目の整形二重まぶた部分モニター
執刀ドクター杉崎 裕斗
20代 女性

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】
GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

症例写真

術後の経過

(術後2週間)
この患者様は、二重のラインをハッキリさせたいとご希望された為、当院で最も取れにくいエターナル法でパッチリとした平行型の二重を作る方針となりました。

施術のリスク

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

GBCエターナル法イメージ
腫れぼったいまぶたでも大丈夫!
しっかり美しい二重を手に入れよう

名前の通り、GBCの埋没法の中で「もっとも取れにくい」埋没法二重術です。埋没法の糸のダブルの固定点のうち、真ん中の2点ををクロスさせることで、最も強いとれにくい特徴があります。この術式でも一重に戻るなら、全切開をした方が良いというぐらい強度の強い二重術です。

  • 両目
    229,000
    239,000
    250,000
    108,000
    115,000
    120,000
杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

料金表

料金表へ

関連する症例

フィラーゲラー(マイクロCRF注入術)による涙袋形成~究極の脂肪注入術~

【マイクロCRF(フィラーゲラー)涙袋形成】フィラーゲラーであれば、脂肪を涙袋にまで入れることが可能です。通常は、一時的にヒアルロン酸等で涙袋を作っている方が多いのではないでしょうか。しかし、ヒアルロン酸は体内にいずれ吸収されてしまうので涙

<脂肪注入箇所>腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。脂肪の定着率にも個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後脂肪注入部位にしこりができる可能性はゼロではありませんが、ほぼございません。マイクロCRFは良質で健全な脂肪細胞のみ含まれる為、しこりが最もできにくい手術です。脂肪注入直後は、一時的に注入部位が硬くなりますが、次第に改善し柔らかくなっていきます。<脂肪吸引箇所>術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。脂肪吸引部に術後一時的に色素沈着がでる可能性がありますが、次第に改善していきます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

目頭切開の手術総件数大手美容外科時代全国No.1の実績のある医師在籍☆どんな目元も自由自在!目の整形ならGBCにお任せ!鼻の年間手術総件数1000件以上! GBC院長杉﨑裕斗執刀! モテる美鼻術!

この患者様は、他院様で全切開を二度やり直したにも関わらず二重のラインができず、その時に先生からこう言われたそうです。「眼瞼下垂だから眼瞼下垂手術をしないと二重ラインがつかない」当院で診察したところ、眼瞼下垂ということはなく、ラインが入らなか

目元:腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。 鼻:腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。プロテーゼに関しては、石灰化のリスクがありますが、石灰化が起きたとしても特に問題ありません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。術後は感覚が鈍くなる場合がありますが、次第に改善します。 術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。 耳のラインに沿って切開する為、切開後の傷は目立たないところにありますが、次第にほぼ分からなくなります。 感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。