鼻の整形部分モニター
執刀ドクターGBCスタッフ

【杉崎先生症例】鼻複合手術

≪施術内容≫

『プロテーゼ』+『鼻尖形成』+『鼻中隔延長術』

鼻が短くアップノーズ気味の、ブタ鼻の方の症例です。
鼻中隔軟骨が短く鼻全体が短くなっている為、鼻中隔延長を行い上向きの鼻を下に伸ばして先端の1番良い位置に高和を持ってきました。
さらにプロテーゼで鼻筋を通し、鼻尖形成で鼻先も自然に小さくなっています。

症例写真

施術のリスク

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。術後は感覚が鈍くなる場合がありますが、次第に改善します。 術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。
腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、個人差、血流障害、感染

治療の詳細

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの方法です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。
効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。
また、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広がっているケースでは、必要に応じてこの軟骨も少しトリミングし、糸で固定して鼻先を細くします。

鼻中隔延長術イメージ
鼻先をスッキリキレイにしたいなら!

鼻の内部を左右に仕切る壁を“鼻中隔”といいますが、これを長くして鼻筋を延ばすことで、スッとした鼻筋を作ります。鼻の穴が目立つケース、鼻が短いケースなどにオススメです。

鼻先を最もすっきりした印象に見せる治療です。鼻の内部を左右に仕切る鼻中隔軟骨を長くして、鼻筋を延ばし、鼻尖を下向きにします。鼻の穴が目立つ方、鼻筋が短い方にお勧めします。鼻先を最もすっきりした印象に見せる治療です。

鼻先を最もすっきりさせることができます。効果は半永久的です。

料金表

関連するキャンペーン

GBC大阪院開院5周年記念

GLOBAL BEAUTY CLINIC 大阪院は、2021年6月17日をもちまして開業5周年を迎えます。これもひとえに、2016年に開業してからご来院頂きました皆様の支えがあったからこそと、深く感謝しております。これからも現状に満足することなく、より一層技術を磨き、お客様が綺麗になられるお手伝いが

滝内院長の目玉治療

滝内院長 今月の目玉治療

大阪院院長の滝内先生による毎月の目玉治療。今月は鼻と目の美容整形がオススメです。ぜひご来院くださいませ。腫れにくい埋没二重術¥65,780(税込)GBC式韓流目頭切開¥159,500(税込)人中短縮セット¥330,000(税込)※キャンペーンは写真モニター様提供価格になります。

関連する症例

鼻の複合手術

(今回用いた施術)【GBCソフトプロテーゼ隆鼻術】【鼻尖形成術】【鼻尖部軟骨移植】

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。

鼻の複合手術

(今回用いた施術)【GBCソフトプロテーゼ隆鼻術】【鼻尖形成術】【鼻尖部軟骨移植】【鼻翼縮小術】

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。

【杉崎先生症例】鼻複合手術~ワシ鼻修正~

≪施術内容≫『わし鼻削り』+『プロテーゼ』+『鼻尖形成』+『鼻尖部軟骨移植』+『鼻柱下降術』+『鼻翼縮小』鼻筋の段差と下に向きすぎた鼻先の印象を気にされておりました。①わし鼻削りで骨の突起を削る②プロテーゼで自然に鼻筋を通す③鼻尖形成と鼻翼

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。術後は感覚が鈍くなる場合がありますが、次第に改善します。 術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。 腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、個人差、血流障害、感染