悩む女性のイメージ
2024.6.19

糸リフトと脂肪吸引を同時に受けるメリットとは?同時に行うデメリットや注意点もご紹介します!

美容整形

最近は、糸リフトやヒアルロン酸注射、ボトックス注射など気軽に受けられる美容医療が増え、たるみやフェイスラインの悩みを解消しやすくなりました。

中でも、フェイスラインを引き上げ小顔になりたい方には糸リフトが人気です。

今回はそんな糸リフトの効果をより高めるために、脂肪吸引との同時施術についてお話しします。

まずは糸リフトや脂肪吸引の施術について詳しくみていきましょう。

糸リフト・脂肪吸引の施術内容

みなさんは糸リフトや脂肪吸引の施術内容を詳しくご存じですか?

興味はあってもどのような施術なのかよくわからない、という方も多くいらっしゃいます。

まずは糸リフトや脂肪吸引の施術内容について理解を深めていきましょう。

糸リフトってどんな施術?

医療用の糸を皮膚に挿入し、糸の力で物理的に肌を引きあげる糸リフト。

たるみ、ほうれい線、口周りのもたつきなどを解消したい方におすすめの美容施術です。

【糸リフトの種類】
・溶ける糸
・溶けない糸


安全面や身体への負担を考慮して、最近は溶ける糸が主流となっています。



皮下組織に挿入された糸は1~2年ほどかけて少しずつ体内に吸収されていきます。

そのため、効果が永久に続くことはありません。

しかし、ダウンタイムが比較的短い点や、気になる箇所にピンポイントでアプローチできる点などメリットも多い施術ですよ。

脂肪吸引ってどんな施術?

脂肪吸引ではカニューレと呼ばれる吸引機器を使って脂肪を取り除きます。

顔だけではなくボディへの施術も可能ですよ。

脂肪吸引最大のメリットは、短期間で確実な効果が得られる点。

脂肪そのものを取り除くため、ハイフ、ボトックス、脂肪溶解注射では物足りなさを感じていた方にもおすすめです。



また、脂肪そのものがなくなるため、リバウンドしにくい点もメリットですね。

痩せたい部分と痩せたくない部分が混在している方にも適した施術といえます。

同時に受けることは可能?

横になる女性のイメージ

糸リフトと脂肪吸引は組み合わせて受けることが可能です。

同時に施術を行うことでそれぞれのメリットが相乗効果を生みます。

そのため、理想のフェイスラインや小顔効果を目指せますよ。

大きな変化を得たい方や脂肪もたるみも取りたい方には、糸リフトと脂肪吸引を組み合わせた施術がおすすめです。

同時に受けるメリット

糸リフトと脂肪吸引を組み合わせることで、どのようなメリットが生まれるのでしょうか?

より高い効果が得られる理由について詳しくみていきましょう。

効果が長続きする

糸リフトはたるみ改善に効果的な施術ではありますが、脂肪が多いと糸に重みがかかります。

糸に負担がかかると、ひきつれを起こしたり、すぐに元に戻ってしまいます。



脂肪吸引によって余分な脂肪を除去したうえで糸リフトを行うとどうでしょうか?

糸にかかる負担が軽減されるので、効果が長続きしやすくなります。

引き締まった仕上がりになる

糸リフトと脂肪吸引を組み合わせると、ナチュラルな仕上がりが期待できます。

例えば脂肪吸引だけを行った場合、人によっては脂肪が減ったことで皮膚がたるんでしまいます。

肌のたるみは風船をイメージするとわかりやすいかもしれません。

一度膨らませた風船をしぼませると、風船はハリを失いシワやたるみができてしまいます。



同様に急激に脂肪が減った部分は、表面の皮膚がたるんだり垂れたりする恐れがあります。

そのため、皮膚を引きあげる糸リフトを同時に行うことで、ハリのある引き締まった仕上がりが期待できます。

ダウンタイムが短くなる

脂肪吸引はダウンタイムが比較的長い施術です。

しかし、細いカニューレを使用したり、

段階的に脂肪を取り除くことでダウンタイムが軽減します。



また、糸リフトと同時に行うことでそれぞれのダウンタイムを一度で終わらせることが可能です。

脂肪吸引のダウンタイムが完了してから糸リフトを受けた場合、合計2回のダウンタイムを経験することになります。



ただし、腫れやむくみ、内出血などは脂肪の吸引量や体質によって異なります。

ダウンタイムがゼロになるというものではないことも理解しておきましょう。

フェイスラインへの効果が高い

糸リフトと脂肪吸引を同時に行った場合、フェイスラインへのさらなる効果が期待できます。

同時施術の場合、たるみや顔の大きさの原因となる脂肪を取り除きながら糸で肌を引き上げます。

フェイスラインやあご下は脂肪が落ちづらい部分の一つ。

脂肪が原因でたるみが目立ってしまいます。

この部分の吸引と引き上げを同時に行うことで、

理想のフェイスラインに近づきやすくなりますよ。

糸リフトや脂肪吸引のデメリット

糸リフトと脂肪吸引の同時施術には数多くのメリットがあります。

しかし、デメリットやリスクもゼロではありません。

それぞれの施術のデメリットを理解したうえで施術を検討すると良いでしょう。

糸リフトのデメリット

・効果の持続期間は1~2年
・ひきつれのリスク
・効果が実感できないことも


効果が実感できない、と聞くと不安になるかもしれません。

しかし、これは引き上げたいたるみに対して糸が足りていない場合に起こります。

適正な本数を挿入し、線ではなく面で持ち上げるようなイメージで挿入できるとより効果が得られますよ。

脂肪吸引のデメリット

・ダウンタイムが長い
・費用が高額になりやすい
・仕上がりが不自然になることも
・皮膚がたるむかのうせい
・出血のリスク
・感染症のリスク
・感覚異常のリスク


このように脂肪吸引には糸リフトよりも多くのデメリットが考えられます。

極めてまれですが、脂肪吸引時に周辺組織を傷つけてしまうと、出血や感覚麻痺などの思わぬ事故が起こる可能性があります。

効果が大きい分、身体への負担が大きく、術後の腫れや痛み、むくみなども生じやすいのです。



しかし、身体へのダメージを最小限に抑えることでリスクは回避できます。

安全対策がしっかりと行われており、アフターフォローが充実したクリニックを選ぶようにしましょう。

糸リフトと脂肪吸引を組み合わせる際の注意点

カウンセリング中の風景

糸リフトと脂肪吸引を同時に行う際の注意点をいくつかご紹介します。

それぞれのリスクを回避し、理想の仕上がりに近づくためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか?

順番にみていきましょう。

脂肪を吸引しすぎない

顔の脂肪吸引では脂肪を吸引しすぎないことが大切です。

【脂肪を吸引しすぎると】
・頬がこける
・表面が凸凹になる
・やつれて見える


このように、吸引する脂肪の量によっては見た目に影響が出ます。

年齢を重ねていく中で若々しい印象を保つためには、お顔に最低限の脂肪を残しておくことも大切です。

医師のセンスも問われる部分ですから、将来のお顔の変化にも配慮してくれる医師を選びましょう。

クリニック選び

お伝えしたように、脂肪吸引にはリスクがあり、気軽に行える美容整形とは言えません。

【クリニック選びのポイント】
・術後のアフターフォローが充実している
・カウンセリングを大切にしている
・症例数が多い など


このようなポイントを事前にチェックしておきましょう。

思わぬ事故やトラブルを回避するためにも、信頼できるクリニック選びは大切です。

セカンドオピニオン

中にはクリニックや医師によって診断が異なる場合も。

顔の状態によっては脂肪吸引が必要ではない場合もありますし、糸リフトだけで理想の変化が得られる場合もあるでしょう。

1つのクリニックのカウンセリングだけで決めず、セカンドオピニオンを活用してクリニックを比較することも大切です。



また、カウンセリングに不安が残る場合も、セカンドオピニオンで解決できる場合があります。

複数の医師の診断を比較し、心して任せることのできる安クリニックを選ぶことをおすすめします。

費用の目安

糸リフトと脂肪吸引は組み合わせることで、それぞれを別で受けるよりも費用が安くなる傾向にあります。

糸リフトと脂肪吸引を同時に行う場合、40~90万円ほどが目安となります。

挿入する糸の本数、脂肪吸引の範囲によっても費用は変わるため、クリニックによって異なります。



費用もクリニックを決める上で重要なポイントですよね。

カウンセリングを受けるときは、詳細な内訳まで確認しておくと良いですよ。

美しいフェイスラインを手に入れたい方は

美しいフェイスラインは顔の魅力を倍増させます。

しかし、フェイスラインは体重増加、加齢に伴うたるみ、肌の老化などで崩れやすい部分。

体系の維持やスキンケアなど努力で補える部分もありますが、加齢や皮膚の老化には抗えません。



美容医療の力を借りることで、自力ではどうにもならない部分にアプローチできます。

ただし、美容施術にはデメリットやリスクがあります。

当院では身体の負担に配慮し、美しく自然な仕上がりが得られるよう工夫して施術を行っています。

フェイスラインやたるみで悩まれている方は、まずはカウンセリングにお越しください。

まとめ

キュッと引き締まったフェイスラインは多くの方の憧れです。

糸リフトと脂肪吸引の合わせ技は、美しいフェイスラインや小顔を手に入れるために効果の高い方法です。



デメリットもありますが、思わぬ副作用は回避できます。

リスクや注意点をしっかりと理解し、信頼できる医師の施術を受けるようにしましょう。

たるみやフェイスラインが気になる方は、施術を組み合わせることも視野に入れて是非ご検討ください。

Related
関連する施術
傷のつかない固定型糸リフト イメージ
こっそり。でもしっかり、
フェイスラインをキープ

トゲのついた溶ける糸を頬やフェイスラインに通すリフトアップ治療です。糸を深側頭筋膜に固定することで中下顔面のたるみをしっかりと持ち上げることができ、ほうれい線やフェイスラインのもたつきをすっきり整えます。顔には傷や針穴がつかないため、施術後にメイクをしてお帰りいただける画期的なたるみ・小顔治療です。

あご下すっきり糸リフト
アゴ下のたるみを解消して二重アゴにくびれ!隠しきれない首のシワもスッキリ!

トゲのついた溶ける糸を顔やフェイスラインに通し、切らずにリフトアップできるのが糸リフト施術です。首やアゴ下に糸を通すことでたるみやもたつきを引き上げてシャープな輪郭に、老けて見える首のシワをスッキリさせます。また、糸を挿入した刺激により周囲の細胞が活性化され、コラーゲン生成が促進され皮膚のハリと弾力

GBC精密脂肪吸引イメージ
GBCの脂肪吸引

通常の吸引管より極細のタイプを用いることで、より精密に脂肪吸引を行う施術方法です。さらに体内の脂肪層を段階的に分けて吸引し、凹凸のないなめらかなボディラインをつくります。一般的な脂肪吸引は、施術後の可能性としてお肌に凹凸が発生する問題がありますが、この方法なら凹凸ができにくく、なめらかで自然な仕上が

BNLS注射イメージ
気になる顔の脂肪を注射で簡単に脂肪溶解『BNLSファットバーン注射』

BNLSファットバーンは植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射です。脂肪溶解作用だけでなく、溶解した脂肪や老廃物の体外への排出を促進させる作用もあります。従来のBNLSアルティメットに比べ、脂肪溶解成分のデオキシコール酸の含有量が0.02%から0.1%に増量され、脂肪溶解効果がアップしました

脂肪を分解して体外に排出!切らずに部分やせ治療

食事制限や運動ではなかなか落ちづらい脂肪。脂肪溶解注射は、全身の気になる部位に注射することで脂肪細胞そのものを分解し、体外に排出して脂肪細胞を減少させます。ダイエットをしても脂肪細胞の数は減らず、 細胞の大きさが小さくなるだけなので、ちょっと油断をすると元の体型にリバウンドしてしまいます。脂肪溶解注

    HIFU スマートソニック(ウルトラリフト)イメージ
    超音波は偉大。
    切らずにできるフェイスリフト

    高密度焦点式超音波を用いた治療です。フェイスリフトの手術でキーとなる「SMAS筋膜」という筋膜をターゲットにしています。皮下4.5mm、3mmの深さに収束する超音波を照射することで筋膜が収縮しリフトアップ効果が得られます。引き締め効果の高い高周波機器(イントラジェン)と併用することでより効果が高まり

    HIFU ウルトラセルQ+リニアイメージ
    ボディの気になる箇所・部分痩せに特化した治療

    LinearFirmという特殊なカートリッジを使用することで『脂肪溶解』を実現します。従来のHIFUは点状照射であったのに対し、LinearFirmカートリッジは線状照射になっているため皮膚組織に広範囲に熱エネルギーを与えられ、適切な熱伝導率により脂肪細胞を破壊し、時間をかけて体外に排出されます。H

    Category
    記事のカテゴリーとキーワードをご紹介
    Category 01
    新着記事
    Category 02
    杉崎理事長の著書
    Category 03
    鼻の整形
    Category 04
    目の整形
    Category 05
    美容整形
    Category 06
    美容皮膚科