症例モニター

【 目元複合整形でデカ目×愛されタレ目に 】

『二重埋没(エターナル法)』+『下眼瞼下制(結膜)』

今回のお客様は二重埋没(エターナル法)+下眼瞼下制(結膜)を
同時に行うことで「デカ目×愛されタレ目」になりました!!

症例写真

施術のリスク

腫れ、内出血、感覚が鈍くなる、結膜浮腫、傷跡

治療の詳細

GBCエターナル法イメージ
腫れぼったいまぶたでも大丈夫!
しっかり美しい二重を手に入れよう

名前の通り、GBCの埋没法の中で「もっとも取れにくい」埋没法二重術です。埋没法の糸のダブルの固定点のうち、真ん中の2点ををクロスさせることで、最も強いとれにくい特徴があります。この術式でも一重に戻るなら、全切開をした方が良いというぐらい強度の強い二重術です。

  • 両目
    233,000
    242,000
    253,000
    110,000
    117,000
    202,000
GBCシークレット法イメージ
GBC史上もっとも短いダウンタイムで
バレない二重を

GBCの埋没法の中で「ダウンタイムが最短、かつ最もバレにくい」二重術。手術直後から腫れが少ないのが特徴です。また、皮膚表面からではなくまぶたの裏側からアプローチすることで、瞼の表面に針穴すら無い為、手術後すぐにアイメイクが可能です。

GBC腫れにくい埋没法二重術イメージ
術後の「腫れ」が気になる方へ。
オリジナルな術式で美しい二重を。

GBC腫れにくい埋没法二重術は、糸の結び目が表皮側になるスタンダードな術式になる埋没法で、まぶたの厚さや、脂肪量によって糸の本数を増やすことが可能です。

下眼瞼下制法イメージ
優しい目、大きな目、カワイイ目!
すべて叶います!

下まぶたの中央から、目じりのカーブを下げることでタレ目っぽい印象にする手術です。優しい表情になるとともに、目が大きくなります。糸のみで行う方法と比べ、切開法は継続的な効果の高い方法です。

切開することで、下まぶた外側1/3を下方向に引き下げる術式です。
皮膚を切開する方法と、皮膚を切らずに瞼の裏側の結膜のみを切開する方法があり、糸のみで行う方法と比べ、より細かい調節も可能で半永久的な効果の優しい印象の目、大きな目、優しいたれ目にできます。

関連する症例

【 傷が最も目立たないGBC式目頭切開 】

日本人は目頭の部分にかぶさって涙丘を隠している「蒙古襞」がある人が多いです。この蒙古襞とそれによる張りを解消するのが目頭切開です。目頭切開をすると垢抜けた印象の目元になります。目頭切開には「Z法」「W法」など術式は数種類ありますが最も傷跡が

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 傷が最も目立たないGBC式目頭切開 】

【GBC式目頭切開】GBC式目頭切開のダウンタイムは抜糸前までは糸が見えています。抜糸後は赤みが出ますがそこからお化粧で隠していただく感じです。3ヶ月の写真ではまだ赤みと皮膚の硬さがわずかに残っていますが、お化粧でうまくカバーされていてそん

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 ぼやけた目元がパッチリ並行二重に 】

『埋没二重術(エターナル法)』今回のお客様は元々の瞼が薄く、埋没法でやや広めの二重にしていますがとても自然な仕上がりですね。二重にする方法には埋没法と切開法があります。埋没法の方が簡便でリスクも低いのでまずは埋没法から始めるのが良い場合が多

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。