目の下のクマの原因 黒クマ 青クマ 茶クマ
2023.2.18

目の下のクマはなぜできる?目の下のクマのタイプや改善方法も詳しくご紹介します

美容整形

目の下のクマは疲れた印象を与えてしまうので改善させたい悩みの一つです。

コンシーラーで隠せないほどのクマは、鏡を見るたび落ち込んでしまいがち。

今回はクマの特徴改善方法、悪化させないための習慣をご紹介します。

美容外科で行うクマ治療についても詳しくご説明します!

目の下のクマのタイプ

クマの種類

目の下のクマには「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」の3種類があり、種類によってクマになる原因や対処法が異なります。

クマの種類を知ることによって正しい対策ができるため、自分のクマはどの種類に当てはまるか確認してみましょう。

それぞれのクマになりやすい方の特徴も紹介しているため、参考にしてみてください。

黒クマ

目の下に段差ができて影のようになっている状態のクマは黒クマです。

加齢によって目のまわりの筋肉が弱まると、目の下の「眼窩脂肪」が前に押し出されて黒クマの正体である膨らみや影ができます。

クマがある方の95%は黒クマの状態といわれるほど、多くの方に見られるクマです。



ファンデーションやコンシーラーを使っても隠しにくいため、コンプレックスを抱えている方が多い印象にあります。

黒クマになりやすい方は目元にたるみがある、目元の保湿を十分に行っていない、肌が疲れているといった方です。

青クマ

青クマは皮膚の下の毛細血管が透けて青く見えることから、青クマといわれています。

遺伝的にもともと皮膚が薄い方もいますが、ほとんどの場合は血行不良によるもので目のまわりの血流が滞り青く見えるのが特徴です。

血流が良くなればクマが消えやすいため、3種類のクマの中では1番改善しやすいクマといえます。

青クマができやすい方は長時間パソコンやスマートフォンの作業をする、冷え性、運動習慣がない方です。

茶クマ

茶クマは目の下が茶色くくすんで見える状態です。

茶色く見える原因は色素沈着で、紫外線によるダメージや目の擦りすぎによってメラニン色素が沈着します。

色素沈着を消すことは容易ではないため、茶クマを解消するには時間を要する可能性があります。

茶クマになりやすい方はクレンジングするときの力が強い、無意識に目を擦ってしまう、アウトドアが好きで紫外線をよく浴びる方です。

目の下のクマの原因

目の下にクマができてしまう原因はもともとの皮膚の薄さや遺伝なども関係しますが、日々の生活習慣や癖が大きく関連します。

原因を知ることによって改善すべきポイントが分かるため、今後クマを悪化させない対策ができます。

どのような生活習慣や癖によってクマができてしまうのか確認していきましょう。

目を擦る癖

目を擦るときの刺激によって色素沈着を生む可能性があります。

またアイメイクを落とす際の強すぎる摩擦も、色素沈着の原因となります。

特に目のまわりは皮膚が薄く、少しの摩擦でも影響を受けやすいため注意が必要です。



目を擦らないようにするには、「目元のメイクはポイントリムーバーで落とす」「メガネをかける」などの工夫が効果的です。

目や肌の擦りすぎは色素沈着を生むだけではなく、肌の老化を促してしまう恐れがあるため気をつけましょう。

生活習慣の乱れ

睡眠や食生活などの生活習慣が乱れると、肌のターンオーバーに影響を与えてメラニン色素が肌に沈着する原因となります。

メラニン色素が剥がれずに肌に蓄積していくと、目の下のクマとなり皮膚に残り続けてしまいます。



十分な睡眠と、鉄分・タンパク質・ミネラルの摂取を意識した食事を心がけることが大切です。

不規則な生活はクマの原因になるだけではなく、肌全体に疲れた印象を与えてしまうため規則正しい生活を心がけましょう。

目の下のたるみ

目の下のたるみは、筋力の低下と肌の弾力が失われることで起こります。

目のまわりの筋力が低下すると、眼球を支えている眼窩脂肪が下がり膨らみとして目立つようになります。

また加齢や紫外線の影響でコラーゲンがダメージを受けると、ハリが失われて目の下がくぼんでいるように見えてしまうのです。

目の下のたるみはさまざまな原因によって起こり得るため、紫外線対策などをしてダメージを与えないように意識しましょう。

加齢

クマはエイジングサインのひとつといわれるほど、加齢が影響しています。

加齢が進むにつれてコラーゲンが減少し、くぼみがあるクマとなります。

また加齢とともに目のまわりを囲んでいる「眼輪筋」が衰えることも原因のひとつです。

眼輪筋が衰えると目のまわりの脂肪が支えきれずに目の下がたるんでしまいます。


【眼輪筋を鍛えるトレーニング】
・眼球を八の字に動かす
・意識的にまばたきする


などが効果があるとされています。

生まれつき涙袋が大きい方は特に眼窩脂肪が多く、年齢を重ねると膨らんだクマになりやすいため注意が必要です。

目の下のクマのタイプの見分け方

目を触る人

目尻を優しく横に引っ張った際の色の変化で、青クマか茶クマかを見分けられます。

目尻を引っ張ったときに色が薄くなれば青クマ、色が変わらなかったら茶クマの可能性が高いです。



黒クマは、上を見上げたときのクマの状態で見分けられます。

鏡を顔の正面に置いて上を見上げ、クマがなくなったり薄くなったりする場合は黒クマの可能性が高いです。

クマがある人の中には2種類のクマを併発している可能性もあるため、判断が難しい場合があります。

自分で判断ができない場合は、美容クリニックなどで相談すると医師に見てもらえます。

目の下のクマはセルフケアで改善する?

うっすらと見えるくらいのクマであれば、日常生活や癖の見直しによって改善が期待できます。

特に青クマと茶クマは生活習慣や癖が原因となっている場合が多いため、日々の行動を変えていくことが重要です。

目の下のたるみが原因でできてしまった黒クマなどは、セルフケアでは完全にクマがない状態まで回復するのは難しい可能性がありますが、改善が難しい場合でも諦める必要はありません。



美容クリニックの力を借りることで改善できる可能性があるため、ぜひ検討してみてください。

グローバルビューティークリニックでは医師による無料相談を行っております。

目の下のクマを改善するケア方法

目の下のクマを改善するケアは、いつものスキンケアや生活習慣の延長でできます。

クマを改善すると同時に体調が整えられるため、リラックスしながら実践してみてください。

化粧水や美容液を使用する

化粧水や美容液を使って肌を整え、保湿をしましょう。

肌の土台を安定させることで肌のターンオーバーが整い、不要なメラニンが剥がれやすくなります。



またコラーゲンも生成されやすくなるため、たるみやシワを予防し肌に弾力をもたらしてくれる効果があります。

特におすすめの化粧品はビタミンCが配合された美白化粧品です。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える働きをします。



すでに色素沈着している部分に美白成分を入れることで、色素沈着が薄まる効果が期待できるため試してみてください。

いつものスキンケアに加えて、アイクリームを使用するのもおすすめです。

アイクリームを使用することで目の下のハリを持続させてくれます。

生活習慣を見直す

睡眠やデジタルデバイスの視聴時間などを見直すことで、クマの改善に効果があります。

十分な睡眠時間を確保することで肌のターンオーバーが正常になり、メラニン色素が剥がれやすくなるのです。



またパソコンやスマートフォンなどのデジタルデバイスを使う際は、こまめに休憩を挟むことで目の筋肉が固まることを防ぎます。

目を酷使しすぎると目のまわりの血流が悪くなりクマの悪化につながるため、疲れを感じたら目を休ませるようにしましょう。

マッサージやツボ押し

マッサージやツボ押しは目のまわりの筋肉をほぐして、血行を促進させる効果があります。

【特に血行を促す効果があるツボ】
・晴明(せいめい):目頭のくぼみにあるツボ
・承泣(しょうきゅう):瞳孔の真下にあるツボ
・瞳子りょう(どうしりょう):目尻から5〜7㎜ほど外側にあるツボ


それぞれのツボを5秒ずつ軽く押して、指先で優しくなぞるようにマッサージすると滞った血液が流れやすくなります。

目のまわりを蒸しタオルで温めるのも血行が促進され、リラックス効果が得られるため試してみてください。

目の下のクマの治療方法

クマの種類によって適した治療法が異なるため、まずはクマの状態を確認してから治療方法を決めます。

目の下のたるみが原因でクマになっている場合は、『目の下の切らないたるみ取り』が効果的です。

たるみ取りと聞くと切開するのではないかと不安になる方もいるかもしれませんが、切らないたるみ取りという方法があります。



まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去することで、切開せずにたるみを取れるのです。

目の下にくぼみが見られる場合はナノCRF注入術という施術で、細かく濃縮した自身の脂肪を目の下に注入してふっくらさせます。



ほかにもさまざまな方法があり、クマの状態に合わせて2つの施術を併用して行うことも可能です。

目の下のクマをクリニックで改善するなら

セルフケアで改善しないようであれば、クリニックでの施術を視野に入れて検討してみてください。

クマは肌の内側に原因がある場合がほとんどで、肌表面のケアだけでは改善が難しい可能性もあります。

また2種類のクマを併発している場合は、さらにセルフケアでの改善が難しくなります。



素早く・綺麗にクマを治したい方は、美容クリニックの医師にご相談ください。

当院では経験豊富な医師が無料カウンセリングを行っております。

まとめ

目の下のクマには「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」と3種類のタイプがあります。

タイプごとに特徴や原因が異なり、ほとんどのクマは生活習慣・癖・加齢によって現れます。

目の下のクマはセルフケアによってある程度の改善が見込めるため、意識しながら日常生活を送ることが大切です。



セルフケアによる改善が難しい場合は、美容クリニックでの治療で素早く悩みを解消できます。

美容クリニックでの治療は目の下のたるみ取り・脂肪注入など、施術方法が豊富にあります。



医師がお客様に合う治療方法を提案し十分な説明をしてから施術をするため、安心して治療を受けられます。

クマがなくなることで目元が明るくなり、はつらつとした印象を与えられるはずです。

お疲れ顔から卒業し、自信が持てる目元を手に入れましょう。

Related
関連する施術
目の下の切らないたるみ取りイメージ
忙しいアナタでも大丈夫!
スッキリ若々しい目を取り戻そう!

目の下の余分な脂肪を除去する施術です。施術の傷跡はまぶたの裏側なので、お顔表面に傷が残りません。 1時間程度の短時間で終わるため、忙しい会社員や主婦の方にも人気です。下まぶたの膨らみには「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という余分な脂肪が溜まっています。この余分な脂肪を取り除くことで、下まぶたのたるみを解

マイクロCRFイメージ
半永久的に効果が持続!
注入当日から効果を実感できます!

患者様ご自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。ヒアルロン酸注入は効果の持続性が限定的ですが、こちらは効果が半永久的です。最強のエイジングケア法ともいわれています。患者様自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。注入当日から効果を実感できるため、早くから効果を得たいという方におすす

ナノCRFイメージ
従来の脂肪注入より
なめらかな仕上がりへ

コンデスリッチフェイスと同じく、患者様ご自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。取り出した脂肪は不要物を取り除き濃縮しますが、シルキーファット(ナノCRF)はさらに不純物を取り除き抽出した洗練された滑らかな脂肪細胞を使用します。不純物が少ないため定着率が高く、しこりを減らし、肌の活性効果を

切開ハムラ法イメージ
小さくても「邪魔」な目の下の皮膚、
スッキリさせてみませんか?

目の下の膨らんでいる部分の脂肪をくぼんだ部分へ移し、美しく整える治療です。眼の下の膨らみとくぼみのバランスが整い、若々しく張りのある目元を取り戻すことができます。下まぶたの膨らみには「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という余分な脂肪が溜まっており、これがたるみの原因となっています。ハムラ法では、下まつげの

ビタールイメージ
エイジングケアや魅力的なパーツの形成に

ヒアルロン酸はもともと人体の真皮層に存在する成分で、保水力が高く、肌のハリや弾力性を保つのに役立っています。加齢によりヒアルロン酸が減少すると、肌の保水力が低下し、ハリが失われてシワやたたるみなどができる原因となります。ヒアルロン酸を注入することで、皮膚を内側から持ち上げて膨らみを持たせ、シワやたる

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
杉崎理事長の著書
Category 03
鼻の整形
Category 04
目の整形
Category 05
美容整形
Category 06
美容皮膚科