執刀ドクター杉崎 裕斗

【傷が最も目立たない GBC式目頭切開×埋没】

『GBC式目頭切開』+『埋没二重術(エターナル法)』
GBC式目頭切開で蒙古襞を切開して目の間の距離も最適に調整しました。
まだ3ヶ月なので、これからさらに馴染んで可愛い目元になります。
GBC式目頭切開以外の他の目頭切開は全て、蒙古襞の外側(鼻側)を切開するため、傷跡が目立ちます。
しかし、GBC式目頭切開は、蒙古襞の内側(目頭側)を切開するため、ほとんど傷が目立ちません。
GBC式目頭切開のダウンタイムは抜糸前までは糸が見えています。
抜糸後は赤みが出ますがそこからお化粧で隠していただく感じです。
3ヶ月の写真ではまだ赤みと皮膚の硬さがわずかに残っていますが、お化粧でうまくカバーされていてそんなに違和感もありません。

症例写真

施術のリスク

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

GBCエターナル法イメージ
腫れぼったいまぶたでも大丈夫!
しっかり美しい二重を手に入れよう

名前の通り、GBCの埋没法の中で「もっとも取れにくい」埋没法二重術です。埋没法の糸のダブルの固定点のうち、真ん中の2点ををクロスさせることで、最も強いとれにくい特徴があります。この術式でも一重に戻るなら、全切開をした方が良いというぐらい強度の強い二重術です。

  • 両目
    233,000
    242,000
    253,000
    110,000
    117,000
    202,000
目頭切開法イメージ
目元は人の印象を大きく変える!
自然で美しい、憧れの目を手に入れよう

切れ長の目にできるのが目頭切開法です。目頭を覆っている蒙古襞を数ミリ切開して、目と目の間の距離を縮め、横幅を広くすることで目をスッキリし、目の横幅も大きくなります。また目の開きを良くし、印象的でメリハリのある目元になります。切開する角度、ライン、長さは、患者様の目の形や顔立ちとバランスをとりながら決定します。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗tiktok公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

料金表

料金表へ

関連する症例

【 傷が最も目立たないGBC式目頭切開 】

目頭切開は術式がいくつかあり、主流はz法という術式ですがz法はやや傷跡が目立ちやすいという特徴があります。当院のGBC式目頭切開は目の縁のかなりぎりぎりの部分に傷跡ができるのでほとんど「傷が目立たない」のが特徴です。

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 複合手術で圧倒的目力 】

『全切開二重術』+『GBC式目頭切開』厚ぼったい瞼を改善して自然なぱっちり平行型二重にしたいとのことで手術をご希望されました。全切開二重術で瞼の厚みとを取って目の開きの良いぱっちり平行型二重を作り、さらにGBC式目頭切開で蒙古

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 左右差を改善しパッチリした目元に 】

GBCエターナル法は一般的な点留めではなく、ループ状に結び、糸をクロスさせるため、最も取れにくいと言われている手法です。瞼が厚めの方でも対応できることが多いです。まぶたが厚めで、切りたくないけど、しっかり二重ができるか不安な方。毎日のアイプ

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。