女性の目元
2022.6.6

クマ治療でよくある失敗例は?クマ治療を修正する際の注意点やクリニックを選ぶポイントも解説します

美容整形

どんよりと顔の印象が暗くなってしまう「クマ」は、お顔の悩みのなかでも特に気にしている方が多いです。クマがあると、実年齢よりも老けて見える原因にもなります。

クマの種類によっては、メイクである程度隠すこともできます。とはいえ、手間がかかるうえに目元の皮膚に負担もかかりかねません。

クマは美容整形で治療することが可能です。この記事では、クマ治療の代表的な方法・失敗例・注意点・クリニック選びのポイントなどをご紹介します。

代表的なクマ治療法

目元を気にする女性

クマ治療には、いくつかの種類があります。クマの症状にも種類があるため、個人に合わせた治療を選択することが大切です。

代表的な治療法は、ヒアルロン酸注入・脂肪注入・眼窩脂肪の脱脂の3種類です。下記にそれぞれの治療法についてご紹介していきます。

ヒアルロン酸注入

美容注射を受ける女性

ヒアルロン酸注入によるクマ治療は「切らないクマ治療」として人気があります。特に黒クマ・青クマでお悩みの方におすすめの方法です。

黒クマは目の下のたるみやくぼみ、青クマは血行不良や皮膚の薄さが原因で発生します。目元の皮膚の下にヒアルロン酸を注入し、膨らみを持たせることにより改善が可能です。

ヒアルロン酸注入はメスを使わず、切開や縫合の必要もありません。局所麻酔を行い極細の針でヒアルロン酸を注入するだけのため、強い痛みは感じないことがほとんどです。

ヒアルロン酸は元々人体に存在している成分でアレルギー反応の心配も少なく、徐々に体内に吸収されていきます。

持続期間はヒアルロン酸の種類や個人差によって異なり、数か月〜2年程度が目安です。

比較的手軽な施術である分、長持ちしないのが大きなデメリットではあります。

脂肪注入

美容外科の施術

脂肪注入によるクマ治療は、ヒアルロン酸注入と同じく「切らないクマ治療」として人気があります。やはり黒クマ・青クマでお悩みの方におすすめの方法です。

黒クマ・青クマの原因になっているくぼみに脂肪を注入することで、下まぶたにハリを持たせることができます。ハリが生まれるとクマが目立たなくなり、改善することが可能です。

ご自身のふともも等から採取した脂肪を使用するため、拒否反応も起こりにくいです。ヒアルロン酸のように吸収されにくく、定着すれば効果の持続も期待できます。

脂肪の採取をする必要があるため、ヒアルロン酸注入に比べるとグッとハードルが上がるのはデメリットです。

しかし、切らずに効果の持続も望めるところは大きなメリットだといえます。

ヒアルロン酸注入と比較する際は、どちらのメリットを重視するか考えて検討しましょう。

眼窩脂肪の脱脂

手術後

「下眼瞼部脱脂」や「下眼瞼部切開法」という施術では、眼窩脂肪の脱脂を行います。たるみ・ふくらみになっている脂肪を取り除くことで、クマの改善が可能です。

眼球を保護する役割を持つ眼窩脂肪は、加齢に伴う皮膚や筋肉の衰えによって支えきれずにたるんできます。また、生まれつき眼窩脂肪による膨らみがある場合もあります。

脂肪の膨らみもクマの大きな原因の1つのため、クマがひどく見えてしまい長年悩む方が多いです。

「下眼瞼部脱脂」では下まぶたの内側の結膜と呼ばれる粘膜部分を小さく切開し、そこから余分な脂肪を取り除きます。電気メスを使用するため縫合も不要です。

皮膚を切る必要がないため、傷が残らずバレにくいのが大きなメリットです。ただし皮膚・眼輪筋には施術が及ばないため、加齢によるシワやたるみは残るケースがあります。

「下眼瞼部切開法」では、下まつげのすぐ下の皮膚を切開します。眼窩脂肪の除去だけでなく、余分な皮膚などの切除も行う施術です。

そのため、加齢によるシワ・たるみなどの症状にも確実に効果を発揮することができます。ただし皮膚を切開するため、施術後落ち着くまではテーピングが必要です。

確実な効果を感じられる反面、3〜6か月程度は赤みなどが出る場合もあります。最終的に傷が残る可能性もある点はデメリットです。

クマ治療でよくある失敗例は?

目元のトラブル

美容整形を行う際に誰もが不安を感じるのが、失敗してしまう可能性です。

クマ治療に限らず、個人の症状・希望に沿った最適な治療を適用しないと、失敗するリスクが高くなります。

クマ治療で起こり得る主な失敗例を下記に4つご紹介します。ご自身に合った治療を選択するために、ぜひ参考にしてください。

効果が続かない・感じられない

クマ治療を行う際には、ご自身の症状や希望に適した治療法を選択することが大切です。

例えば、ヒアルロン酸注入では効果が永続しません。効果の持続期間はヒアルロン酸の種類や個人差によって、数か月〜2年程度です。

美容整形のなかでも比較的手軽な方法ではありますが、効果が続かないというデメリットに納得したうえで施術を受ける必要があります。事前によく検討しましょう。

また、加齢によるたるみ・くぼみが原因のクマの場合、下眼瞼部脱脂などの施術を行っても効果を感じられないケースがあります。

この場合は眼窩脂肪の除去のみではたるみやシワが残ってしまうため、効果を得るには下眼瞼部切開法でたるみの引き上げも行うことがおすすめです。

くぼみが目立つ場合などは、脂肪の除去のみでは効果を実感できないケースもあります。この場合、脂肪を注入するなど適切にハリを持たせることが効果的です。

クマと一言でいっても症状はさまざまなため、原因の見極めも大切です。

目の下に凸凹ができてしまった

眼窩脂肪の脱脂を行う際に、除去の仕方にムラがあると凸凹ができてしまうケースがあります。

また、ヒアルロン酸注入・脂肪注入の場合にも、注入の仕方にムラがあり不均一だと凸凹が残ってしまいます。凸凹ができるとクマが悪化して見える可能性も高いです。

こうした失敗は医師の経験・技術不足が大きな原因です。信頼できる経験豊富な医師に施術を任せることが最大の予防策であるといえます。

実績があるか、カウンセリングが丁寧かなど、医師との相性も含めてきちんと確認しておきましょう。

シワ・たるみが増えた

加齢によるたるみ・シワが見られる方は、眼窩脂肪の脱脂を行うとより一層たるみやシワが増えてしまうケースがあります。

眼窩脂肪の脱脂によってふくらみを除去すると、これまで以上にハリが失われてしまうためです。

加齢による劣化を伴っている場合は、下眼瞼部切開法でたるみも引き上げる処置を行う・脂肪の注入を行うなどの工夫が必要です。

全ての症状を改善できるとも限らないため、経験豊富な医師としっかり相談し、リスクを踏まえたうえでより適切な方法を選択してください。

左右の仕上がりに差がある

クマ治療の美容整形では、左右の仕上がりに差が出てしまうリスクがあります。これは治療方法を問わずに起こり得るリスクです。

施術を行う医師の経験・技術によるところが大きく、クリニック・担当医を慎重に選ぶ必要があります。特に目元の治療は繊細な作業です。

医師やクリニックの実績・カウンセリングの丁寧さなど、ご自身が安心して任せられるかどうかをよく考慮して選ぶことが大切です。

クマ治療で失敗したら修正できる?

肌トラブルの女性

クマ治療で失敗してしまっても、修正することは可能です。症状にあった治療法を適切に判断できる、経験と技術を伴った医師による治療を受けましょう。

修正のための再手術は、ある程度の日数が経過していないと診断できない場合があります。

逆に、明らかな問題があり急いだ方がよいケースもあるため、迷ったらまずは美容クリニックの専門医に相談してください。

症状に応じた治療をきちんと受けられるよう、医師としっかり問題点を共有し、疑問点があれば納得できるまで質問してください。

同じ失敗を繰り返さないためにも、安心して治療を受けられる信頼のおけるクリニックや医師を選ぶことが大切です。

クマ治療を修正する際の注意点

指を立てる白衣の女性

クマ治療の失敗を修正する場合は、同じような失敗を繰り返さないよう、クリニック・医師を慎重に選ぶことが大切です。

ヒアルロン酸注入や脂肪注入は、どちらも注入しすぎないこと・均一に注入することが失敗を防ぐポイントになります。

また、眼窩脂肪の取り残しや取りムラは余計にクマが目立つ・凸凹が残るなどの原因にもなるため、注意が必要です。

美容整形は医師の技術に大きく左右されます。仕上がりについてや疑問点などを医師としっかり確認して、十分な擦りあわせを行ってください。

グローバルビューティークリニックでは医師による無料カウンセリングを行っています。クマやクマ治療でお悩みの時は、是非下記のボタンからご相談ください。

クマ治療で失敗しないために

考え事をする女性

クマはそもそも1種類ではなく、たるみ・くぼみ・ふくらみなどさまざまな症状を伴っています。

そのため、症状によっては複数の施術を組み合わせて行うことが必要です。

1つの施術が大きな効果を発揮するケースもあれば、複数の施術を組み合わせることが最適なケースもあります。

理想の仕上がりにするために必要な施術は、ご自身だけで判断することは困難です。経験と知識が豊富で、技術を伴った医師を選ぶことが治療の成功を左右します。

クマ治療のクリニックを選ぶポイント

選ぶ女性

クマ治療で失敗しないためには、クリニックを選ぶところから慎重に行う必要があります。美容整形が成功するかどうかは医師の技量にかかっているためです。

実績があること・医師の指名が可能なこと・カウンセリングが丁寧なことは特に大切なポイントです。下記にそれぞれご紹介します。

失敗しないクリニック選びのために、ぜひご参考にしてください。

実績がある

美容整形を行えるクリニックは、近年とても増えました。手軽さを売りにしていたり費用の安さを売りにしていたりと、さまざまな特徴があります。

しかし美容整形で失敗しないために一番大切なのは、実績のあるクリニックを選ぶことです。

実績があるクリニックのほうが、多くの症例・トラブルへの対応力も培われています。

症状や体質には個人差があるため、しっかり対応してくれる力のあるクリニックで施術を受けましょう。

医師を指名できる

医療スタッフ

美容整形にはクマ治療以外にもさまざまな施術があります。医師によって得意な施術や分野もそれぞれです。

クマ治療を成功させるためには、クマ治療の経験と技術を持った医師が施術を行う必要があります。また、お客様と医師との相性も大切です。

安心して施術を任せることができるよう、信頼できる医師を自分で選択し指名のできるクリニックを選びましょう。

カウンセリングが丁寧

カウンセリング

医師による丁寧なカウンセリングを実施しているクリニックを選ぶことも、失敗しないために重要なポイントです。

カウンセリングでお客様それぞれの症状をきちんと把握し、最適な治療を選択する必要があります。

また、安心して施術が受けられるよう、不安や疑問を残さないことも大切です。

カウンセリングが雑・質問しづらい・医師によるカウンセリングが行われないなど、不安の残る対応のクリニックはおすすめできません。

かならず丁寧な対応とカウンセリングを行う、信頼のおけるクリニックを選んでください。

クマ治療で失敗したくないなら信頼できる医師に相談を

問診をする医療従事者

クマにはさまざまな種類があり、目立ってしまう原因も人それぞれ異なります。クマの治療は原因をきちんと把握し、最適な施術を選択することが大切です。

目元はデリケートなうえ、日常でも隠すことが難しい部分でもあります。クマ治療で失敗しないためには医師の経験と技術がとても重要です。

ご自身に合った治療を安心して受けられるよう、信頼できる担当医に納得がいくまで相談しましょう。

当院では経験豊富な医師が無料相談を行っています。是非、お気軽に下記のボタンからご利用ください。

まとめ

美容イメージ

美容整形によるクマ治療の代表的な方法・失敗例・注意点・クリニック選びのポイントなどをご紹介しました。

注射による手軽な方法から切開や縫合を必要とする方法まで、治療法だけでも迷ってしまいそうなクマ治療ですが、人それぞれ適した治療が異なります。

失敗を避けるためには、信頼できるクリニックと医師を選ぶことが何よりも大切です。

経験と技術を伴った医師による最適な治療で、ハリのある生き生きとした目元を手に入れましょう。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形