美容皮膚

beauty-skin

美容皮膚の治療メニュー

うるおいコラーゲンニードルイメージ
お肌にもっと潤いを。
内側からコラーゲンに働きかける

細い針を使うことで、極細の吸収糸を肌にいわゆる「杭打ち」の要領で挿入していく治療です。肌にハリが出るのに引き締め効果も高く、さらに美肌効果も期待できます。“脂肪を減らせば小顔になる”と思いがちですが、“クッションの中綿を減らすとカバーがヨレヨレになる”のと同じように、脂肪がなくなると肌のハリがなくなるのです。脂肪を減らした後は、その分肌を引き締めましょう。ダウンタイムがほぼないため、時間のないという方でも手軽に治療ができます。針が細いので痛みも少ないため痛みが苦手という方にもおすすめです。針をさすことでリンパの循環が促進されるため、肌の代謝が向上したり、コラーゲン生成が活発となって肌が若返るというメリットがあります。

フラクショナルCO2レーザー(肌質改善・にきび跡・毛穴)イメージ
自分の皮膚の「再生力」を信じて、
若々しいお肌を目指そう

キメの荒さ、毛穴の開き、ニキビ跡などの改善に効果を発揮する治療法が「フラクショナルCO2レーザー」です。1回の治療で約10~15%の肌が再生するといわれ、5~10回を1クールとしています。炭酸ガスレーザーを、極細の高い密度で点状に分割して照射するため、周辺組織を傷つけることなく、対象組織に施術することができます。 照射によってできた傷を治そうとする組織の再生機能によって、組織が収縮し、毛穴の引き締まり、たるみの改善に期待できます。

ケミカルピーリングイメージ
肌のターンオーバーを促す治療法

皮膚の角質層から表皮上層部の汚れを薬剤で優しく取り除き、お肌のサイクル・ターンオーバーを促します。ターンオーバーが正常化してくると、ニキビや毛穴の開きが改善されます。お肌のターンオーバーは、加齢とともにそのサイクルが乱れてきます。また普段のメイク落としではキレイにできない、不純物がお肌には溜まっています。これらをしっかり取り除いてターンオーバーを正常にすることで、お肌本来の再生力をアップさせ、若々しいお肌を取り戻します。

エレクトロポレーションイメージ
少ない刺激で高い効果、
潤ったお肌を取り戻したいなら

超音波導入などでは浸透できない分子量の大きい有効成分を、効率的に浸透させる新しい導入法です。針を使わないので細胞の構造や機能を傷つけることもなく、ノンニードルセラピーともいわれます。
高分子有効成分を、痛み無くお肌の深部組織まで浸透させることができるため、ハリや潤いを持続的に実感でき、ふっくらと柔らかい肌、透明感アップに期待できます。また、刺激が少ない治療のため、敏感な肌をお持ちの方や、目周りへの導入も可能ですので、小じわやたるみの改善にも期待できます。

マッサージピールイメージ
肌の奥からキレイになる!
表皮を守って新しいコラーゲンをつくる

ハリ(小じわ・たるみ)+美白作用(くすみ改善・肝斑) 即効性があり治療直後からハリを実感できます。特別な薬剤を使ったケミカルピーリング治療です。 皮膚表面での強い剥離作用(ピーリング)を起こすことなく、相互作用により強力な生物刺激剤となりお肌のアンチエイジング効果を発揮します。 炎症を起こしたり、ダメージを与えるのとは別の方法で、真皮層の線維芽細胞を刺激し、新しいコラーゲンの生成を促します。 ダウンタイムやリスクを限りなく少なくしながら、通常のケミカルピーリング(表層)では成し得ない、お肌の奥深くの【ハリ感】をもたらし、ハリの回復による小じわ・たるみ改善、色素沈着を補助し美白作用によりくすみや肝斑の改善、ニキビ改善の促進などが期待できます。

    Qスイッチルビーレーザーイメージ
    ピンポイントで高い効果!
    気になる部分をキレイに修復!

    Qスイッチルビーレーザーは、シミやそばかす、あざのような、色素疾患に効果を発揮するレーザー治療器です。ピンポイントのシミ治療に適しています。シミ以外のお肌への影響が少なく、メラニン色素のみにアプローチします。
    メラニン色素の吸収率が高い波長帯を持っているので、周辺組織を傷つけることなく、メラニン色素だけをピンポイントに破壊することができます。また表在性色素疾患(シミ)に加え、深在性色素疾患の治療も可能です。メラニン色素に反応し選択的に破壊するレーザーなので、周囲の組織に損傷を与えることなく効果的にしみやそばかす、あざの改善に期待できます。

    レーザートーニングイメージ
    お肌の色は変えられる!
    ゆっくりじっくり、明るいお肌を取り戻そう

    レーザートーニングとは、ヤグレーザー機器「トライビームプレミアム」に搭載された専用照射モードを利用した色調改善治療です。具体的には、従来のレーザーでは難しいとされていた肝斑や炎症後色素沈着の治療を可能にしました。低刺激で炎症が起こらない程度の低出力でのレーザー照射をおこない、メラニン色素を徐々に減らしていきます。
    専用モードでは、532㎚という低出力で短い波長の設定で、通常モードで1回照射と同程度の効果を維持したまま、2回連続照射をおこないます。分割して照射することによって、通常よりも肌への刺激が少なく、治療中の痛み、治療後の炎症を抑えることができます。これにより、従来のレーザー治療では難しいとされていた肝斑や炎症後色素沈着の治療を可能にしました。

    美容皮膚の症例

    【自然な丸みを作り出す〜額のヒアルロン酸〜】

    術直後のお写真です。(生え際に針穴があるため、術後の参考になるかと思います。髪で隠れて、赤みは数日でひきます。30代の女性。額が平坦であり、眉丘の突出によってその上が凹んでみえること、こめかみの凹み、小ジワを改善したくご来院さ

    【ヒアルロン酸注入における注意点】腫れ、内出血、痛み、感染など総額:248,000円

    料金表