症例モニター

【 GBC式目頭切開+タレ目であざと可愛い目元に 】

日本人は目頭の部分にかぶさって涙丘を隠している「蒙古襞」がある人が多いです。この蒙古襞とそれによる張りを解消するのが目頭切開です。目頭切開をすると垢抜けた印象の目元になります。
目頭切開には「Z法」「W法」など術式は数種類ありますが最も傷跡が目立ちにくく、切除を控えめにしても効果がしっかり出せるのが「GBC式目頭切開」です。
タレ目(糸)も同時に行う事で目元全体が大きくなりました。

症例写真

施術のリスク

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

目頭切開法イメージ
目元は人の印象を大きく変える!
自然で美しい、憧れの目を手に入れよう

切れ長の目にできるのが目頭切開法です。目頭を覆っている蒙古襞を数ミリ切開して、目と目の間の距離を縮め、横幅を広くすることで目をスッキリし、目の横幅も大きくなります。また目の開きを良くし、印象的でメリハリのある目元になります。切開する角度、ライン、長さは、患者様の目の形や顔立ちとバランスをとりながら決定します。

関連する症例

【 開きが良くなり好印象な目元に 】

『上眼瞼たるみ取り』他院にて全切開二重術をされていましたが、眠そうに見える事を気にされていました。他院では眼瞼下垂と診断されることの多い例ですが原因は眼瞼下垂ではなくまつ毛にに被さる皮膚なので、上眼瞼たるみ取りで皮膚切除をする事で改善すると

腫れ、内出血、左右差、二重幅形成の限界、傷跡、感染

【 目頭切開の他院修正 】

この方は他院で目頭切開(Z形成)をされていましたが、理想のデザインより、蒙古襞を切られすぎたため、その後、他院でさらに蒙古襞形成を2回受けられていました。目頭部分の傷跡と、不自然に突っ張った蒙古襞が気になるとのことでご来院されました。お写

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 たるみ取り併用全切開法二重術 】+【 GBC式韓流目頭切開 】

【GBC式韓流目頭切開】 目頭切開は、目をすっきり大きくしたり、目の横幅をおおきくしたりする効果があります。その中でも、GBC式韓流目頭切開は蒙古襞(目頭を覆う皮膚のつっぱり)よりも目頭側を切開する為、切開後の傷跡が残る可能性が限りなく低い

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。総額:379,000~598,000円