美人顔の条件に当てはまるバランスは、目、鼻、唇だけでなく、顔全体を見ることも大切です。

パーツの美しさのみにとらわれず、ご自身のパーツが活かせる黄金比を整えましょう。バランスを改善したい方は、まずはお気軽にグローバルビューティークリニックへご相談ください。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形