マスクを着ける女性
2022.8.16

鼻ギプス装着時にマスクする際の注意点を解説|鼻ギプスが必要な期間の目安も紹介します

美容整形

鼻の美容整形をする際は、かなりの確率で鼻ギプス固定もしくはテーピング固定、またはその両方が必要となります。

鼻の美容整形を考えていらっしゃる方の中には「鼻ギプスはマスクで隠れるだろうか?」と不安に思われている方もいるでしょう。

施術後の鼻は大変デリケートな状態ですので、マスクをする場合いくつかの注意点があります。

また、鼻ギプスはどれくらいの期間必要なのかという目安も気になるところではないでしょうか。

今回は鼻ギプスの上からマスクをする際の注意点鼻ギプスが必要な期間の目安について解説します。

鼻ギプスはマスクで隠せる?

マスクをしている女性3

施術した鼻は形を保つため、数日間は鼻ギプス固定やテーピング固定を行いますが、鼻ギプスは施術の種類によって大きさやカバーする範囲が異なります。

例えば、鼻尖縮小術や鼻中隔延長術の場合の鼻ギプスは小さいので、少し大きめのマスクであれば十分隠すことが可能です。

隆鼻術、特に眉間プロテーゼ手術を伴う隆鼻術の場合、鼻の上の部分、つまり眉間や両目の間も鼻ギプスで覆うため鼻の上の部分だけはマスクから出てしまいます。

人によっては美容整形の施術を受けたということを隠すために「鼻の骨を骨折してしまったため形成外科で治療を受けた」と周囲の人に説明することがあるようです。

もし不安なようであれば、美容外科もしくはクリニックでカウンセリングを受ける際に相談してみてはいかがでしょうか。

鼻ギプスが必要になる可能性が高い美容整形の種類

お花の匂いを嗅ぐ女性

鼻の美容整形をしたからといって必ず鼻ギプスをするというわけではありません。施術によってテーピング固定をする場合、あるいはその両方があります。

それでは、どんな美容整形の場合に鼻ギプスが必要になるのでしょうか。5つほど例を挙げて解説します。

耳介軟骨移植

耳介軟骨移植は鼻の高さが欲しい方や鼻先の形を変えたい方に適した、耳介軟骨を採取して鼻先に移植して鼻先の向きや形を変える施術です。

まず、麻酔をして耳の後ろを2cmほど切開して耳介軟骨を取り出し、耳の後ろを圧迫しながら縫合します。

次は、採取した耳介軟骨を慎重にカットしたり重ねたりして目的の鼻の形にフィットさせるように調節します。この施術によって鼻を上向き、前方向き、斜め下向きに調整することが目的です。

そして鼻の穴を切開し、鼻先に耳介軟骨を移植し形を整えたら縫合します。

鼻翼軟骨の上や奥に耳介軟骨を入れることによって鼻先の形を調整するため、縫合を終えた後鼻の形を固定して支えるため鼻ギプスが必要です。

お客様ご自身の自家組織を使うので自然な仕上がりになると人気の施術です。

鼻尖縮小術

鼻尖縮小術は日本人に多い団子鼻や幅のある小鼻に悩む方に適した施術です。

切開する鼻の穴の中にマーキングをした後、局所麻酔をかけて鼻先を切開します。
切開部位は鼻の穴の中で目立ちにくいのでご安心下さい。

その後、鼻の脂肪や鼻翼軟骨の一部を切除し、左右の鼻翼軟骨を中央に寄せて縫合することで鼻の横幅を縮小し、鼻筋をシャープにして「ツンと尖った細く通った鼻」を作ることができるのです。

後述の隆鼻術と一緒にしてしまうことが多い施術です。鼻尖縮小術も、軟骨を切除して縫合した部分を鼻ギプスで覆います。

鼻中隔延長術

鼻中隔とはご存知の通り両方の鼻の穴を隔てる中仕切りですが、ここが短いと正面から鼻の穴が見えて、目立ってしまうことがあり、悩む方の多い部分です。

鼻中隔延長術では、鼻中隔に患者様ご自身の耳介軟骨を移植して延長した先に鼻翼軟骨を縫い付け、鼻尖を下げることにより鼻が長くなるため、豚鼻や短い鼻に悩む方に適した施術です。

施術方法は、まずマーキングした部分を切開し、耳の後ろを切開して採取した耳介軟骨を鼻先に移植します。

それと同時に、鼻翼軟骨をもともとの位置から少し斜め下へずらし、鼻先が斜め下になるように調整してから縫合します。

隆鼻術

鼻を高くする施術なので、施術後には顔の彫りが自然と深くなり立体感が出ます。
顔が平たい方目が離れている方立体的な顔になりたい方に適した施術です。

隆鼻術ではシリコンプロテーゼを入れるか、お客様ご自身の自家組織を移植するかの
2パターンがありますが、鼻先の形を整える鼻尖形成術も一緒に手術してしまうことが多いです。

まず鼻にマーキングをしてから鼻の穴の中を数ミリ切開し、骨膜を剥離します。空間を確保するための切開ですが、鼻の穴の中なので縫合し治ってしまえば傷は目立ちません。

耳の後ろを切開して採取した自家組織あるいはシリコンプロテーゼを鼻筋に入れて高さを出します。

自家組織は鼻筋に移植すると同時に鼻先にも移植することで鼻先の形や高さも整えることができます。

ハンプ切除

鷲鼻の女性

ハンプ、つまり鷲鼻の高い位置の出っ張りを切除することでスラッと真っ直ぐで女性的なラインの鼻を手に入れたい方に適した施術です。

施術方法はまず麻酔をかけた後、鼻の穴の中を3~5ミリ程度切開し、そこから専用のノミでハンプを削ります。

ハンプが大きい場合、鼻骨骨切りを組み合わせることもありますが、日本人の場合そこまで必要でないことが多いです。

そして切除面をならした後、丁寧に縫合します。
鼻ギプスは3日程度装着して固定することが一般的です。

ちなみに、ハンプは鼻骨そのものが出っ張っているため、鼻のマッサージや鼻を叩くことで改善することはありません。

誤ったマッサージや刺激は肌を痛める恐れがあるためお控えください。

鼻ギプスの必要性

カウンセリングを受ける女性(鏡・鼻・悩む)

鼻ギプスは術後の鼻の形態を維持し守るために必要な装具です。

もともとお客様はより綺麗な鼻を求めて施術されると思うのですが、
どんなに腕の良い医師であっても厳密に左右対称な鼻にすることはできません。

人間の顔はもともと完璧な左右対称ではなく、どんな方でも少し非対称な部分があり、完璧な左右対称はほぼ不可能です。

ただ、せっかく施術をされるのであれば、理想の形をした鼻に近付けたいと望むものでしょう。

鼻ギプスは手術したばかりでまだ不安定な鼻を支え、理想的な形のまま保持する働きがあります。

また、外のバイ菌やウイルスが患部に入る感染症などのリスクから守ってくれる働きもあります。

鼻ギプス装着時にマスクする際の注意点

指をさすビジネスウーマン

鼻ギプスを装着している時にマスクする際の注意点ですが主に2つあります。

項目ごとに解説していきますので、ぜひご参考になさって下さい。

圧力をかけない

頬にファンデーションを塗るメイク中の女性

もともと鼻ギプスは術後の鼻筋と鼻先の形を保つためという目的がメインです。

鼻ギプスの上から強い圧力がかかってしまうと、その目的が十分に働かない恐れがあります。

・うつぶせ寝を避ける
・ダウンタイム中は長時間の眼鏡着用を避ける
・傷口が治るにつれてかゆみが出るが、さわらない
・鼻ギプス以外の部分のメイクは可能だが、拭き取りメイク落としを使用する

上記のようになるべく鼻に圧力をかけないようにしましょう。

清潔なマスクの使用する

カラーマスクとネイル

手術後の傷口は清潔に保たなければいけません。マスクは清潔なものを使用しましょう。特に下記のような場合にはマスクを交換しておくと良いでしょう。

・人ごみの中へ出かけた後
・マスクが汚れた後
・病院やクリニックなど菌が多いかもしれない場所へ出かけた後

常に清潔な状態を保つことで、傷口への菌の侵入や感染症リスクを避けることができます。

術後の鼻ギプスが必要な期間の目安

リビングで座りながら手帳にメモを書く主婦

鼻ギプスが必要な期間は一般的に3~5日程度ですが、施術の種類にもよって異なり、個人差もあります。

ギプスを付けている間は違和感を感じることがあります。人によってはかゆみを感じることもありますが、ギプスをご自身で外すのはやめましょう。

かゆみが気になる際は施術したクリニックへ相談し、医師と一緒に解決策を考えることが大切です。

ダウンタイム期間の鼻ギプス以外の注意点

小さいスケッチブックを持つTシャツを着た若い女性

ダウンタイム期間に鼻ギプス以外に気を付けたい点もいくつかあります。

ここでは3つほど例を解説します。

運動を控える

体育座りで楽しそうにスマホを見る女性

運動をすると、どうしても血流が良くなりスッキリした気分になりますが、ダウンタイム中の運動は様々なリスクを招きます。。

健康な時はそれでも良いのですが、術後に運動で血流が良くなると、腫れや痛みがひどくなったり、場合によっては内出血してしまう恐れがあります。

また、運動によって汗をかくことは患部の衛生上あまり良くありません。感染症のリスクも高まるため、ダウンタイム期間中の運動は避けましょう。

塩分を摂りすぎない

キッチンで野菜を持つ女性(笑顔)

「浸透圧」という言葉をお存知でしょうか。

簡単にいえば、塩分を摂ることによって血液中の水分量が増え、高血圧の状態になることです。

血圧が高くなると傷口からの出血のリスクが増えます。

普段から塩分が高すぎる食事は避けた方が良いですが、ダウンタイム期間中は特に塩分の摂りすぎに気をつけましょう。

睡眠時間を確保する

微笑みながら寝る女性

鼻ギプスの装着に関する悩みは専門の医師に相談しよう

男性医師

鼻ギプスへの不安はたくさんあるものです。ご自身の中でずっと不安を抱えているのではなく、施術を受けた、または受ける予定のクリニックの医師に相談してみて下さい。

インターネットの情報やクチコミ、色々と情報がある中でかえって混乱してしまう場合もあるのではないでしょうか。

そういう時は、専門の医師ならばきっとあなたが納得できる答えをお伝えするはずです。

鼻ギプスのこと、術後のことなどを不安に思ったまま先に進めないのはもったいないです。

医学的・専門的な助言ができる、専門の医師に思い切ってご相談ください。

当院では施術の種類やお客様の体質に合わせ、「鼻ギプス固定の代わりにテーピング固定で良い」などと臨機応変な対応をしております。

LINEカウンセリングなども行っているため、ご不安なことがあればお気軽にご相談ください。

まとめ

ジョギングをする女性

鼻ギプスへの不安や疑問がある方は多いですが、ここでは鼻ギプス装着時にマスクする際の注意点について解説しました。

美容整形とは麻酔を伴う手術であり、また、決して安価なものではありません。
ご自分の顔に関わることでもあり、不安に思う方は多いです。施術には勇気が要ります。

しかし、専門の医師の施術を受け、術後のアフターケアや衛生にも十分に気をつければ、リスクを最小に減らすことが可能です。

一生コンプレックスと共に生き、鏡を見るたびに自分の顔に残念な気持ちになるようであれば、思い切って美容整形を受けて、自分が理想とする顔になって生きるというのもまた選択肢です。

今回の記事が、そのための一歩を踏み出したい方や勇気を出して新しい自分に生まれ変わりたい方々の参考になれば幸いです。

当院では無料カウンセリングを実施しています。
鼻にお悩みのある方は、グローバルビューティークリニックにお気軽にご相談ください。

Category
記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
Category 01
新着記事
Category 02
アンチエイジング
Category 03
鼻整形
Category 04
美容整形