鼻の整形部分モニター
症例モニター

【 鼻先の丸みを鼻尖形成のみで改善 】

『鼻尖形成』

丸みの帯びた鼻先を、
鼻尖形成のみでここまで印象を変えました!!

症例写真

施術のリスク

腫れ、熱感、痒み、むくみ、傷跡、神経損傷、血腫

治療の詳細

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの鼻尖形成術です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。
効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟部組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。
また、鼻翼軟骨と呼ばれる鼻の穴の形を維持する軟骨が丸く広がっているケースでは、必要に応じてこの軟骨も少しトリミングし、糸で固定して鼻先を細くします。

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理する鼻尖形成MAXです。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。
丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広がっているケースでは、必要に応じてこの軟骨も少しトリミングし、糸で固定して鼻先を細くします。
鼻尖形成術よりさらに美しいラインに仕上げることができます。効果は半永久的です。

厚みのある丸い鼻から、シャープですっきり整った鼻へ

鼻の皮膚が厚く丸みのある団子鼻の方に適しているのがこの鼻尖形成MEGAMAXです。
鼻先の軟部組織を除去し、広範囲に鼻翼軟骨を剥離してから持ち上げることでよりシャープな鼻先を形成し、すっきりした鼻先にあわせて皮膚をトリミングすることで、細く美しい鼻先に仕上がります。
効果は半永久的に続きます。
お客様の元々の鼻やご希望の仕上がりに合わせて、最適な方法をご提案します。

関連するキャンペーン

【定額鼻整形】どれだけやっても50万円!

鼻の外科施術をどれだけ組み合わせても50万円でお受けいただけます✨☆組み合わせ例☆GBCソフトプロテーゼ+鼻尖形成+鼻尖軟骨移植+鼻翼縮小+鼻柱下降術…(組み合わせは一例です)当院で提供している鼻整形をどれだけ組み合わせても50万円!他院の修正をご希望の方もお受けいただけます。※ホームページを見たと

関連する症例

【 鷲鼻修正 】

わし鼻のように鼻が垂れてみえると年齢よりも老けて見られることがあります。健康的な若返った印象を与えるために、わし鼻修正はとても有効です。ワシ鼻修正手術は、「鼻骨削り」もしくは「鼻骨削り+プロテーゼ挿入」という手術を行います。手術は鼻の穴から

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 他院修正でも忘れ鼻に 】

『プロテーゼ』+『他院修正鼻尖形成』+『軟骨移植』+『他院修正鼻翼縮小』+『鼻柱下降術』+『他院メッシュ除去』メッシュは鼻筋が高くはなりますが、光のラインは入りにくく、また元々の骨の凹凸に合わせて鼻筋を高くすることは出来ないですね。確かにメ

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 鼻複合手術で存在感をなくし忘れ鼻に 】

『鼻尖形成MAX(closed)』+『軟骨移植』+『鼻翼縮小』+『鼻柱下降』正面から見て、鼻先は細く、小鼻のふくらみがなくなりスッキリした忘れ鼻になっております。鼻翼縮小で小鼻をスッキリと、鼻尖形成と軟骨移植で鼻先を整えました。鼻柱下降もす

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。