脂肪溶解注射を鼻に施す
2023.3.24

脂肪溶解注射を鼻に施すメリットとデメリットを解説!注入する部位や注意点もご紹介します

フェイスラインの脂肪、二重あご、二の腕の脂肪、お腹の脂肪…

このようにフェイスやボディのダイエットに用いられる脂肪溶解注射は実は鼻整形にも使われる場合があります。

今回は脂肪溶解注射を鼻に施す場合のメリットやデメリット、施術方法について詳しく解説していきます。

脂肪溶解注射の特徴

脂肪溶解注射とは脂肪を溶かす注射のこと。

脂肪を溶かす効果のある成分を目的の部位に注入することで脂肪を減らします

主に顔痩せを目的に使用される製剤ですが、鼻整形に使用されることもあるんです。



脂肪溶解注射は比較的早く効果が見られます。

およそ2~3日で変化が現れはじめ、1週間後には効果が実感できるようになります。



「簡単に変化があらわれるなんて大丈夫なの?」

と心配に思う方もいるかもしれません。


ここでは脂肪溶解注射で注入する成分についてご紹介します。

また、注射することで起こり得る副作用や安全性についても解説します。

植物由来の成分

【GBCの脂肪溶解注射】
・脂肪溶解注射 BNLSファットバーン
・脂肪溶解注射 アルフォコリン


どちらも主に植物から抽出した成分で作られた製剤です。

脂肪溶解注射は脂肪を溶かす他にも、体内に溜まっている老廃物を排出する効果があります。

そのため、むくみ解消などのデトックス効果も期待されています。

通常のダイエットとココが違う!

脂肪細胞を小さくすることで体積を減らす、これが通常のダイエットですよね。

しかし、脂肪溶解注射は脂肪細胞の数を減らすことができるのです。

そもそもの脂肪細胞を溶かし、流してしまうことでリバウンドの起こりにくいダイエットが可能になりました。

ダウンタイムが不要

脂肪溶解注射はダウンタイムがほとんどありません

注射後に痛みや赤み、内出血が起こることもまれにありますが、多くの場合半日~2日ほどで回復します。

レーザーやメスを使った施術はほとんどの場合でダウンタイムが生じます。

さらに回復まで1週間以上かかる場合も。

それに比較して脂肪溶解注射はダメージを抑えつつ治療することができます。

脂肪溶解注射の注入する鼻の部位

脂肪溶解注射の注入する鼻の部位

脂肪溶解注射の安全性について理解していただけましたか?

ここからは脂肪溶解注射を鼻に注入する場合の部位についてお話します。

【脂肪溶解注射を打つ部位】
・鼻尖
・鼻筋
・鼻翼

鼻尖

鼻尖とは鼻先の最も高い部分です。

だんご鼻の方や鼻が低い方は、鼻尖が丸い傾向にあります。


一方で、欧米人や西洋人は鼻尖が軽くとがっており、鼻筋が通っています。

彫の深いハッキリとした顔になりたい方は鼻尖を尖らせると良いでしょう。

【鼻尖が細く尖っていると】
・鼻が高く見える
・大人びた顔だちになる
・シャープな印象になる


鼻尖が尖っているだけでこのような印象になります。

ハッキリとした顔だちにしたい方には、鼻尖部の脂肪溶解を行うことがあります。

鼻尖に脂肪溶解注射を打つことで、丸みを帯びた鼻先が尖って見えるようになるのです。

鼻筋

脂肪溶解注射を鼻筋に施すこともあります。

鼻筋とは鼻背(びはい)とも呼ばれる部分で、鼻の印象を大きく左右します。


日本人を含めたアジア人は、欧米人に比べると顔の彫が深くありません。

鼻筋や鼻全体が太く、ぼてっとした印象を与えてしまいがち。



鼻筋が太いことで悩んでいる方は、鼻筋に脂肪溶解注射を打ちます。

そうすると鼻筋がシュッと細くなり顔全体が立体的に見えるように。


鼻筋の横幅が狭まるだけで鼻筋が通ったように見えるので、影ができやすくなります。

切らずに鼻筋を整え、鼻を高く見せることも可能なんです。

鼻翼(小鼻)両側

脂肪溶解注射を施す部位として鼻翼(びよく)も挙げられます。

鼻翼は鼻尖の両サイドの丸く膨らんでいる部分のこと。

一般的に小鼻とも呼ばれています。


小鼻が横に広がっていると、鼻が低く見えたり団子鼻に見えてしまいます。

そのため、小鼻のふくらみを解消するために脂肪溶解注射を施します。


鼻翼が狭くなることで、鼻全体が小さくかわいらしい印象に変化しますよ。

また、鼻翼が小さくなることで横幅が狭まります。

縦への印象が強くなるので、鼻が通り全体的に高く見えるようになります。

脂肪溶解注射のメリット

ご紹介したように、脂肪溶解注射は鼻筋や小鼻、鼻先などさまざまな部分に施すことができます。

脂肪溶解注射を鼻に打つメリットを順番に見ていきましょう。

傷跡が残らない

脂肪溶解注射は切開を伴いません。

そのため、傷跡が残らないというメリットがあります。


施術直後は注射針の跡が見えますが、次第に気にならなくなります。

ダウンタイムは予防接種や採血とほとんど同じです。

傷によるダウンタイムの影響はありません。

施術後の見た目を気にしなくて済むので気軽に受けられますね。

脂肪溶解注射による施術時間

脂肪溶解注射の施術時間は15分程度

部位を確認しながら注射していきます。

カウンセリングや事前検査、メイクオフの時間も考慮すると、所要時間は1時間~3時間となります。


メイクをして来院された場合は施術前にメイクを落としていただきます。

クリニック内にパウダールームがあるのでご安心ください。


当日は体調をしっかりと整えて、施術前後の時間に余裕をもってご来院ください。

顔に脂肪溶解注射を注入する場合の費用

脂肪溶解注射の費用相場は1ccあたり数千円~1万円ほどです。

注入する部位、量、製剤の種類によって金額が前後します。


また、脂肪溶解注射は状況によって少量を複数回に分けて行うことも。

施術回数が増えると診療費も上がるので、あらかじめクリニックに確認しておきましょう。

施術費用の他にかかる費用も一緒に確認しておくことをおすすめします。

脂肪溶解注射を鼻に注入する際の注意点

脂肪溶解注射はメスを使わないので、ダウンタイムが少なく済むのが特徴です。

しかし、施術後の鼻はとてもデリケートになっているためダメージを受けやすいです。

【注意点】
・飲酒や運動は3~4日避ける
・入浴を控える
・鼻周りのメイクは翌日以降
・大豆アレルギーだと施術不可


このような注意点があります。

注意点をしっかり守っていただき、安全に術後生活をお過ごしください。

患部を刺激しない

施術後は患部に刺激を与える行動を控えてください。

例えば飲酒や激しい運動

血液の循環がよくなる行動は控えた方が良いでしょう。


また、湯船につかったり温泉に入ることも良くありません。

血行が良くなるほかに、感染リスクがあがります。


当日のメイクも控えてください。

翌日からは通常通りのお化粧をしても大丈夫ですよ。

施術できないケースがある

大豆由来成分

脂肪溶解注射は誰でも行える施術ではありません。

切らずに脂肪を減らすことができるので非常に人気のある施術です。

リスクが低い治療ではありますが、合わない体質の方もいらっしゃいます。


例えば大豆アレルギーを持っている方。

脂肪溶解注射は植物由来の成分でできており、中には大豆を主成分としたものも。


大豆に含まれる「レシチン」はコレステロールを溶解させる作用があります。

そのため、レシチンによって脂肪が溶解され体外に排出されます。


脂肪溶解注射に大豆そのものが入っているわけではありません。

しかし、大豆アレルギーの方がどの成分に反応するかまではわかっていません。

つまり、大豆アレルギーの方は脂肪溶解注射を行うことができません。

鼻への脂肪溶解注射を希望するならクリニックへ相談を

鼻に何かしらのコンプレックスを抱えている方は美容クリニックに相談してみてください。

今回脂肪溶解注射による鼻整形をご紹介しましたが、当院ではあまりおすすめしていません。

脂肪溶解注射だけでは見た目を変化させることに限界があるからです。


お客様が満足のいく仕上がりに近づけるためには、ほかの施術を提案させていただく場合があります。

プロテーゼ隆鼻術や鼻尖形成術、鼻翼縮小術といった手術を伴う鼻整形、ヒアルロン酸注入や脂肪溶解注射といった注射による鼻整形。



鼻整形と一言で言ってもあらゆる術式や方法があります。

その中で、お客様の鼻の形や理想に合わせた適切な方法を提案させていただいております。

クリニックによって、医師によって異なる提案を受ける場合もあるかもしれません。

カウンセリングを上手に利用して、ご自身に一番合った施術を選んでくださいね。

まとめ

今回は脂肪溶解注射による鼻整形についてご紹介しました。

施術の詳細やメリット・デメリットについてお分かりいただけたでしょうか?


美容医療では身体へのダメージを最小限にするために、切らない施術が増えてきています。

脂肪溶解注射もその一つ。

お鼻の形や求めている理想、アレルギーの有無によっては適していない場合もありますので、まずはクリニックに相談してみてくださいね。

Related
関連する施術
BNLS注射イメージ
気になる顔の脂肪を注射で簡単に脂肪溶解『BNLSファットバーン注射』

BNLSファットバーンは植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。脂肪溶解作用だけでなく、溶解した脂肪や老廃物の体外への排出を促進させる作用もあります。従来のBNLSアルティメットに比べ、脂肪溶解成分のデオキシコール酸の含有量が0.02%から0.1%に増量され、脂肪溶解効果がアップしました

脂肪を分解して体外に排出!切らずに部分やせ治療

食事制限や運動ではなかなか落ちづらい脂肪。脂肪溶解注射は、全身の気になる部位に注射することで脂肪細胞そのものを分解し、体外に排出して脂肪細胞を減少させます。ダイエットをしても脂肪細胞の数は減らず、 細胞の大きさが小さくなるだけなので、ちょっと油断をすると元の体型にリバウンドしてしまいます。脂肪溶解注

施術後のイメージをよりリアルにお客様と共有するために

カウンセリングでは、言葉だけではなく紙カルテにイラストを描くなどしてお客様と施術後のイメージを共有できるように努めていますが、よりお客様にご安心・ご満足いただけるように、グローバルビューティークリニックでは3Dシミュレーションシステム『ベクトラ』を導入いたしました。

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの鼻尖形成術です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ば

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理する鼻尖形成MAXです。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
杉崎理事長の著書
Category 03
鼻の整形
Category 04
目の整形
Category 05
美容整形
Category 06
美容皮膚科