鼻プロテーゼはバレるのか?バレる原因やバレないコツは?
2023.3.9

鼻プロテーゼはバレるのか?バレる原因やバレないコツは?

美容整形

鼻は顔の中心に位置し、顔全体のバランスを左右しています。

小さくて丸い鼻がコンプレックスで、高くしたいと思っている方も多いはず。

鼻整形には『鼻尖形成』『鼻翼縮小』『鼻中隔延長』など様々な施術がありますが、今回はバレずに鼻プロテーゼを入れる方法をご紹介します!

バレずに美容整形をしたい方は、まずはバレる原因を知るところから始めましょう♪

鼻プロテーゼはバレる?

美容整形はしたいけど周りにはバレたくない、と思っている方も多いはず。

特に顔の中心に位置する鼻は気付かれやすいパーツですよね。

今回はどのような場合に鼻整形がバレるのかを解説します!

変化が大きいとバレる可能性が高くなる

美容整形前後で大きく変化するとほとんどの場合で気付かれます。

周りに気付かれたくない、という思いが強い方は変化を小さくすることがポイントです!

毎日顔を合わせる家族や友人でも、変化率が低ければバレる可能性もおのずと低くなります。



しかし、美容整形の本来の目的は美しく変化させること。

微小な変化では満足いかないことも。

気付かれることを覚悟のうえでイメージ通りの美を手に入れるか、気付かれないことを重視して最小限の変化でおさえるか。

どこに重きを置くかはお客様次第ですよ♪


また、技術の高い執刀医だと大きく変化させることも、ナチュラルな仕上がりにすることも可能です。

仕上がりがあまりにも自然だと、誰にも気付かれないかもしれません。

触って気づかれることはまずない

鼻を触られたらプロテーゼがバレるのでは?と不安に思っている方もいるかもしれません。

人工骨が鼻に挿入される施術ではありますが、気付かれることはまずありません!

シリコンでできたプロテーゼは鼻の軟骨とほとんど同じ硬さなうえ、骨膜の下に挿入していくため触っても違和感がないのです。

鼻整形に詳しいプロがチェックするように触れば気付くかもしれませんが、一般の方に触られたところで気付くはずはありませんよ。

鼻プロテーゼが見た目でわかるケース

鼻プロテーゼがバレるケース

以前の顔を知っている家族や知人に気付かれるのはまだしも、初対面の人に美容整形がバレるのは残念です。

せっかく美しい鼻を手に入れても、一目でプロテーゼだとわかってしまうのは不自然な証拠。


日本人は鼻根の位置がもともと低く、鼻筋もそこまで高くはありません。

【整形顔と言われるケース】
・鼻だけが高すぎる
・鼻筋が不自然に通っている


整形顔と言われるのが嫌だ、という方はどのような顔が整形顔なのかを知っておく必要があります。

2通りのパターンについて順にご紹介します!

鼻が高すぎる

鼻が低いとどうしても高い鼻に憧れますよね。

鼻筋の通った美しい鼻を手に入れたいと思うのは多くの方の共通の願いです。

だからといって高すぎるプロテーゼを挿入すると、顔がのっぺりとしているのに鼻だけが欧米人のようになり不自然。

これでは周りの人に鼻の整形がバレてしまいますね。



鼻プロテーゼのサイズはいくつかあり、さらにそれを加工することによってそれぞれの鼻に合った形になります。

自然な鼻にするには顔全体のバランスを考えることがとても重要になります。

鼻筋が不自然に通っている

鼻整形の目標の一つとして、鼻筋の通った欧米型があります。

鼻根部から高くなり、まっすぐに伸びる鼻筋は憧れますよね♪

しかし、鼻筋だけが綺麗に通っている場合プロテーゼを入れていることがバレてしまいます。



日本人の鼻はブタ鼻や団子鼻といった低く丸いのが特徴。

その中で明らかにすっきりとした鼻筋は不自然に見えてしまいます。

鼻プロテーゼがバレる原因

バレない鼻整形を目標に美容整形を受けたのにバレてしまった、という方もいらっしゃいます。

【プロテーゼがバレる原因】
①高すぎるプロテーゼを挿入している
②プロテーゼの位置がずれている
③皮膚の厚さとプロテーゼが合っていない


プロテーゼがバレてしまう原因にはいくつかあるので、順番に見ていきましょう!

①高すぎるプロテーゼを挿入している

挿入したプロテーゼが大きすぎたり高すぎた場合、すぐに気づかれてしまいます。

欧米人のような鼻筋にしたい気持ちもわかりますが、日本人の顔には釣り合いません。


不自然な高さのプロテーゼを入れると顔全体が不自然になり、逆に悩みになってしまうことも。

プロテーゼの高さによっては施術は綺麗に完成していても、整形っぽい感じになってしまうという皮肉な結末になってしまいます。

②プロテーゼの位置がずれている

挿入したプロテーゼが鼻骨にぴったりと合っていることが望まれますが、稀に位置がずれてしまうことがあります。

【プロテーゼがずれる場合】
・本来挿入すべき部分に正しく挿入できていない
・鼻筋が曲がっている


いずれにせよ、プロテーゼがずれるのは医師のミスです。

お客様の鼻筋が曲がっていることは少なくありませんから、鼻にフィットするようにプロテーゼを加工しておくべきなのです。


それでも鼻の状態によってはプロテーゼだけでは修正できない症例もあります。

そういった場合は複合手術を検討しましょう。

③皮膚の厚さとプロテーゼが合っていない

何種類かあるプロテーゼの中からお客様の骨格に合わせた大きさのものを選びます。

その選択を間違えた場合も、鼻整形がバレる原因となります。


例えば皮膚が薄い方に高すぎるプロテーゼを挿入した場合、透けて見えたり輪郭が浮き出たりします。

自然な見た目にするには、皮膚の厚さに応じたプロテーゼを選ぶことが大切です。

プロテーゼは骨膜の下に入れる

また、通常プロテーゼは骨膜の「下」に挿入しますが、骨膜の「上」に入れてしまった場合も透けたり浮き出ることがあります。

鼻プロテーゼをバレにくくするコツ

未熟な医師の施術を受けた場合も鼻整形がバレる可能性があります。

ベテランの医師でも美的センスがなければ不自然な仕上がりになることも。

ここからはバレずに鼻整形を成功させるコツを伝授します!

適度な高さのプロテーゼを使用する

最も気付かれない方法は、やはり適度な高さのプロテーゼを使用することです!

欧米人のような高い鼻に憧れがあるかもしれませんが、適度な高さが一番。

顔全体のバランスを見ながら自分の顔に合った高さのプロテーゼを選びましょう。


あの女優さんの鼻になりたい、と思って美容外科に行ってもその鼻がご自身の顔には釣り合わないことも。

高望みせず、自分の顔に一番合ったプロテーゼを挿入できれば気付かれる心配も少なくなりますよ♪

医師のアドバイスをよく聞く

ほとんどの方は美しい変化を手に入れるために美容整形を行います。

こうなりたい、ああなりたい、と理想をどんどん求めてしまいますよね。

周りにバレずに鼻プロテーゼを入れるためには、医師によるカウンセリングが大切になってきます。



多くの医師はお客様の要望を超えた提案をすることができます。

まずはご自身の希望や理想をすべてお伝えください。

そのうえで、たとえご自身のイメージと違った提案でも医師の意見に耳を傾けてみてください。

できること、できないこと、やっていいこと、やってはいけないこと、あらゆる観点から話し合うことでバレない自然な仕上がりを目指すことができますよ♪

技術力の高い医師に施術してもらう

鼻プロテーゼ挿入を行う際は、実績があり技術力も高い医師に任せましょう。

使用するプロテーゼは0.1mm単位で加工し挿入していきます。

顔全体のバランスを見ながら鼻に挿入していく技術や美的感覚も重要になってきます。


経験や実績が多い医師は多くの症例に触れてきたので、技術力も上がっています。

技術力の高い医師はお客様の言う通りに施術を行うのではなく、どのように施術をすることがお客様にとってベストなのかをイメージして提案することができます。

鼻プロテーゼは修正手術も可能

【プロテーゼの修正手術】
・プロテーゼを抜く
・プロテーゼを入れ替える


施術が気に入らない場合や、気付かれてしまったからもっと自然にしたい、といった場合は『修正手術』を行うことができます。

術後数年たっていたとしても、プロテーゼを抜いて元に戻すことが可能ですよ。

また、抜いたあとにそのまま別のプロテーゼを入れる「入れ替え」を行うこともできます。

抜く、入れるを同日に行わない場合は、6か月以上間を開ける必要があるので注意してください。

鼻プロテーゼで自然な仕上がりの鼻を手に入れよう

大きさを選び、さらに骨格に合わせて削って加工し挿入していくため、美しいカーブと自然な仕上がりを手に入れることができる鼻プロテーゼ。

プロテーゼの形や大きさ、柔軟性はお客様に最適なものを選びます。

加工する際も0.1mm単位で削るのでイメージしている鼻の高さに近づけることが可能なんです。



お客様と医師の間で仕上がりのイメージを共有しておくことで、プロテーゼの作成に誤差が生じることが少なくなります。

理想の形を事前にすり合わせておくことがとても大切ですよ。

他人にバレにくい鼻の整形を希望しているなら

鼻を高くしたい、通った鼻筋を手に入れたい、などと鼻を美しく変えたいと思う方は非常に多くいらっしゃいます。

その中で、周りにバレずに鼻整形をしたいと思っている方は、信頼できる医師に相談しましょう!


クリニックに相談する際は、どのような鼻になりたいのか、どこをどう高くしたいのか、を明確化しておくとスムーズですよ♪

メモやイラスト、芸能人の写真などを持っておくとより正確に伝わります。

まとめ

低くて丸い鼻を「愛嬌があって可愛い」と褒められたところで、コンプレックスを抱えている人にとっては悩みの種になりますよね。

そんなコンプレックスから解放してくれるのが『プロテーゼ隆鼻術』

今回はバレずに鼻プロテーゼを入れるコツをお伝えしました!


皆さんも周りに気付かれずにコンプレックスを解消しませんか?

Related
関連する施術
GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

他院修正イメージ
美しい目鼻立ちを諦めたくないアナタへ。
再挑戦の道はここに!

他院修正手術は、他院で手術を受け、ご自身が満足のいく結果が得られなかったり、その後のアフターフォローが受けられないなどの場合に、当院で行う修正手術のことです。本来であれば手術を受けたクリニックでアフターフォローを受けることがお勧めですが、執刀医の技量が不足してい たり、執刀医との信頼関係を持てないな

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの鼻尖形成術です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ば

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理する鼻尖形成MAXです。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は

鼻柱下降術イメージ
小鼻にお悩みなアナタへ。
自然で理想的な鼻を手に入れよう!

鼻柱下降術は、小鼻の美しいラインを作るための術式です。 鼻柱とは、二つの鼻の穴を隔てている壁の先端の部分です。お顔を横から見たとき、鼻柱が小鼻に隠れて見えない患者様にお勧めする施術です。鼻尖形成術で鼻先を整え、耳の軟骨を鼻柱に縫い付けて鼻柱を下方に伸ばします。引っ込んでいる鼻柱を引き出し、下向きに変

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形