執刀ドクター杉崎 裕斗
20代

目の下のクマ・たるみ劇的改善!~最強のコラボレーション治療~

【目の下の切らないたるみ取り】
目の下の眼窩脂肪が、たるみによって前にせり出してくることで「目袋」が出っ張り、さらにその下の脂肪が下にさがってボリュームがなくなる事によって「目の下のクマ」が強調されます。『目の下の切らないたるみ取り』では、その眼窩脂肪を瞼の裏側からアプローチして除去することで「目袋」の出っ張りをなくし、さらにその下の窪んだ部分に脂肪(フィラーゲラー※マイクロCRF)を注入することでふっくらさせ、若々しい印象を作り出します。

【フィラーゲラー(マイクロCRF注入術)】
脂肪が非常に細かい粒子まで精製されているので極細の針で注入できます。
直後でも、針穴すら目立ちません。さらに脂肪が極限まで濃縮されているので、定着率が驚異の90%近くに高まっています。その為、脂肪を余分に注入する必要がなく、腫れ等のダウンタイムが少ないのが特徴の一つです。即日メイクも可能です。

この方は、当初は、ヒアルロン酸注入のみでのクマ治療をお考えでしたが、カウンセリングの結果、ヒアルロン酸注入ではすぐに体内に吸収されてしまう為、目の下のクマをしっかり治療できる『目の下の切らないたるみ取り』『マイクロCRF(フィラーゲラー)注入術』をする方針となりました。

症例写真

術後の経過

(術前 ⇒ 術後1ヶ月)
極細の針で注入する為、『フィラーゲラー(マイクロCRF注入術)』ではこれまでの脂肪注入術(リッチフェイス、LDFFなど)では困難だった非常に細かいシワにまで幅広く対応可能。
当然仕上がりのクオリティーも格段に上です!

目の下のクマ”がスッキリ!お顔全体の印象がパッと明るくなりました。目元にハリ、艶が出ています。
高濃度の脂肪幹細胞が皮下に注入されると、皮膚の再生も促され、肌質も綺麗に改善するという効果も分かっております。お写真で見ても、目元にハリ、艶が出ているのがわかります。
目の下に薄く黄色い内出血がまだ少し見受けられますが、目の下の凹凸がなくなりフラットになっています。もう既に目の下の窪みは綺麗です。

施術のリスク

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、感染等

治療の詳細

目の下の切らないたるみ取りイメージ
忙しいアナタでも大丈夫!
スッキリ若々しい目を取り戻そう!

目の下の余分な脂肪を除去する施術です。施術の傷跡はまぶたの裏側なので、お顔表面に傷が残りません。 1時間程度の短時間で終わるため、忙しい会社員や主婦の方にも人気です。

下まぶたの膨らみには「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という余分な脂肪が溜まっています。この余分な脂肪を取り除くことで、下まぶたのたるみを解消する施術です。

脂肪除去後のくぼみを埋めるために、脂肪注入術(目の下〜ゴルゴ)を同時に行うことで、美しいハリが蘇り、ふっくらとした若々しい印象にすることができます。

マイクロCRFイメージ
半永久的に効果が持続!
注入当日から効果を実感できます!

患者様ご自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。ヒアルロン酸注入は効果の持続性が限定的ですが、こちらは効果が半永久的です。最強のエイジングケア法ともいわれています。患者様自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。注入当日から効果を実感できるため、早くから効果を得たいという方におすすめです。定着率が90%以上で、長い間施術を持たせ効果が半永久的に続くというメリットがあります。100%無添加な製剤であり、不純物が含まれていないため、注入した脂肪が石灰化したり、しこりになってしまう心配がありません。また良質な幹細胞が多数含まれているため、注入部の肌質の改善へもつながります。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

料金表

関連する症例

目の下のクマ・たるみ劇的改善!~最強のコラボレーション治療~

【目の下の切らないたるみ取り】目の下の眼窩脂肪が、たるみによって前にせり出してくることで「目袋」が出っ張り、さらにその下の脂肪が下にさがってボリュームがなくなる事によって「目の下のクマ」が強調されます。『目の下の切らないたるみ取り』では、そ

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、感染等

目の下のクマ・たるみ劇的改善!~最強のコラボレーション治療~

【目の下の切らないたるみ取り】目の下の眼窩脂肪が、たるみによって前にせり出してくることで「目袋」が出っ張り、さらにその下の脂肪が下にさがってボリュームがなくなる事によって「目の下のクマ」が強調されます。『目の下の切らないたるみ取り』では、そ

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、感染等

【二重術:埋没(エターナル)法】

写真はエターナル法術直後の方。エターナル法は埋没法の一種で、メスを使わず、医療用の極細の糸を使って、二重を形成していきます。一般的な点留めではなく、ループ状に結び、糸をクロスさせるため、最も取れにくいと言われている手法です。瞼が厚めの方でも

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。術後は感覚が鈍くなる場合がありますが、次第に改善します。 術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。 耳のラインに沿って切開する為、切開後の傷は目立たないところにありますが、次第にほぼ分からなくなります。 感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。