薄毛治療・AGA

aga
薄毛治療・AGAイメージ

GBCのre:gronaireプロジェクト

当院では「若ハゲに悩む100万人以上の若者に、毛髪が再び生える喜びを感じてもらいたい」という想いから毛髪治療をスタートしました。そのため、自分の遺伝子からAGAリスクを知ることのできる無料の「遺伝子検査」や、薄毛治療のための「処方薬」を、スタートしやすい価格で提供しています。頭髪にお悩みの方や将来のリスクが気になる方は、当院の治療を始めてみませんか? まずはお気軽にご相談ください。

コンセプト

先手必勝!ハゲる前に手を打つ

薄毛治療のひとつに「植毛」があります。これは、自らの毛根を薄毛の気になる部分に埋め込む手術。過激な意見ですが、我々は世の中から植毛治療をなくしたいと考えています。それは、この手術が薄毛の進行をとどめることなく、手遅れになって初めて有用な治療だからです。

若ハゲを未然に防ぐには
おのれを知るべし

これからは薄毛を予測して、事前に対処する時代。特に脱毛ホルモンと呼ばれる「ジヒドロテストステロン」は、男性ホルモンの分泌が盛んな20代に最も影響を及ぼします。この時期に適切なAGA対策を行うことが、若ハゲ改善に最も効果的であると考えられます。そのために当院では、希望する20代の若者全てに、自分の体質を知ることのできる「AGA遺伝子検査」をはじめとした5種類の診療検査を無料で行い、医学的に発毛効果の認められている内服薬をスタートしやすい価格でご提供します。

施術の特徴

AGAとは?

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性ホルモンの影響が主な要因とされる「男性型脱毛症」のことを指します。生え際(M字部分)や頭頂部の毛髪が薄くなったり、全体的に髪が薄くなるのが特徴です。日本人では、20代以降の成人男性の3人に1人は薄毛に悩みを持っていると言われていますが、早い方では10代から薄毛が始まる方もいます。
遺伝的要素や年齢などの要素が絡み合って発生する生理的な自然現象ですが、AGAは進行性があるため、治療を行わずに放置すると抜け毛や薄毛が目立つようになります。

AGAの原因

AGAの原因には遺伝や年齢、生活環境の乱れなどが挙げられますが、男性ホルモン(テストステロン)の影響が最大の原因と考えられています。
男性ホルモンの一種であるテストステロンが還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことによって、脱毛ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」がつくられます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、成長期が終了してしまい、髪の毛が太く成長する前に抜けてしまいます。このサイクルが繰り返されることで、細く短い毛髪が多くなり、薄毛が目立つようになってしまいます。

AGAの分類

薄毛の進行度合いは、I型からVII型まで以下のように分類されます。これはアメリカのハミルトン医師が作った「ハミルトン・ノーウッドの分類」と呼ばれる薄毛の進行度を判定する指標です。
頭頂部のつむじから進行する「O型」パターン、額の生え際から進行する「M型」パターン、前頭部が全体的に後退していくパターンと、大きく3つのパターンに分けられます。

その他の脱毛の原因
  • びまん性脱毛症女性に多い「びまん性脱毛症」は、頭髪全体が薄くなるのが特徴です。加齢によって女性ホルモンが減少したり、精神的ストレスや疲労などによって休止期の毛髪が増加することで起こると考えられています。
  • 円形脱毛症円形や楕円形の脱毛が突然に生じる「円形脱毛症」。毛根を異物と間違えて攻撃してしまう、自己免疫疾患が原因と考えられていますが、はっきりとした原因は解明されていません。精神的ストレスや遺伝、アトピーなどが要因と考えられています。

治療メニュー

re:gronaire コースメニューイメージ
当院オリジナルの
複合治療

AGAは毛髪サイクルが乱れていることが原因であり、治療せずに放置して治るものではありません。髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで作られますが、毛母細胞には寿命があり、死滅した後に治療を行っても効果は見込めません。発毛を望むのであれば、毛母細胞の寿命を迎える前に治療を開始し、正常なヘアサイクルに戻すことが大切です。長期にわたって毛根自体を活性化するための成長因子の注入と、AGA進行を抑制しながら発毛効果が期待できる高濃度発毛薬を組み合わせた、当院オリジナルの複合治療です。

成長因子注入療法イメージ
毛根だっていたわってほしい。
成長因子で毛根に力を

毛根を活性化する成長因子(BENEV GF+)を配合した高濃度カクテルの注入療法当院では、米国BENEV社製の良質なヒト由来の成長因子「BENEV GF+」を使用しています。健康な毛包をつくり、正常な毛周期を回復させる成長因子「ケラチン細胞成長因子(KGF)」が、従来の約70倍含まれています。さらに、発毛・育毛に欠かせない「肝細胞増殖因子(HGF-1)」「インスリン様成長因子(IGF)」「線維芽細胞増殖因子(bFGF)」「血管内皮細胞増殖因子(VEGF)」などを含有しており、毛包と毛周期の正常な健全な回復を目指します。特殊な電気パルスにより成長因子を浸透させる方法と、頭皮の痛みや毛穴などへの負担が少ないダーマペンによる施術の、いずれかを選択できます。自分の頭皮や髪の毛に対して効果を発揮するため、自分の髪の毛の再生治療をしたい、かつらや植毛に頼りたくないという方におすすめです。毛髪再生のスピードが速いため、早期に状態を改善したい方におすすめです。

オリジナル発毛薬・サプリメントイメージ
ここでしか試せない!
女性にも試してほしいオリジナル薬

AGA進行を抑制&発毛効果が期待できるミノキシジル薬剤などを主成分とした高濃度発毛薬とサプリメント処方です。抜け毛予防・発毛に有効な成分と、体質改善を目的とした内服薬と外用薬、育毛サプリメントのセット。一人ひとりの体質に合わせて処方されます。体質を改善しながら発毛の治療をしたい方や自分に合わせたオリジナルの治療をして早く効果を得たい方におすすめです。また女性でも使えるセットもあるため、女性の薄毛でお悩みの方にもおすすめです。

薄毛治療 一般薬イメージ
ハゲはお薬で予防できる

AGAの原因と考えられている男性ホルモンに働きかけて薄毛の進行に歯止めをかけたり、新たな発毛を促す治療薬を処方します。日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインで、クラスAの最高評価(最も薄毛治療に有効)を得ている、フィナステリドとミノキシジルの薬剤をご用意しています。AGAの原因と考えられている男性ホルモンに働きかけ薄毛の進行に歯止めをかけ、新たな発毛を促す治療薬です。副作用の危険性もあるため、服用は必ず医師の指示に従ってください。

施術の流れ

  • 1

    受付・問診表の記入

    無料カウンセリングをご予約したのちに、ご来院いただきます。受付後に、薄毛の状態を確認するための問診票にご記入いただきます。その後、血圧測定を行います。

  • 2

    発毛専門医による診察

    問診表を拝見しながら、発毛専門医が頭髪と頭皮の状態を診察します。さらに、薄毛の原因がAGA(男性型脱毛症)以外である場合もあるため、身体の健康状態もお聞きします。そのうえで、どの治療が適しているかを総合的に判断します。

  • 3

    カウンセリング

    毛髪治療専門のカウンセラーが、お悩みや不安などをお伺いしながら、マイクロスコープによる頭皮チェックを行います。その後、治療の内容や費用について、十分ご理解いただけるようご説明します。カウンセリング後には、AGA遺伝子検査を行います。

  • 4

    治療開始

    ご同意いただいたのちに、治療をスタートします。
    【頭部の写真撮影』発毛効果の検証のために、頭部を写真撮影します。
    【血液検査】AGA治療薬が身体に影響がないかどうかを判断するため、血液検査を行います。
    【発毛治療】医師の診断のもとAGA治療薬を処方し、薬剤の説明を行います。ご希望の方には、注入治療やヘアアートメイクも行います。

  • 5

    通院

    【約1~2ヶ月ごとの診療】施術や手術後はもちろん、AGA治療薬を処方された患者さまも、経過を見るために医師による定期検診を行っています。その際に、頭部写真撮影を行います。
    【治療薬の処方】患者さま一人ひとりに合わせたAGA治療薬の処方を行います。

    ※1~2ヶ月に1回程度、頭皮の診察と検診および健康状況の確認のため、通院いただきます。その際に、1~2ヶ月分のAGA治療薬を処方します

注意事項
  • 持病や通院中の方は、当日治療が難しい場合があります。
  • がん、心臓疾患、脳梗塞で現在治療中の方は、当院の治療はお受けできません。
  • 薬を服用している場合は、予約時にあらかじめご連絡ください。
  • 初診時は、受付から治療まで1時間半~2時間程度お時間をいただいております。

キャンペーン中

キャンペーン期間:2021年02月10日まで 2021.1.3

杉崎院長バースデー記念キャンペーン

全外科手術42%OFF1/10は杉崎院長理事長の42歳の誕生日1/10〜2/10までの1ヶ月間のみの大チャンス!過去最大の割引率です。気になる方はすぐにご連絡くださいませ