目の整形目元形成部分モニター
執刀ドクター杉崎 裕斗
20代 女性

目頭切開の手術総件数大手美容外科時代全国No.1の実績のある医師在籍☆どんな目元も自由自在!目の整形ならGBCにお任せ!

【下眼瞼下制術 (結膜側切開、グラマラスライン形成)】
下まぶた中央から目尻のカーブを下げることでタレ目にする手術です。優しい表情になるとともに、白目の部分が多くなることでより目が大きく見える効果もあります。皮膚表面を切開する方法と、皮膚を切らずに下まぶたの裏側の結膜のみを切開する方法があり、糸のみで行う方法と比べ、より細かい調節も可能で半永久的な効果のある方法です。通常、皮膚を切らずに瞼の裏側の結膜のみを切開する方法の方が多い為、術直後からメイクが可能です。皮膚側を切開した場合は、抜糸後翌日からメイクが可能になります。

この患者様は、「タレ目にしたい」というご希望でしたので、下眼瞼下制術で目尻のカーブを下に下げ、タレ目にする方針となりました。
しっかり目尻を下げたいというご希望でしたので経結膜的切開だと逆まつ毛になってしまう可能性があった為、今回は経皮膚的切開で行いました。

症例写真

術後の経過

(術前 ⇒ 術後1週間)

術後の傷跡の様子です。(糸で縫合しています)今回は経皮膚的切開ということで、傷跡が気になるかとは思いますが、下まつ毛のラインに沿って切開する為、目立ちません。まるで下まつ毛のようです。


(術前 ⇒ 術後1ヶ月)

愛らしいパッチリ目元になりました。下眼瞼下制術(タレ目)はさりげない変化ではありますが、可愛さは倍増です。

施術のリスク

腫れや内出血、結膜浮腫が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

下眼瞼下制法イメージ
優しい目、大きな目、カワイイ目!
すべて叶います!

下まぶたの中央から、目じりのカーブを下げることでタレ目っぽい印象にする手術です。優しい表情になるとともに、目が大きくなります。糸のみで行う方法と比べ、継続的な効果の高い方法です。

切開することで、下まぶた外側1/3を下方向に引き下げる術式です。
皮膚を切開する方法と、皮膚を切らずに瞼の裏側の結膜のみを切開する方法があり、糸のみで行う方法と比べ、より細かい調節も可能で半永久的な効果の優しい印象の目、大きな目、優しいたれ目にできます。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連するキャンペーン

キャンペーン期間:2021年02月10日まで 2021.1.3

2月予約開始!杉崎院長バースデー記念キャンペーン

全外科手術42%OFF1/10は杉崎院長理事長の42歳の誕生日1/10〜2/10までの1ヶ月間のみの大チャンス!大好評につき1月のご予約が満杯になりました。2月予約受付中です!過去最大の割引率です。気になる方はすぐにご連絡くださいませ

関連する症例

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。