女性の目元アップ
2022.8.15

蒙古ひだが二重ラインに与える影響を解説|蒙古ひだをなくして二重をつくる施術方法や施術の注意点もご紹介

美容整形

目頭部分の皮膚が白目に襞(ひだ)のように覆いかぶさっている状態を「蒙古襞(もうこひだ)」と呼び、日本人のおよそ8割にみられます。

この特徴は東アジアや東南アジアを中心にした蒙古人(モンゴロイド)特有のもので、欧米人にはほとんど見られません。

太古の頃より寒さから目を守るために発達したなどの説もありますが、目頭部分のピンク色の結膜が覆われるため目が小さく二重幅も狭くなるのが特徴です。

今回は蒙古ひだについて、その有無における印象の違いや見た目のマイナスイメージ、そしてなくしたい場合の施術費用など詳しく解説していきます。

蒙古ひだの有無で印象が変わる?

目元だけ明るい女性の顔

蒙古ひだがあると目頭の部分が丸く二重幅も狭くなるため、いわゆる「つぶらな瞳」になり幼い印象になりがちです。

たとえ他者から見て魅力的であっても、ご自身が大きくぱっちりとした目に憧れをもっている場合は深い悩みにつながります。

蒙古ひだが無いと二重幅は広くなり、大きな目になり目力も強めで、クールで大人っぽい印象を与えます。

このように蒙古ひだの有無によって目元は正反対の印象をもちますが、個々の好みはあるといえそれぞれに良さはあるものです。

ただし一般的に蒙古ひだがあることでどのような悩みにつながりやすいか、下記に代表的なものをご紹介します。

目が小さく見える

まぶたが二重でも蒙古ひだにより目頭に皮膚がかぶさって丸くなっている場合は、横幅が狭まった印象を与えるため目が小さく見えてしまいます。

また蒙古ひだがあり、さらにまぶたの脂肪が多く皮膚が厚くなっていると、目の開きも悪く眠たそうなぼんやりした印象を与えがちです。

目つきがきつく見える

手鏡を見る女性

蒙古ひだがあると目頭部分の二重のラインは完全に隠れてしまうため目が小さく見えます。

目の小さい方はまぶたがあまり開いていない状態に見えるため表情が乏しい印象になりやすく目つきがきつい感じを与えてしまいます。

左右の目が離れて見える

目頭に皮膚が覆いかぶさっていることで目元が丸くなっていると横幅が狭まり、目が小さく見えるだけでなく目が離れている印象を与えます。

これは蒙古ひだが張りすぎているために、目と目の間のバランスが悪くなって起こる事象の一つです。

蒙古ひだが二重ラインに与える影響

指のすき間から覗く目

蒙古ひだは目頭の部分に覆いかぶさっているため二重のラインが隠れてしまい、二重の幅も狭くなってしまいます。

また、二重であっても蒙古ひだがありまぶたが厚い場合は一見すると一重に見える奥二重の方が多く見受けられます。

欧米人の目がぱっちり、くっきりとして、目頭から目尻まで二重の幅が平行かつ広いのはこの蒙古ひだが無いためです。

蒙古ひだがある場合の二重の見え方

目元を気にする女性

日本人の約70%が一重まぶたであるといわれ、残り30%の二重まぶたの方でも蒙古ひだの有無により見た目の大きさや印象は異なってきます。

二重のタイプにも大きく分けて平行型と末広型があり、蒙古ひだがある二重の方の場合はその大部分が末広型です。

平行型

二重のラインの始点が目頭から離れている状態で二重の幅も大きく、欧米人などにみられる形状の瞳です。

目はくっきりと大きく、目力も強くてシャープで華やかな印象を与えます。まぶたの皮膚が比較的薄い方が多いのも特徴です。

末広型

目頭部の二重のラインが蒙古ひだに隠れており、目尻に向かって幅が広がっているのが末広型で二重幅は狭くてまぶたの皮膚も厚めなのが特徴です。

いわゆる奥二重もこの末広型と同様に二重のラインが隠れていて、ナチュラルで優しい雰囲気になりますが、幼く見えてしまう点もあります。

蒙古ひだをなくして二重をつくる施術方法

医療器具

インターネットなどではマッサージをして蒙古ひだをなくして二重を作る方法が紹介されていますが、効果としてはあくまで目元をすっきりさせるだけに過ぎません。

一番確実なのは外科的手術などで蒙古ひだを取り除くことですが、ご自身の顔立ちやなりたい目元のイメージにより適した施術法は異なります。

下記に蒙古ひだをなくして二重を作る施術について代表的な方法をご紹介します。

目頭切開

目頭部に覆いかぶさっている皮膚にメスを入れ隠れていた部分を広げることで、目元をぱっちりさせる施術が目頭切開です。

蒙古ひだを切開することで目の横幅や二重幅を広げるため、元の状態に戻りにくいという大きなメリットがあります。

しかも二重の幅が大きく変わり目力もUPし、欧米人のような印象的な目元になれるため人気の施術法です。

手術自体は30分程度のものですが、切開や抜糸に伴う痛みや腫れなどダウンタイムも長く、傷跡が残るなど施術後のリスクはないといえません。

また、まぶたが一重の場合は二重切開法と組み合わせると、平行型の二重を作りやすくなります。

蒙古ひだをなくす施術の費用相場

美容施術後の女性

目頭切開や埋没法といっても、その中でまぶたの状態により適用される施術法は若干異なってくるためかかる費用にも差が出てきます。

蒙古ひだをなくして望んだイメージの目になるために手術をした場合、どの程度の費用がかかるのか下記に目安をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

【施術費用の目安】

・目頭切開…Z法(ポピュラーな施術法):20万~30万円程度
      W法(Z法に続くスタンダードな施術法):25万~35万円程度
・埋没法…2点留め:5万円~
     4点留め:10万円~
     6点留め:15万円~
・二重切開法…目頭切開と併用:15万~30万円程度

GBC独自の韓流目頭切開

目頭から下まつ毛の際に沿ってメスを入れ、内側の三角の部分を切除します。

その後、切開した部分の周辺を剥離し、切開した涙丘を露出するようにして縫合していきます。この際、皮膚の余剰が発生しないよう丁寧に切開した部分を縫合します。

まつ毛の際の下まぶたの皮膚は治りが良い部分なので傷跡はほぼ分からなくなります。

蒙古ひだに関わる施術の注意点

目をつむっている女性

蒙古ひだを外科的施術により改善する際に一番気をつけなければならない点は、ご自身のお顔全体のバランスを崩さない仕上がりにしてもらうことです。

もちろんわずか数mmの切開や数ヶ所縫い留めるだけであったとしても、まぶたに人為的な負担がかかるため腫れも生じ、傷跡が残るなどリスクもゼロではありません。

そして目をぱっちり大きくさせたいと希望し、蒙古ひだを大きく切開しても必ずしもきれいな目元に仕上がるとはいいきれません。

切開のし過ぎは目のラインが不自然になったり左右非対称になったりしやすく、目と目の間のバランスも崩れるケースが多くなります。

施術後に腫れが出る場合がある

目頭切開は、まぶたに外科的施術を施すため施術後に腫れが出る場合があります。

とくに目頭切開はメスで蒙古ひだを開いて二重の形成をするため、ダウンタイムには2週間~1ヶ月程度をみなければなりません。

また糸でまぶたを留めて二重を作る埋没法でも、腫れが目立たなくなるまでには1週間程度要します。

目頭切開は傷跡が残るケースがあります。

腫れや傷跡を残さないためにもダウンタイム中は炎症を抑える薬の服用や、施術部をこすって刺激を与えないようにきちんとケアしましょう。

蒙古ひだを残した方が良い場合もある

目と目の間・目の幅のバランスにおいては1:1:1の配置が一般的に美しいと感じられる黄金比率です。

蒙古ひだがあると目と目の間が離れて見える場合が多いため、目頭切開などにより調節を行うことでバランスを整えることができます。

ただし、切り過ぎると目のラインに不自然さや寄り目になるなど違和感が出たりするため、お客様個々のバランスを見て蒙古ひだを一部残した方が適切なケースもあります。

顔全体のバランスを考えてデザインしてくれるクリニックを選ぶ

クリニックでカウンセリングを受ける女性

「蒙古ひだをなくしたい」「ぱっちり大きな目になりたい」といっても、ご自身の曖昧な希望やイメージだけでは理想の目元は得られません。

せっかく手術を行っても、本来のご自身の顔立ちやバランスにあわせた仕上がりでないと不自然さや違和感が残ってしまいます。

施術後に後悔しないためにカウンセリングを十分に行うことが肝心ですが、その際ご自身の希望だけでなく向き不向きもきちんと伝えてくれる良いクリニックを選択しましょう。

蒙古ひだをなくして二重にしたいと思っているなら一度相談を

人差し指を立てる女性医師

蒙古ひだがあることで身体に何らかのダメージが与えられることはありません。

むしろ他者からするとその方の目元の印象がチャーミングな魅力として映る場合がほとんどです。

ご自身が蒙古ひだのある目元がコンプレックスで、ぱっちり大きな目になりたい希望があれば、施術を受け、理想の目元になることは素晴らしいことです。

ただ、いずれの方法をとるにしても、目元は数mm単位で行うデリケートな施術のため、まずはクリニック選びが重要になってきます。

そのうえで技術の高い医師と十分にカウンセリングを重ね、ご自身の希望にあった目元のイメージと仕上がりについてとことんすり合わせをしましょう。

人気の高いクリニックは症例も豊富で、症例写真などで仕上がりや起こりやすいトラブルなど確認でき、よりイメージがしやすくなります。

またご自身のまぶたの状態や顔全体のバランスから無理なく最適な施術法を選択してもらえるため、より希望に近い目元に近づくことができます。

美しい目を得るための近道は事前にクリニックを十分リサーチし、そのうえで医師と納得できるまで話し合うことが何よりのポイントです。

まとめ

上を向く女性

蒙古ひだがあると目元が丸くなるため年齢より若く見えたり、皮膚が引っ張られることにより目元がたるみにくくなるというメリットもあります。

とはいえ、ご自身にコンプレックスがあって、大きく華やかな目元に変身したいという望みがあれば何とかして叶えたくなるのは当然のことです。

目頭切開で蒙古ひだを改善させる方法はポピュラーかつ手軽なものになってきてはいますが、腫れや傷跡などの副作用がないとはいえません。

また、ご自身のまぶたの状態やお顔全体のバランスなどから必ずしも希望の仕上がりにならないケースもあります。

ご自身の望む魅力的な目元に少しでも近づくためには、事前に口コミを参考にしたりクリニックの無料カウンセリングを受けたりと十分なリサーチをすることが肝心です。

まずは症例豊富で高い技術をもつ医師のカウンセリングを受け、不安な点はすべてクリアにさせてから美しい目元に変身しましょう。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形