執刀ドクター早田 悠里子
20代 女性

【ヒアルロン酸注入でぷるっとした唇+人中短縮の効果】

唇のヒアルロン酸のご紹介です。
今回のモニター様は20代女性の方。
唇のボリュームをナチュラルに出したいとのご希望でご来院されました。
とくに上唇をぷるっとさせたいとのことでした。(イメージは広瀬すずさんのような感じです)
一般的に下唇に対して、上唇の比率が高くなると、幼く可愛らしい印象になります。

症例写真

術後の経過

お写真は術直後。 
唇がぷるっとするだけでなく、人中が短くなるという嬉しい効果もあります。
人中が短いと顔が引き締まって、キュッとした美人顔に見えると言われていますよね。
鼻の下を切開する人中短縮は、傷跡が目立つリスクが比較的高かったり、切りすぎると上唇が上に反り上がるリスクがあったり、注意点が多くあります。
最小のダウンタイムで大きな効果が出るのならばそれに越したことはないかと思います。
人中短縮されたい方は、傷が残らず、ダウンタウンが少なく比較的手軽なヒアルロン酸注入を最初はお勧めすることが殆どです。
(場合によっては鼻柱下降もお勧めさせて頂くことがありますが、どちらにせよ鼻の下に切開線は残りません。)

残ったヒアルロン酸は6ヶ月保存できます。

施術のリスク

リスク、ダウンタイムは腫れが1週間程。内出血が出る場合があるので、大事な予定は近い日に入れないことをお勧めします。

治療の詳細

ビタールイメージ
粒子が小さく
肌への馴染みが良いヒアルロン酸

ヒアルロン酸の中で最も粒子が小さくソフトであるため、皮膚への馴染みが良く、皮膚の薄い部分やデリケートな部分、細かいしわのケアに効果が期待できるヒアルロン酸です。しわ取りをしても細かいしわが改善できなかったという方におススメです。また、目元や首など、皮膚のデリケートな部分でも自然な仕上がりが期待できます。目の下などの皮膚の薄い部分に施術ができるということがメリットです。また、竜舌小さいため皮膚に対しての刺激が少なく安全性も高いです。

執刀ドクター早田 悠里子医師hayata

美容医療において1番心がけていることは、『自然な美しさ』を提供することです。人は日常で様々な角度から見られており、様々な表情をします。 どの角度からみても、どのような表情をしてもナチュラルな美しさを作ることが大事だと思います。自分自身を見るときは正面から鏡を通してみることが多く、主観的見え方と客観的見え方は大きく異なることも多いです。 「外見のここが気になる」「なりたい自分はあるけれど、どういう治療をすればいいか分からない」など、なんでもお聞かせください。 しっかりカウンセリングを行いながら、なりたい自分になれるよう全力でサポートさせて頂きます。

  • 早田 悠里子instagram公式アカウント
  • 早田 悠里子blog公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連するキャンペーン

GBC大阪院開院5周年記念

GLOBAL BEAUTY CLINIC 大阪院は、2021年6月17日をもちまして開業5周年を迎えます。これもひとえに、2016年に開業してからご来院頂きました皆様の支えがあったからこそと、深く感謝しております。これからも現状に満足することなく、より一層技術を磨き、お客様が綺麗になられるお手伝いが