花の香りを嗅ぐ女性
2023.6.11

眼窩脂肪溶解注射でクマ取りをするメリットやリスクを解説!眼窩脂肪溶解注射の注意点やよくある質問もご紹介

目の下にクマがある方はどうしても疲れて見えたり不健康そうに見えたりします。

メイクで隠し切れないので、完全に消すためには医療的なアプローチが必要です。



実はクマにはいくつか種類があります。

自分のクマのタイプを見分け、原因を知ることで最適な治療法を導くことが可能です。



中には「眼窩脂肪溶解注射」と呼ばれるクマの治療法を採用してる美容クリニックもあります。

メスを使わずにクマの改善が期待できる方法です。

脂肪溶解注射で行うクマ取りは実際どうなのでしょうか?

メリットやリスク、注意点、よくある質問をご紹介します!

眼窩脂肪溶解注射でクマ取り?!

限られた範囲の皮下脂肪を減らす目的で使われているのが脂肪溶解注射。

目の下のクマに注入し、メスを使わずにクマの悩みを解消するクリニックもあります。

この方法が実際どうなのか、まずはクマができる仕組みから見ていきましょう。

眼窩脂肪とクマの関係

眼球は頭蓋骨のくぼみである眼窩(がんか)に収まっています。

眼窩内に脂肪が溜まることで目の下がふくらみます。

脂肪によるふくらみが原因となりクマが目立ってしまうのです。

脂肪溶解注射でクマがなくなる?

天然由来の成分でできた脂肪溶解注射は、眼窩脂肪を溶かす効果が期待できます。

溶解された脂肪が体外に排出されることで目の下のふくらみがなくなり、クマが改善するという仕組みです。

しかし、眼窩脂肪を完全に除去するためには複数回の治療が必要となります。

効率の良いクマ取り施術を希望される方には、外科手術を伴う「目の下の切らないたるみ取り」がおすすめです。

眼窩脂肪溶解注射の施術詳細

施術前に下まぶたに局所麻酔を施します。

そのため、脂肪溶解注射の痛みはほとんど感じません。

また、脂肪溶解注射はまぶたの裏側に打つため、術後に傷跡が目立つ心配もありません。

注射を打つだけの施術なので、施術時間も短く通院の必要もありません。

眼窩脂肪溶解注射によるクマ取りのメリット

ダイエット目的で使用される脂肪溶解注射。

代表的なものにはBNLSと呼ばれる製剤があります。

クマの原因でもある眼窩脂肪に注入することで、ピンポイントで目の下の脂肪にアプローチします。

メスを使わない

脂肪溶解注射によるクマ取りではメスを使いません。

気になる目の下に植物由来の成分を注入し、クマの原因となる脂肪を溶かして体外への排出を促します。

注射器を使った注入のみなので、施術時間が短くほとんど痛みを感じません。

皮膚を切開することもないので、ダウンタイムが短い点がメリットですね。

また、必要に応じて脂肪吸引を行うことも可能です。

自然な仕上がりと定評のある脂肪吸引を行い、脂肪溶解注射で細かくバランスを調整するというやり方です。

ダウンタイムが短い

脂肪溶解注射は天然素材を使い、副作用に配慮した濃度で配合されています。

そのため、ダウンタイムの影響が小さいです。

一時的に腫れや赤み、内出血が現れても、1週間ほどでおさまります。

まれに筋肉痛のような痛みを伴うこともありますが、数日かけて徐々に治まります。

日常生活への影響はほとんどありません。


さらに、まぶたの裏側から注射を行うため、顔に傷がつきません。

施術直後からメイクや運動が可能となります。

目元が若々しくなる

BNLSを使った脂肪溶解注射のメリットとして、

脂肪分解や肌の引き締め効果が早く出る点が挙げられます。


ダウンタイムが短く効果を早く感じられるので、目元の印象を若々しく見せたい方、クマの悩みから解放されたい方が希望されます。

眼窩脂肪溶解注射が向いている人

【目の下のクマの種類】
・血行不良でできる青クマ
・色素沈着でできる茶クマ
・脂肪が膨らんで黒い影ができる黒クマ


このうち、脂肪溶解注射で改善できるクマは黒クマです。

黒クマタイプ

上を向いたり仰向けに寝た時に目立たなくなる黒クマ。

生まれつきの場合、加齢によるたるみが原因の場合、くぼみが原因の場合などが考えられます。

顔にメスを入れたくない人

脂肪溶解注射ではメスを使わずに施術を行います。

下まぶたの裏側に注射を打つだけの施術なので、切開を伴う美容整形に抵抗がある方が希望されます。

術後すぐに通常通りの生活に戻りたい方や、気になる脂肪の範囲が狭い方にも向いています。

眼窩脂肪溶解注射のリスク

メスを使わずに注射のみで施術を行うため、比較的安全な施術といえます。

しかし、リスクが全くないというわけではありません。


どのようなリスクが考えられるのでしょうか?

腫れ・むくみ・内出血

脂肪溶解注射では非常に細い針を使います。

そのため針による内出血はほとんどありません。

しかし、まれに副作用として腫れやむくみ、内出血が生じることも。

アレルギー反応

BNLSには植物由来の成分が配合されています。

そのため、まれにアレルギー反応を起こす可能性があります。

アレルギー体質の方、施術当日体調がすぐれない方は医師にご相談ください。



また、持病のある方、妊婦、授乳中の方は施術を受けることができません。

時間をかけて効果が現れる

脂肪溶解注射では脂肪を徐々に減らしていきます。

脂肪細胞を溶かし老廃物として排出するまでに2~3日ほどかかります。

術後すぐに効果を感じたい方にとっては物足りないかもしれません。

眼窩脂肪溶解注射の注意点

施術を検討中の方に知っておいていただきたい注意点をいくつかご紹介します。

医師とのすり合わせはしっかりと

脂肪溶解注射を希望されている方は必ず、事前に医師とのすり合わせを行いましょう。

その際、不安なことや疑問があれば全て解消しておくことが大切です。

医師はお客様の体質、生活環境などを考慮したうえで、適した施術をご提案します。



目元の状態によっては別の方法が適している場合も。

施術内容やリスクに関して詳しく説明を受けたうえで施術を選択してください。

複数回の治療が必要な場合も

脂肪溶解注射では脂肪細胞を徐々に減らしていきます。

そのため、術後2~3週間ほどかけてゆっくりと効果が出ます。



また、効果には個人差があるので1度の施術で効果が実感できる方、そうでない方がいらっしゃいます。

複数回かけて施術を行うことでより確実な効果が期待できる場合もあります。

費用を確認する

脂肪溶解注射の費用は、使用する製剤の量で決まります。

金額は1ccあたり○○円、といった形で設定しているクリニックが多い印象です。



支払い方法もクリニックごとに異なります。

現金以外にも各種クレジットカード、デビットカード、医療ローンなどさまざまな方法があります。

希望の支払い方法が可能かどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。

よくある質問

脂肪溶解注射を検討している方は気になること、不安に思っていることがあると思います。

そこで、クリニックに寄せられるよくある質問にお答えします。

検討中の方、興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

Q.目の下にくぼみ・しわ・たるみができる?

目の下のクマに脂肪溶解注射を行うことで目の下にくぼみができる可能性があります。

脂肪溶解注射は目の下のふくらみに対して行います。

ふくらみがなくなることで皮膚が余り、しわやたるみが現れることも。/em>

加齢による弾力の低下で皮膚にハリがない方は注意が必要です。

Q.後戻りしませんか?

脂肪溶解注射は脂肪細胞そのものを溶かす役割を果たします。

そのため、脂肪を溶かすことさえできれば復活する心配はありません

脂肪を完全に除去するには複数回の施術が必要となるので、初めからメスを使った「目の下の切らないたるみ取り」をお受けいただくことをおすすめします。

Q.目の下のふくらみは加齢が原因ですか?

加齢が原因で眼球まわりの脂肪が下に流れることはあります。

眼球を覆っている眼窩脂肪が下におりることで目の下が膨らむということは十分に考えられます。

目の下の脂肪を放置するとふくらみが大きくなる可能性があります。

皮膚が伸びてしまうとたるみの原因となるので、早めの治療をおすすめします。

目元の印象を変えたい場合は

目の下のクマには3つの原因が考えられます。

【クマの種類と原因】
・青クマ(血行不良)
・茶クマ(色素沈着)
・黒クマ(眼窩脂肪)


目の下のクマの種類によって原因が異なります。

それぞれ適した対処法があります。

間違った方法を選ぶとさらに悪化するかもしれません。

青クマをなくすには

血行不良が原因でできるクマをなくすためには、質の良い睡眠をとることが大切です。

寝不足は血流不足を招くのでクマが現れやすくなります。

眼精疲労もクマの原因となり得るので、疲労回復に効果的な「疲労回復点滴」も良いですね。


目元のセルフケアもおすすめです。

ホットアイマスクや軽いマッサージで滞った血流を促すことも効果があります。

摩擦が起こらないように優しく行いましょう。

茶クマをなくすには

色素沈着が原因でできるクマはスキンケアや外用薬による治療が適しています。

クレンジングや洗顔時にこすっていませんか?

摩擦などの刺激は色素沈着の原因となるので注意が必要です。

青クマや黒クマを併発している場合もあるので、自己流で治そうとせず専門家に相談しましょう。

黒クマをなくすには

クマを解消するためにスキンケアやセルフケアを頑張ってもなかなか治りません。

黒クマを解消するためには根本である眼窩脂肪の除去が一番の近道です。

眼窩脂肪の除去手術を行うだけでは目の下がくぼんでしまうので、脂肪注入も行うと良いでしょう。

注入するナノCRF(脂肪)は肌質にも影響します。

目元のハリが復活するため、若々しい目元を手に入れたい方は是非ご相談ください。

まとめ

今回は脂肪溶解注射によるクマ取りについてご紹介しました。

当院では施術までにカウンセリングで目元をしっかりと診察させていただきます。

クマの種類や目元の状態によっては別の治療をご提案する場合もあります。

目の下のクマは疲れて見えたり老けてみえますよね。

顔の印象を変えたい方はまずはクマ取り施術を検討してみてはいかがでしょうか。

Related
関連する施術
BNLS注射イメージ
気になる顔の脂肪を注射で簡単に脂肪溶解『BNLSファットバーン注射』

BNLSファットバーンは植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。脂肪溶解作用だけでなく、溶解した脂肪や老廃物の体外への排出を促進させる作用もあります。従来のBNLSアルティメットに比べ、脂肪溶解成分のデオキシコール酸の含有量が0.02%から0.1%に増量され、脂肪溶解効果がアップしました

脂肪を分解して体外に排出!切らずに部分やせ治療

食事制限や運動ではなかなか落ちづらい脂肪。脂肪溶解注射は、全身の気になる部位に注射することで脂肪細胞そのものを分解し、体外に排出して脂肪細胞を減少させます。ダイエットをしても脂肪細胞の数は減らず、 細胞の大きさが小さくなるだけなので、ちょっと油断をすると元の体型にリバウンドしてしまいます。脂肪溶解注

目の下の切らないたるみ取りイメージ
忙しいアナタでも大丈夫!
スッキリ若々しい目を取り戻そう!

目の下の余分な脂肪を除去する施術です。施術の傷跡はまぶたの裏側なので、お顔表面に傷が残りません。 1時間程度の短時間で終わるため、忙しい会社員や主婦の方にも人気です。下まぶたの膨らみには「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という余分な脂肪が溜まっています。この余分な脂肪を取り除くことで、下まぶたのたるみを解

ビタールイメージ
エイジングケアや魅力的なパーツの形成に

ヒアルロン酸はもともと人体の真皮層に存在する成分で、保水力が高く、肌のハリや弾力性を保つのに役立っています。加齢によりヒアルロン酸が減少すると、肌の保水力が低下し、ハリが失われてシワやたたるみなどができる原因となります。ヒアルロン酸を注入することで、皮膚を内側から持ち上げて膨らみを持たせ、シワやたる

ナノCRFイメージ
従来の脂肪注入より
なめらかな仕上がりへ

コンデスリッチフェイスと同じく、患者様ご自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。取り出した脂肪は不要物を取り除き濃縮しますが、シルキーファット(ナノCRF)はさらに不純物を取り除き抽出した洗練された滑らかな脂肪細胞を使用します。不純物が少ないため定着率が高く、しこりを減らし、肌の活性効果を

マイクロCRFイメージ
半永久的に効果が持続!
注入当日から効果を実感できます!

患者様ご自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。ヒアルロン酸注入は効果の持続性が限定的ですが、こちらは効果が半永久的です。最強のエイジングケア法ともいわれています。患者様自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。注入当日から効果を実感できるため、早くから効果を得たいという方におすす

GBCベーシック脂肪注入イメージ
自家脂肪だから安心!
ふっくら若々しい顔を取り戻そう

加齢など生じるお顔のくぼみや溝に脂肪を注入して目立たなくします。目じりや眉間、額などにできる表情シワを改善する施術です。注射治療によって筋肉の過剰な働きを和らげてシワを軽減し、治療後3~7日ほどで効果が出始めます。二の腕や太ももなどから採取したご自身の脂肪を使うため、異物とみなして細胞から攻撃される

GBC精密脂肪吸引イメージ
GBCの脂肪吸引

通常の吸引管より極細のタイプを用いることで、より精密に脂肪吸引を行う施術方法です。さらに体内の脂肪層を段階的に分けて吸引し、凹凸のないなめらかなボディラインをつくります。一般的な脂肪吸引は、施術後の可能性としてお肌に凹凸が発生する問題がありますが、この方法なら凹凸ができにくく、なめらかで自然な仕上が

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
杉崎理事長の著書
Category 03
鼻の整形
Category 04
目の整形
Category 05
美容整形
Category 06
美容皮膚科