スキンケアをする女性
2022.8.13

糸リフトの効果は半永久なのか解説|糸リフトのメリットや費用相場もご紹介します

美容整形

たるみ改善や小顔効果が期待できる糸リフトは、幅広い世代から注目されている美容施術です。

なぜ糸リフトが人気なのか、それは手軽さ費用対効果の高さなどメリットが多いことがあげられます。

一方で、糸リフトには効果の持続期間が限られているという短所もあります。

だからこそ、これから糸リフトをしてみたいという人にとっては、効果がどれくらい持続するのか気になるところでしょう。

今回は、糸リフトのメリット費用相場を交えながら、効果の持続期間について解説いたします。

糸リフトの特徴

座ってこちらを見つめる女性

糸リフトは、その名のとおり医療用の糸を使用してリフトアップする施術です。

糸リフト以外にもリフトアップを目的とした施術には、ハイフイントラジェン切開フェイスリフトなどがあります。

超音波や高周波を使用したハイフなどの施術は、手軽でダウンタイムがない点が魅力ですが、効果に個人差があります。

また、切開フェイスリフトは確実な変化を期待できる反面、皮膚を切開するためダウンタイムが長く費用も高額になりやすいです。

一方、糸リフトはダウンタイムが短く負担の少ない手術でありながら、しっかりたるみを引き上げることができます。

つまり糸リフトは、ハイフやフェイスリフトなどさまざまなリフトアップ施術の長所を兼ね備えた施術ともいえるのです。

そんな糸リフトの特徴をさらに詳しく解説いたします。

主に顔の治療に用いられる

糸リフトは、主に顔の治療に用いられる施術です。

顎下のたるみを改善するために顎下に使用することもあります。基本的には顔のたるみ改善顔の輪郭を整えるために行います。

糸リフトは、顔の皮下組織に糸を挿入したるみを持ち上げるため、挿入箇所や力加減によって仕上がりをデザインすることができます。

たるみが気になる部分にピンポイントでアプローチできる点も糸リフトの特徴です。

ボディラインを整えたい場合は、範囲が広いため脂肪吸引・クールスカルプティング・脂肪溶解注射などがおすすめです。

糸リフトは2種類ある

糸リフトは、溶ける糸溶けない糸の2種類あります。

安全性仕上がり施術後の生活などの観点から、溶ける糸を使用した糸リフトが一般的です。

溶けない糸は、体内に糸が残り続けるため引き上げ力が高く、溶ける糸よりも効果が長続きします。

しかし、感染やアレルギーリスクが高い失敗した場合取り出す必要があるほかの美容施術が受けられないなどのデメリットもあります。

持続効果だけでみれば溶けない糸が優れているように思えるかもしれません。

しかし、安全性や仕上がりの美しさなど、長い目で見ると糸が体内で吸収されるメリットは大きいといえます。

糸リフトの効果は半永久?

肌の状態を確かめる女性

残念ながら糸リフトは半永久的な効果が得られる施術ではありません

通常、溶ける糸は半年〜2年ほどの期間をかけて体内に吸収されていきます。糸がなくなれば、当然リフトアップの効果は衰えてきます。

また、糸リフトはたるみを改善しますが、老化を止めるわけではありません

糸リフト後も、加齢とともにたるみやシワなどの老化は進むため、一生糸リフトの効果が続くわけではないのです。

しかし、効果が半永久的ではないとしても、糸リフトを行うことによって肌はたるみにくくなります。

糸リフトを定期的に行った人と全く糸リフトをしてこなかった人では、将来のたるみ具合は大きく違うでしょう。

糸でたるみを引き上げ支えてきた分たるみ予防にもなりますし、老化のスピードは遅くなります。

半永久的な効果ではなくても若さを保ち老化を遅らせるという意味では、糸リフトを行う価値は大きいといえます。

糸リフトのメリット

鏡を見ながらフェイシャルエステをする女性

これまでお伝えしてきたように糸リフトには、老化を遅らせ若々しい印象を保つメリットがあります。

しかし、糸リフトのメリットはそれだけではありません。

なぜ糸リフトが人気なのか、さまざまなメリットから人気の理由を解説いたします。

効果をすぐに感じられる

糸リフトのメリットのひとつは、効果をすぐに感じられるという点です。

切らないたるみ治療としてハイフなども人気ですが、効果のピークは術後1か月~3か月程でじわじわと効果が表れます。

そのため、施術してすぐに効果を感じられるかどうかは個人差があり、いまいち変化を感じられないという人も少なくありません。

糸リフトは、糸を使用して物理的にたるみを引き上げるため、術後すぐに変化を感じることができます。

効果をすぐに実感したい方は、ハイフよりも糸リフトのほうが満足できるはずです。

お肌の若返り効果がある

肌つやの良い女性

糸リフトで使用する糸は、体内に挿入されることでコラーゲンを生成します。

コグと呼ばれるトゲの刺激によりコラーゲンやエラスチンの生成が促進されることで、肌のハリツヤが高まりお肌の若返り効果が期待できます。

たるみ改善と同時にお肌の若返り効果で、より若々しい印象の変化を実感できるのも糸リフトのメリットです。

ダウンタイムが短い

糸リフトが多くの方に選ばれているのは、ダウンタイムが短いことも大きく影響しています。

術後は腫れや赤みが発生することが多いですが、一般的に術後2~3日で腫れの大半は治まります。

また、お顔の見える部分に傷は残りません。糸の挿入は目立たない箇所から行うため、傷口から施術がバレてしまうということもないでしょう。

人によっては術後1週間〜1か月は、口が開けづらい、肌がつっぱるような感覚がある場合もありますが、術後2〜3日で普段通りの生活が送れます。

なかには施術翌日からお仕事に行かれる方もいます。まとまったお休みが取りづらい方が施術しやすい点も糸リフトが人気の理由の1つです。

料金が比較的安い

施術費用が比較的安い点も糸リフトのメリットです。

クリニックによって異なりますが、糸リフトの費用はフェイスリフトの半額以下です。

また、糸リフトは使用する糸の本数で料金が変わります。

たるみの状態に合わせて必要な本数を使用することがベストですが、予算に合わせて施術できる点も糸リフトのメリットです。

糸リフトの治療はこんな方におすすめ

スキンケアをする女性

糸リフトは、たるみが気になる方におすすめの治療ですが、全ての方に適しているとは限りません。

ひとりひとりライフスタイルは異なりますし、求めている変化も違います。

どのような人が糸リフトの治療に適しているのか理解したうえで、自分に合った施術方法を検討してみましょう。

マリオネットラインを綺麗にしたい

糸リフトはたるみ改善に適した治療ですが、特にマリオネットラインが気になる方におすすめの治療です。

マリオネットラインの原因となる口横のたるみは、加齢による脂肪の下垂によって発生します。

また、口横の皮膚はよく動かす部分でもあるため、たるみやシワが発生しやすい部分です。

マリオネットラインを改善するには、根本的な原因にアプローチすることが大切です。

糸リフトでは、気になる口横のたるみをピンポイントで引き上げることができるため、マリオネットラインを綺麗にしたい方に適しています。

身体への負担が少ない治療をしたい

ベッドルームで寝る女性

糸リフトは、針で糸を体内に挿入しますが、皮膚を切除したりする施術ではありません。

そのため、身体への負担が少なくダウンタイムも短いです。また、抜糸の必要もないため、術後通院する必要もありません。

人によっては、糸が馴染むまでつっぱり感や痛みを感じる場合がありますが、比較的痛みの少ない施術です。

痛みやダウンタイムが心配な方、身体への負担が少ない治療をしたい方にも糸リフトは向いています。

定期的にメンテナンスを行いたい

これまでにもお伝えしたように糸リフトは半永久的な効果がある施術ではありません。

そのため、1〜2年おきの施術が理想です。定期的な治療が必要という点は糸リフトのデメリットにも見えるかもしれません。

しかし、見方を変えればそのときの状態に合わせて最善のたるみ治療ができるともいえます。

加齢と共にたるみは生じるため、どんな治療でも効果を一生保つことは難しいです。

だからこそ綺麗な状態を持続するには、たるみの状態に合わせて定期的に治療をする必要があります。

年齢と共に表れる変化に合わせて定期的にメンテナンスをしたいという方にも糸リフトはおすすめです。

糸リフトの整形治療の費用相場

豚の貯金箱と電卓

糸リフトの費用相場は約20〜40万円です。

ただし、糸リフトは使用する糸の種類本数によっても金額が大きく変動します。また、クリニックによっても価格設定は異なります。

費用の幅が大きい施術でもあるため、治療する際は費用の面でも比較検討しましょう。

糸リフトを用いた治療の注意点

考えている女性

たくさんのメリットがある糸リフトですが、治療には注意点もあります。

施術後に後悔しないためにも事前にチェックして、治療のリスクについても理解しておきましょう。

効果を実感できない場合がある

変化をすぐに実感できる糸リフトですが、効果を実感できない場合もあります。

原因はさまざまですが、本数が少ないことが主な原因です。

1本の糸で引き上げられるたるみには限度がありますし、たるみの進行度によって糸の本数が必要です。

たるみの度合いに対して糸が不足していると、たるみを引き上げる力も足りないため、理想の変化が得られません。

効果を実感するには、経験豊富な医師に施術してもらうと同時に、症状に応じた必要数の糸を挿入する必要があります。

糸を何本挿入するかは予算によっても変わりますが、効果を実感するためにも必要な本数を医師に相談したうえで検討しましょう。

肌のひきつれが起こることがある

肌に悩みを抱える女性

糸リフトのリスクとして、肌のひきつれがあげられます。

過度な力で引き上げたり、糸が皮下組織にしっかり挿入されていなかったりすると、肌のひきつれが生じやすいです。

こうしたリスクを回避するには、たるみの状態や挿入部分に適した種類の糸を使用することです。

また、医師の技術によっても仕上がりが左右されます。やはり経験豊富な医師を選ぶことも大切です。

糸リフトの治療を検討している方は専門医に相談を

診察する男性医師

糸リフトは手軽なイメージがあるかもしれませんが、決して簡単な施術ではありません。

医師の技術やセンスによって仕上がりが左右されるため、誰が施術しても同じ効果が期待できるわけではないのです。

また、効果が半永久的ではないからこそ、効果が短期間で終わらないようにその人に合ったアプローチも重要になってきます。

適切な処置ができていれば、糸が体内に吸収されてもたるみの少ない状態をキープすることができ、将来のたるみ予防にもなります。

当院には、糸リフトの技術はもちろん、アンチエイジングの知識に長けた医師が在籍中です。

糸リフトの治療を検討している方は、ぜひ当院にご相談ください。

まとめ

笑顔の女性

お金をかけて施術するからには、半永久的な効果を望むのは当然の心理です。

しかし、半永久的な効果がなくても糸リフトにはたくさんのメリットがあります。

若返りはもちろん、今の美しさを保ちたい老けにくい土台をつくりたい・輪郭を整えたいという方にも糸リフトはメリットがある治療です。

糸リフトは、たるみを改善すると同時にたるみ予防ができます。

たるみが気になる方、今後のたるみが心配な方は糸リフトを視野に入れてみることをおすすめします。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形