目の整形目元形成部分モニター
執刀ドクター杉崎 裕斗
10代 男性

【 GBCシークレット法 】閉瞼時

【GBCシークレット法】

GBCシークレット法は糸による二重術で、ダウンタイムが最短で、バレにくい埋没法二重術です。
腫れも最小限で、手術直後から瞼の表面に針穴すら無い為、術後すぐにお化粧ができます。
この患者様は、一重まぶたがお悩みで、幅広の平行型二重をご希望された為、GBCシークレット法でパッチリとした二重を作る方針となりました。

症例写真

術後の経過

(術直後)
術直後なのに、大きな腫れや内出血もなく、皮膚表面に針穴すらない為、メイクのできない男性でも安心ですね♪

(術後1週間)
術後1週間経てば、ほぼ目元に馴染んでいます。手術をしたとは思えないほどの仕上がりです。

(術後1ヶ月)
目元がかなりパッチリとし、お顔にとてもお似合いです^^さらにカッコいい目元になりました!
GBCシークレット法は糸による二重術で、ダウンタイムが最短で、バレにくい埋没法二重術です。
腫れも最小限で、手術直後から瞼の表面に針穴すら無い為、術後すぐにお化粧ができます。
メイクのできない男性でも安心です♪

施術のリスク

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

GBCシークレット法イメージ
GBC史上もっとも短いダウンタイムで
バレない二重を

GBCの埋没法の中で「ダウンタイムが最短、かつ最もバレにくい」二重術。手術直後から腫れが少ないのが特徴です。また、皮膚表面からではなくまぶたの裏側からアプローチすることで、瞼の表面に針穴すら無い為、手術後すぐにアイメイクが可能です。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連するキャンペーン

キャンペーン期間:2021年03月10日まで 2021.1.3

延長決定!杉崎院長バースデー記念キャンペーン

全外科手術42%OFF1/10は杉崎院長理事長の42歳の誕生日大好評につき予約期間延長決定〜3/10までの大チャンス!過去最大の割引率です。気になる方はすぐにご連絡くださいませ

関連する症例

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】+【 GBC式韓流目頭切開 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。 【GBC式韓流目頭切開】目頭切開は、目をすっきり大きくしたり、目の横幅をおおきくしたりする効果があります。その中でも、GBC式韓流目頭切

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

目頭切開の手術総件数大手美容外科時代全国No.1の実績のある医師在籍☆どんな目元も自由自在!目の整形ならGBCにお任せ!

【下眼瞼下制術 (結膜側切開、グラマラスライン形成)】下まぶた中央から目尻のカーブを下げることでタレ目にする手術です。優しい表情になるとともに、白目の部分が多くなることでより目が大きく見える効果もあります。皮膚表面を切開する方法と、皮膚を切

腫れや内出血、結膜浮腫が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 GBC式韓流目頭切開 】

【目頭切開】 目をすっきり大きくしたり、目の横幅をおおきくしたりする効果があります。その中でも、GBC式韓流目頭切開は蒙古襞(目頭を覆う皮膚のつっぱり)よりも目頭側を切開する為、切開後の傷跡が残る可能性が限りなく低いのが特徴です。仕上がりも

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。