口に手を当てる女性
2022.8.16

人中短縮ボトックス注射のメリットを解説|人中短縮ボトックス注射の費用相場や注意点もご紹介します

美容整形

自分の顔にコンプレックスはありますか?

人の数だけコンプレックスはあり、顔のコンプレックスはほとんどの場合それぞれのパーツのわずかな大きさやズレの違いです。

しかし、このわずかな違いが人によってはコンプレックスにも自信にもなります。

今回はそのわずかな違いで一気に顔の印象が変わる人中短縮ボトックス注射についてまとめてみました。

人中短縮ボトックス注射のメリットや費用相場に注意点など、詳しく解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

顔の印象に影響する人中

笑う女性

そもそも人中とはどこのパーツを指しているのでしょうか?

人中は鼻と上唇の間の部分、要するに「鼻の下」のことをいいます。芸能人で「可愛い」と称される顔をしている方はほとんどが、この人中が短い方です。

人中が短いと可愛らしく若々しい印象になるため、近年美容整形の施術やメイクなどでこの人中の短縮を目指す方が増えています。

短い人中は美人や美形の条件であるといっても過言ではありません。顔のパーツ一つで印象を変えられるなら、興味を持つ方が多いのも納得です。

理想的な人中の長さ

秘密を持つ女性

人中が短い方が良いとはいえ、短すぎても違和感が出てきてしまいます。理想的な人中の長さは人中の長さとあごの長さの比率が1:2であることです。

この比率が「可愛い」顔をつくる人中の長さとされているため、この比率を元に人中短縮の施術は行われます。

実際に自分のあごの長さを測って、その長さに対して1:2の比率になる人中の長さを計算してみると人中を短くしたときの顔のイメージがしやすいです。

人中が長い場合の印象

鏡を見る女性

逆に人中が長くなるとどのような印象になるのでしょうか?人中が長い顔の印象として代表的なものが以下の3つです。

・のっぺりとしている
・面長に見える
・顔が間延びしている

これら3つは言い方を変えれば日本人らしい顔といえるのですが、メリハリがないため地味な印象を与え、コンプレックスに感じる方は少なくありません。

このような人中の長い方は人中短縮を行うことでがらりと印象が変わり、垢抜けることができます。

顔を1か所変えるだけで理想の顔に近づけるなら、これほど画期的な美容医療はないでしょう。

人中短縮はボトックス注射でも可能

注射器

人中短縮と聞くと、メスなどを使った大掛かりな手術を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

確かに切開、縫合をすることで人中短縮する手術もあるのですが、もっと気軽に行えるボトックス注射による施術方法もあります。

それが人中短縮ボトックス注射です。

ボトックスは筋肉を一時的に麻痺させることができます。ボトックス注射はこうしたボトックスの特徴を活かして、シワやエラ張りなどの改善に利用する施術方法です。

人中短縮ボトックス注射はボトックスを上唇のすぐ上に注入すると唇を閉じようとする筋肉が弛緩し、少しめくれた状態になることで人中が短くなります。

人中短縮ボトックス注射は切開や縫合といった施術は行わないため、比較的ハードルの低い施術です。

人中短縮ボトックス注射のメリット

メリットを指す女性

では、実際に人中短縮ボトックス注射はどういった施術なのでしょうか。ここではメリットについて紹介していきます。

人中短縮ボトックス注射には3つのメリットがあります。

・気軽にチャレンジできる
・ダウンタイムが少ない
・効果が比較的長く続く

この3つについて、それぞれ他の施術方法と比較しながら詳しく解説していきます。

気軽にチャレンジできる

ファイトポーズの女性

人中短縮ボトックス注射は、別名「リップフリップボトックス」と呼ばれ、「フリップ」は「ひっくり返す」を意味しています。

人中短縮ボトックス注射は、上唇側の口輪筋にボトックス注射をすることで上唇をめくり上げる施術です。

上唇が上を向くことで人中が短く見えるので顔の印象ががらりと変わります。

人中短縮にはボトックス注射以外にも手術による人中短縮(リップリフト)があり、こちらはメスを使用した手術です。

鼻の下を切開し、余分な皮膚を除去するという手術なので顔にメスを入れることに抵抗がある方など、二の足を踏む方が多いのではないでしょうか。

手術だと傷跡が残る、唇や鼻の形が不自然になるなどの手術によって起こる副作用やリスクも懸念されます。

その点、ボトックス注射だとボトックスを注入すれば完了です。

副作用やリスクは唇の違和感など時間経過によって消失するものだけなので、比較的気軽に行うことができます。

ダウンタイムが少ない

寝込む女性

人中短縮ボトックス注射の魅力として、ダウンタイムの少なさが挙げられます。

手術による人中短縮の場合、腫れと赤みで1週間、内出血で2週間ほどがダウンタイムの平均時間です。

その間、患部へのメイクや入浴が制限されてしまい、腫れや赤みに対する人の目も気になってしまいます。

しかし、ボトックス注射はまれに内出血を伴う程度なので、ほとんど生活に影響はありません。

施術中の痛みも麻酔や細い注射針の使用などで緩和することが可能です。

手術をすることでついて回る副作用やリスクがほとんどないところが、ボトックス注射の強みといえます。

効果が比較的長く続く

鏡を見て笑う女性

ボトックスの注射はその気軽さから、効果の持続期間を懸念される方も多いようです。

「せっかくやってもすぐ戻ってしまうかもしれない」と心配になる方もいるのではないでしょうか?

ボトックス注射は5日〜1週間ほどで効果が出て、その後3か月〜半年ほど効果が持続します。

半年に一度ボトックス注射をすれば、人中の短い自分にとって理想の顔を維持することができるので、持続期間としては十分な期間です。

人中短縮ボトックス注射の費用相場

お札の山

人中短縮ボトックス注射において、かかる費用が気になるところです。

人中短縮ボトックス注射の費用相場はかかるクリニックによって変わってきますが、大体2万円台が相場になります。

手術による人中短縮の相場が30万円〜40万円なので、約1/10の値段で人中短縮ができるということです。

「金額を考えると手が出ない」という方も、この値段であれば気軽に考えることができるのではないでしょうか?

人中短縮ボトックス注射の注意点

×を持つ女性

手術に比べて気軽な手段であるとはいえ、当然ボトックス注射を受けるうえでの注意点はあります。

クリニックとのトラブルなどを防ぐためにも事前に確認しておきましょう。

体調次第でできない場合がある

妊娠・授乳している場合、ボトックス注射は行うことができないので、少しでも妊娠している可能性があれば事前に検査しておきましょう。

また、ボトックス注射に限らず、施術を受ける日に体調不良となった場合には予約をキャンセルするなどして日を改めることをおすすめします。

自覚は無くても多かれ少なかれ体に負荷はかかるものです。

術後の体調不良悪化や、感染症のリスクを抑えるためにもご自身の体調を確認したうえで施術を受けましょう。

対応可能なクリニックが限られる

全てのクリニックがボトックス注射による人中短縮を行っているわけではありません。

手術による人中短縮は行っていてもボトックス注射による施術は行っていないというクリニックもあるので、相談に行く前に確認しておくことをおすすめします。

口まわりが動きづらくなる場合がある

憂鬱そうな女性

ボトックス注射による人中短縮の数少ない副作用やリスクとして、口を動かしづらくなるなどの違和感が生じることがあります。

「大丈夫かな?」と不安になってしまうかもしれませんが、これは時間経過とともに消失していくのでご安心ください。

事前にどのような副作用やリスクがあるのかを確認しておくと不安も和らぐはずです。

ボトックス注射以外で人中短縮する方法

指を指す女性

ボトックス注射以外にも人中短縮する方法はあります。ボトックス注射の持続期間や費用などが気になる場合には、それらの方法も視野に入れてみてください。

ここでは、以下の2つの方法について解説していきます。

・メイク
・手術

まだボトックスによる人中短縮に迷っているという方は、ぜひ参考になさってください。

メイク

口紅を塗る女性

人中短縮の手段として最も気軽で費用がかからない手段がメイクです。「整形メイク」といった言葉ができるほどにメイクには無限の可能性が秘められています。

メイクの方法も動画などで見ることができるため、気軽にすぐ始めることができ、やり方自体も簡単なので最速最安値の人中短縮であるといえます。

手術

この記事の序盤で少し触れた、リップリフトと呼ばれる人中短縮があります。鼻の下の皮膚を切除することで人中を短くする施術のことです。

リップリフト以外にも口唇リフトという方法があります。

これは外側人中短縮とも呼ばれ、上唇の一部を左右で切除し、再度縫合することで上唇を厚くする手術です。

傷跡や唇と鼻の形が不自然になるなどの副作用とリスクがあり、費用もボトックス注射の10倍以上かかります。

しかし、その分追加での注入が必要となるボトックス注射とは違い、一度手術すれば定期的なメンテナンスを行うことで維持することが可能です

「何度も打ちに行くのが面倒くさい」という方には手術による人中短縮をおすすめします。

人中短縮ボトックス注射を検討しているなら

考え込む女性

現在、人中短縮ボトックスを検討している方はまず美容医療クリニックを探すところから始めましょう。

クリニックによって、使用する設備や道具に違いがあるため費用にはばらつきが出ます

麻酔やヒアルロン酸注射などをオプションとして付けることのできるクリニックもあるので、自分に合ったクリニックを見つけてみてください。

クリニックのホームページに載せられている症例写真を事前に見ておくと、自分の理想の人中がイメージしやすいです。

クリニックを絞ったらまず相談に行って、自分の理想の人中イメージとクリニックの人中イメージとのズレは無いかなどを確認しておきましょう。

事前にクリニック側とイメージのすり合わせをしておくと、満足のいく施術を受けることができます。

人中短縮を検討されている方は、ぜひ一度グローバルビューティークリニックにご相談ください。

まとめ

両手を挙げる女性

今回は人中短縮ボトックス注射についてまとめました。

人中の長さで顔の印象はだいぶ変わります。ボトックス注射を使用すれば気軽に理想の顔に近づくことができるので、検討する方が多いのも納得です。

持続期間は手術よりも短くなってしまいますが、その分安価で副作用等も少ないので安心できます。

「人中短縮に興味はあるけど顔にメスを入れるのは怖い」など不安のある方は、グローバルビューティークリニックにご相談ください。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形