鼻の整形部分モニター
執刀ドクター杉崎 裕斗
20代

鼻の複合手術

(今回用いた施術)

【GBCソフトプロテーゼ隆鼻術】
【鼻尖形成術】
【鼻尖部軟骨移植】

症例写真

術後の経過

(術後3ヶ月目 )

施術のリスク

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。

治療の詳細

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

  • 242,000
    245,000
    248,000
    157,000
    165,000
    173,600 最大割引率適用価格
鼻尖部軟骨移植(耳軟骨移植)イメージ
わずかな調整も可能な自家軟骨移植で
美しい鼻を手に入れよう

ご自身の耳から取り出した軟骨(自家軟骨)や、医療用の軟骨を鼻先に移植することで、鼻尖部を高くする、下方向へ少し延長する、などの効果が期待できます。
耳の軟骨を採取する場合、傷はほとんど目立ちません。医療用の軟骨は人体への親和性が高く、自家軟骨の採取不足による効果不足が起きないというメリットもあります。
効果は半永久的に持続します。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

料金表

料金表へ

関連する症例

鼻の年間手術総件数1000件以上! GBC院長杉﨑裕斗執刀! 美鼻術!

【GBCソフトプロテーゼ隆鼻術】 プロテーゼ(人工軟骨)を鼻筋の骨膜下に挿入することで鼻を高くする、もしくは鼻筋を通す方法です。厚生労働省でも認可を得た安全なものです。 【ワシ鼻修正術】 鼻筋の骨膜下にスペースを作り、ワシ鼻の原因となる鼻筋

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。プロテーゼに関しては、石灰化のリスクがありますが、石灰化が起きたとしても特に問題ありません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【杉崎先生症例】鼻複合手術~他院修正~

≪施術内容≫『他院プロテーゼ抜去』+『プロテーゼ』+『鼻尖形成』+『鼻中隔延長術』+『鼻翼縮小』他院にてL型プロテーゼの手術を受けましたが、鼻先が上を向いてしまったし高さも満足いかないとのことで、手術をご希望されました。まず他院のプロテーゼ

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。術後は感覚が鈍くなる場合がありますが、次第に改善します。 術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。 腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、個人差、血流障害、感染

【杉崎先生症例】鼻複合手術

≪施術内容≫『鼻尖形成術』+『鼻尖部軟骨移植』鼻先が丸い、いわゆる団子鼻が気になるといってご来院されたお客様鼻尖形成では広がった鼻翼軟骨を縫合するだけではなく、鼻先につまっている軟部組織を除去していきます。そうする事により、余計な厚みがなく

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。術後は感覚が鈍くなる場合がありますが、次第に改善します。 術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。 耳のラインに沿って切開する為、切開後の傷は目立たないところにありますが、次第にほぼ分からなくなります。 感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。