鼻の整形他院修正部分モニター
執刀ドクター滝内 紘史
20代 女性

【他院修正】ナチュラルに洗練された鼻へ!!

【プロテーゼ入れ替え、鼻尖形成(3D)、鼻尖部軟骨移植、鼻柱下降術、鼻翼縮小】

今回の症例は鼻先をツンと高くしたいと来院されました。
他院でプロテーゼ挿入歴があり、皮下に挿入されプロテーゼがグラグラになっていたので、入れ替えを含む上記メニューとなりました。

プロテーゼは通常骨膜下という骨と骨膜の間にいれるものであり、適切な場所に挿入されていれば動くことはありません。
今回その上の層の皮下に挿入されておりグラグラと動く状態であったので、一度抜去しGBCのI型プロテーゼを骨膜下に入れ替えました。
次に鼻尖形成、鼻尖部軟骨移植で鼻先の角度を変え、ツンとした鼻先に変えました。
そして、鼻の穴を分けているところ(鼻柱)を少し出し、バランスを整えました。
鼻柱下降術は人中の長さも短くみせる効果もあります。
.
まだ1ヶ月で腫れは残っているので、これからさらに馴染んでいきます。

症例写真

術後の経過

他院でプロテーゼ挿入歴があり、皮下に挿入されプロテーゼがグラグラになっていたので、入れ替えを含む上記メニューとなりました。

プロテーゼは通常骨膜下という骨と骨膜の間にいれるものであり、適切な場所に挿入されていれば動くことはありません。
今回その上の層の皮下に挿入されておりグラグラと動く状態であったので、一度抜去しGBCのI型プロテーゼを骨膜下に入れ替えました。
次に鼻尖形成、鼻尖部軟骨移植で鼻先の角度を変え、ツンとした鼻先に変えました。
そして、鼻の穴を分けているところ(鼻柱)を少し出し、バランスを整えました。
鼻柱下降術は人中の長さも短くみせる効果もあります。

施術のリスク

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。術後は感覚が鈍くなる場合がありますが、次第に改善します。 術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。 耳のラインに沿って切開する為、切開後の傷は目立たないところにありますが、次第にほぼ分からなくなります。 感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

治療の詳細

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理します。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。
丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広がっているケースでは、必要に応じてこの軟骨も少しトリミングし、糸で固定して鼻先を細くします。
鼻尖形成術よりさらに美しいラインに仕上げることができます。効果は半永久的です。

鼻尖部軟骨移植(耳軟骨移植)イメージ
わずかな調整も可能な自家軟骨移植で
美しい鼻を手に入れよう

ご自身の耳から取り出した軟骨(自家軟骨)や、医療用の軟骨を鼻先に移植することで、鼻尖部を高くする、下方向へ少し延長する、などの効果が期待できます。
耳の軟骨を採取する場合、傷はほとんど目立ちません。医療用の軟骨は人体への親和性が高く、自家軟骨の採取不足による効果不足が起きないというメリットもあります。
効果は半永久的に持続します。

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。
小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。
患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は半永久的です。

鼻柱下降術イメージ
小鼻にお悩みなアナタへ。
自然で理想的な鼻を手に入れよう!

鼻柱下降術は、小鼻の美しいラインを作るための術式です。 鼻柱とは、二つの鼻の穴を隔てている壁の先端の部分です。お顔を横から見たとき、鼻柱が小鼻に隠れて見えない患者様にお勧めする施術です。
鼻尖形成術で鼻先を整え、耳の軟骨を鼻柱に縫い付けて鼻柱を下方に伸ばします。引っ込んでいる鼻柱を引き出し、下向きに変えることで、自然で美しい鼻のラインをつくり出します。効果は半永久的です。
手術法もクローズ法でできるため、傷口も少ないことと手術時間が短く済むという特徴があり、小鼻に悩む女性に適した術式です。

他院修正イメージ
美しい鼻を諦めたくないアナタへ。
再挑戦の道はここに!

「他院での仕上がりに納得できない」「同じクリニックで手術を受けたくない」などのご要望にお応えします。カウンセリングで、今抱えているお悩みをお聞かせください。
他院での鼻尖形成術などに満足いく結果が出ず、当院に鼻の修正を依頼してこられる場合など、本来、患者さんが納得できる鼻にするには、1つの術式だけで完成できることは少なく、複数の術式を組み合わせていくことで、理想の鼻に近づける場合が多いです。
例えば、過去に施術されたプロテーゼの抜去・修正など、患者様それぞれのケースをじっくりとお伺いし、診察により、適切な術式を選択します

執刀ドクター滝内 紘史大阪院長takiuchi

美容医療は、以前と比べ世の中に浸透し、身近なものになってきました。いわゆる「整形」といわれる二重、鼻プロテーゼの手術や、美貌を保つための「若返り・アンチエイジング」の施術、 どちらも自分自身がより輝き、人生をさらに謳歌するための1つの手段です。とはいえ、加齢を止めることはできません。アンチエイジングと老いの両立、綺麗に年をとることが美容外科医としての私のテーマです。

  • 滝内 紘史instagram公式アカウント
  • 滝内 紘史blog公式アカウント
  • 先生プロフィール

料金表

関連するキャンペーン

滝内院長の目玉治療

滝内院長 今月の目玉治療

大阪院院長の滝内先生による毎月の目玉治療。今月は鼻と目の美容整形がオススメです。ぜひご来院くださいませ。※キャンペーンは写真モニター様提供価格になります。

関連する症例

鼻の年間手術総件数1000件以上! GBC院長杉﨑裕斗執刀! 美鼻術!

【GBCソフトプロテーゼ隆鼻術】プロテーゼ(人工軟骨)を鼻筋の骨膜下に挿入することで鼻を高くする、もしくは鼻筋を通す方法です。厚生労働省でも認可を得た安全なものです。【鼻尖形成術】鼻先の軟部組織除去、鼻翼軟骨の縫合等により鼻先をより細くする

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。プロテーゼに関しては、石灰化のリスクがありますが、石灰化が起きたとしても特に問題ありません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

鼻の年間手術総件数1000件以上! GBC院長杉﨑裕斗執刀! 美鼻術!

この方は、元々鼻根部にヒアルロン酸を注入して鼻筋を高くされていましたが、プロテーゼについて聞きたいということでご相談に来られました。鼻根部にヒアルロン酸を注入することのリスクとプロテーゼの安全性、術式などを説明させていただいた結果、元々鼻筋

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。プロテーゼに関しては、石灰化のリスクがありますが、石灰化が起きたとしても特に問題ありません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

鼻の年間手術総件数1000件以上! GBC院長杉崎裕斗執刀! 美鼻術!

この患者様のご希望としては、「他院でプロテーゼを入れて段差ができてしまったので修正してほしい。」というものでした。患者様がおっしゃっている通り、鼻筋に段差が見受けられたので、入っているプロテーゼを抜去して正しい位置にGBCソフトプロテーゼを

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。プロテーゼに関しては、石灰化のリスクがありますが、石灰化が起きたとしても特に問題ありません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。