症例モニター

【 傷が最も目立たないGBC式目頭切開 】

目頭切開は術式がいくつかあり、主流はz法という術式ですがz法はやや傷跡が目立ちやすいという特徴があります。
当院のGBC式目頭切開は目の縁のかなりぎりぎりの部分に傷跡ができるのでほとんど「傷が目立たない」のが特徴です。

症例写真

施術のリスク

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

目頭切開法イメージ
目元は人の印象を大きく変える!
自然で美しい、憧れの目を手に入れよう

切れ長の目にできるのが目頭切開法です。目頭を覆っている蒙古襞を数ミリ切開して、目と目の間の距離を縮め、横幅を広くすることで目をスッキリし、目の横幅も大きくなります。また目の開きを良くし、印象的でメリハリのある目元になります。切開する角度、ライン、長さは、患者様の目の形や顔立ちとバランスをとりながら決定します。

関連する症例

【 蒙古襞を切除し並行二重に 】

『GBC式目頭切開 』+『エターナル埋没二重術』目頭切開で蒙古襞を切除することで、平行二重になっています。特筆すべきは傷跡が目立たないことです。GBCでは傷跡が目立たないように切開の仕方を工夫しています。目頭切開は半年ほどかけて細かい腫れや

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。総額:108,000~250,000円

【 GBC式 切らない全切開二重術 】

GBCの杉崎理事長による全切開二重術は、二重ラインに傷が出来ない術式を確立しております。全切開二重術の手術は、『脂肪や眼輪筋によるの厚みを取ることが出来る』ため、本来は【埋没二重術よりも自然な仕上がり】を作ることが可能です。しかし、埋没二重

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。