美容整形で団子鼻を解消する方法 鼻尖形成術とは
2023.2.5

団子鼻を解消する美容整形について!鼻尖形成の特徴や手順を解説します!

美容整形

団子鼻は日本人の特徴であり、メイクでカバーすることも難しいため、多くの人が抱えているコンプレックスでもあります。今回は団子鼻を解消するための美容整形術の方法や特徴、治療の流れをご紹介します。団子鼻でお悩みの方や美容整形に興味がある方だけでなく、美容整形に抵抗や不安を感じている方もぜひお読みください。

団子鼻の概要

団子鼻の概要

団子鼻は鼻先が丸みを帯び、小鼻が両側に広がった様子が団子のように見えることからそう呼ばれるようになったと言われています。

「団子鼻」というワードは多くの人が耳にする機会がありますが、団子鼻になってしまう原因を知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回は団子鼻が日本人に多い理由と主な原因について記述しますので、ぜひご覧ください。

日本人に多い

ヨーロッパなど海外の人は、鼻筋が通り鼻がシュッと高く、「羨ましい」と思う人は多いのではないでしょうか?

団子鼻が日本人に多いとされる理由は、西洋人と比べて遺伝的に鼻の皮膚が厚く脂肪が付きやすいからです。


皮膚の厚さは西洋人の平均が1.2mmなのに対し東洋人は平均2.9mmと2倍以上と言われています。

鼻先を触ったときに柔らかかったり、軟骨を確認できなかったりする方は、少し皮膚が厚めだと言えるでしょう。

主な原因

団子鼻になりやすい主な原因は、鼻についた脂肪と通常より厚い皮膚にあります。

これらは遺伝が大きく影響すると言われていますが、実は日常生活の中でも鼻を大きくしてしまう原因が潜んでいます。

「小鼻 マッサージ」などで検索するとさまざまなメディアや配信動画で鼻のマッサージ方法が紹介されていますが、誤った情報には注意が必要です。



鼻の骨は非常に柔らかいため、力を加え続けると変形してしまう恐れがあります。

また、力を入れたマッサージなどの強い刺激は皮膚を傷めます。

「皮膚が傷付く→再生する」のサイクルを繰り返すことも、皮膚が厚くなる原因となるため注意しましょう。

団子鼻は美容整形で解消できる?

団子鼻にコンプレックスを感じ、「整形したい」と思う方は少なくないでしょう。

団子鼻を美容整形手術で解消することはできます。

しかし元々の鼻の形の違いから全員に同じ内容の手術方法が適用するわけではありません。


美容整形を受けるうえで知っておいてほしいポイントを2点ご紹介します。

個人差がある

人それぞれお顔が違う様に鼻の形もさまざまであるため、施術方法もその方によって異なります。

たとえば特定の芸能人の顔のようになりたいと希望した場合、皆が皆同じメニューの施術を受けるわけではありません。

また鼻の整形手術は一通りではなく、ワシ鼻の方であれば骨を少し削る、高さが必要な方にはプロテーゼを用いるなど、いくつかの手術方法を組み合わせて行うことが一般的です。

そのため、ご負担いただく金額にも差異がありますことを予めご承知おきください。

医師の経験・技術による

先述したとおり、人それぞれ元々の鼻の形が異なるためなりたいお顔が同じだとしても皆が皆同じ施術内容ではありません。

そのため医師には適した施術方法を見極める経験と技術が欠かせなくなっています。

また整形手術を行う際、初めは誰もが不安を抱えています。

その不安を解消するためにお客様自身が納得いくまで徹底したカウンセリングを行うことも必要です。



カウンセリングの時点で不安が残ってしまうような医師に安心して手術を任せることができるでしょうか?

理想の鼻を手に入れるためには医師選びが最も重要だということを念頭に置いておいてください。

グローバルビューティークリニックでは経験豊富な医師が無料相談にお答えしています。是非お気軽にご利用ください。

団子鼻の美容整形なら鼻尖形成術

鼻尖形成術(びせんけいせいじゅつ)とはその名の通り鼻先(鼻尖)を形成する手術であり、団子鼻の整形手術に多く用いられる方法です。

ここからは鼻尖形成術の特徴、費用相場、治療の注意点をご紹介しています。

鼻尖形成術の特徴

鼻尖形成術とは鼻の余分な軟骨や脂肪を内側から取り除き、軟骨の広がりを糸で抑える方法です。

これにより、丸みを帯びぽってりとしたお鼻が細くシャープな印象に生まれ変わります。



手術は鼻の見えにくい部分から行うため、手術痕は目立たないことがほとんどですので安心してください。

効果は半永久的に持続しますので、団子鼻を解消したいと考えている方におすすめの方法と言えます。



また、どうしてもメスを入れるのが怖いという方に向け、切開を行わずに糸を埋没させ軟骨の広がりを抑えるプチ形成術も存在します。

ダウンタイムも少ないため「長く仕事や学校を休めない」といった忙しい方へもおすすめの方法です。

費用相場

鼻尖形成術の費用相場は以下の通りです。

・鼻尖形成術:約20~30万円
・切らない鼻尖形成術(プチ形成術):約30~35万円

治療の注意点

美容整形には必ずと言っていいほどダウンタイムというものが存在します。

ダウンタイムとは施術を受けた後から綺麗で安定した仕上がりになるまでの期間のことを指しますが、ダウンタイムには腫れや痛み、赤みや熱感といった炎症反応が起こります。

体調や体質、変化を加えた量などによって個人差はありますが、ほぼ全員に起こる反応です。



炎症を抑える方法や投薬は、必ず医師の指導を守るようにしましょう。

ダウンタイム中は手術跡が不自然に見えることがありますが、時間の経過と共に綺麗になっていきますので、手術跡を触ったり力を加えたりしないようにしてください。

鼻尖形成術で団子鼻を解消するまでの流れ

①カウンセリング
②手術(デザインの最終確認・施術)
③アフターケア


理想の鼻に近付くために必要な施術内容、お見積り金額の提示など、お客様がしっかりと納得して手術に臨んでいただけるよう、カウンセリングは十分に時間をかけて行います。

そのためカウンセリングと手術は別日に行う例が多いです。

デザインの確認は手術当日にも行います。不安点や疑問点などはしっかりと医師に伝え、妥協なく手術を受けるようにしましょう。



美容整形を行う前は多くの方が不安を抱えています。

そのため、カウンセリングを入念に行い、仕上がりイメージを妥協なくすり合わせていくことが大切です。

「説明が短い」「話を聞いてくれない」というような不安が残るようなカウンセリングでは、安心して手術を受けることはできません。

手術後に後悔しないためにも、手渡される資料など読んだだけでは分からない部分や疑問に感じた部分などは医師に相談しましょう。

鼻尖形成術と併用する方法

団子鼻の整形に鼻尖形成術という選択肢があるとお話しましたが、鼻の整形手術は基本的にいくつかの手術方法を組み合わせて行うことが一般的です。

下記では鼻尖形成術と併用されることの多い施術方法についてご紹介しています。

鼻翼縮小術

鼻翼縮小術とはその名の通り鼻翼(小鼻)の広がりを抑えて鼻をスッキリ見せるための手術方法です。

鼻翼縮小術には鼻の外側もしくは内側からメスを入れ小鼻の広がりを抑えるように縫い合わせていく方法や、余分な皮膚や脂肪を取り除き薄くする肉厚減幅術があります。

鼻尖部軟骨移植

鼻尖部軟骨移植(耳軟骨移植)はご自身の耳の軟骨を鼻尖部に移動し、高さを出したり鼻先を少し下に向けたりなど形を変えることのできる方法です。

移植後の鼻の傷はもちろん、軟骨を採取する際の傷もほとんど目立たないのがメリットです。

こちらも効果は半永久的に持続する手術方法です。

美容整形で団子鼻を解消するメリット

微笑んだ女性

顔のお悩みは一生付いて回るもののため、実は心身に大きな影響を与えていると言っても過言ではありません。

特に鼻の形はメイクでも変えることが難しいため、多くの方がストレスを感じている部位でもあります。

下記では団子鼻の悩みが解消されることによって起こるメリットをご紹介します。

短期間で効果を実感できる

団子鼻の整形手術は施術内容にもよりますが半日あれば終わることが多く、日帰りができる施術となっています。

術後のダウンタイム期間には個人差はありますが、一般的に1週間程度で目立った腫れや傷跡は落ち着くことがほとんどです。

長く悩んでいた時間から考えると、一瞬のように感じる早さで団子鼻が解消されます。

ダウンタイムの期間中はギブスや固定テープを用いる例もございますので、医師の指示を必ず守るようにしてください。

コンプレックスからの開放

美容整形で団子鼻を解消することの最大のメリットはコンプレックスからの開放といえます。

メイクでカバーすることもできず、SNSなどで発信されているマッサージを試しても効果が感じられないなど、努力しようのないことにストレスを感じてしまう方は少なくありません。


美容整形を行えば、理想の鼻を手に入れられるだけでなく、それが半永久的に持続します。

メイクをしなくてもスッピンに自信が持てるようになることは、大きなストレス解消方法ともいえるでしょう。

団子鼻の悩みを解消したいなら専門の医師に相談しよう

団子鼻のお悩みは自宅でなかなか解消できるものではありません。誤ったマッサージは逆に鼻を大きくしてしまうリスクがあります。

団子鼻にお悩みの方で美容整形を検討しているのであれば、まずは専門の医師に相談しましょう。

自分に適した手術の内容や掛かる金額などを明確にすることは大切です。



グローバルビューティークリニックではLINEカウンセリングを行っており、店舗に行く前にLINEで相談をすることが可能です。

「実際に行く勇気はまだないけど話を聞いてみたい」という方におすすめです。

下記のボタンからも無料相談を行っています。ぜひお気軽にご利用ください。

まとめ

・団子鼻を解消するのであれば鼻尖形成術がおすすめ
・鼻尖形成術は鼻翼縮小術や鼻尖部軟骨移植が併用されることが一般的


グローバルビューティークリニックではお客様1人1人丁寧に時間をかけてカウンセリングをさせていただいております。

美容整形術は手術内容以上に医師の経験と技術、お客様との仕上がりイメージのすり合わせが重要です。



身体にメスを入れることや金銭面など、美容整形に対する不安を全て解消してから手術に臨んでいただけることがベストだと考えています。

理想の自分を手に入れるためにも、不安や疑問に感じていることがあれば何度でも医師に相談しましょう。

Related
関連する施術
鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの鼻尖形成術です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ば

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理する鼻尖形成MAXです。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広

鼻尖部軟骨移植(耳軟骨移植)イメージ
わずかな調整も可能な自家軟骨移植で
美しい鼻を手に入れよう

ご自身の耳から取り出した軟骨(自家軟骨)や、医療用の軟骨を鼻先に移植することで、鼻尖部を高くする、下方向へ少し延長する、などの効果が期待できます。耳の軟骨を採取する場合、傷はほとんど目立ちません。医療用の軟骨は人体への親和性が高く、自家軟骨の採取不足による効果不足が起きないというメリットもあります。

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は

切らない鼻尖形成術(糸によるプチ形成)イメージ
メスが怖くても平気!自然で美しい鼻を諦めないで

小鼻の広がりは気になるけど、メスを使った施術には抵抗があるという患者様にお勧めです。糸を埋没させて左右の小鼻を縫い縮める施術方法で、小鼻を小さくし、丸みを減らすことができます。メスを使わず、開いた鼻翼軟骨を糸で中央に寄せることで鼻先をスッキリさせる施術方法です。メスを使わない施術のため回復が早く、腫

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形