執刀ドクター杉崎 裕斗

【 明るい印象の秘訣は、クマ取り 】

目の下のクマを改善するには、『目の下の切らないたるみ取り(下眼瞼脱脂)』をすることが多いですが、それだけでは目の下の“くぼみ”が残り、クマは完全に消えないことが多いです。
そこで同時に脂肪注入をするのが良いです。
脂肪注入には脂肪処理の方法がいくつかあり、その中でも粒子を最も細かく処理して、シルクのように滑らかな脂肪にすることで、より繊細に、より精密に注入する事が可能なのが『シルキーファット注入術』です。
以前はフィラーゲラーという機械で処理をしてかなり粒子の細かい脂肪のみを選択的に抽出できるのがマイクロCRF注入を行っていましたが、この治療も日本国内で導入しているクリニックは少数でした。
『他院との違い』
現在当院で行っている『シルキーファット』は、日本国内で“当院のみ”に導入された最新の機械を使っているため、日本で唯一GBCでのみ受けられる治療です。
不純物が限りなくゼロに近く定着率が良いのも特徴ですが、
粒子が細かく、名前の通りシルクのように滑らかな脂肪になっているため、注入がしやすく、何よりも注入の精度が高いのが最大のメリットです。
目の下のように皮膚が薄く、繊細な注入が必要な部位は、可能な限り細かい脂肪細胞のみを抽出したものを注入した方が良いでしょう。
マイクロCRFでも柔らかかった脂肪が、シルキーファットでは、さらにもっとトロトロになっていて、注射器を押す力もほとんどいらないほどの柔らかさです。注入の感触が全く違います。
これならより細かく、繊細な注入が可能になります。
目の下のように皮膚が薄く、繊細な注入が必要な部位はとくに、『シルキーファット』を注入する方法が、現時点で世界最高峰の治療だと思います。

症例写真

施術のリスク

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

目の下の切らないたるみ取りイメージ
忙しいアナタでも大丈夫!
スッキリ若々しい目を取り戻そう!

目の下の余分な脂肪を除去する施術です。施術の傷跡はまぶたの裏側なので、お顔表面に傷が残りません。 1時間程度の短時間で終わるため、忙しい会社員や主婦の方にも人気です。

下まぶたの膨らみには「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という余分な脂肪が溜まっています。この余分な脂肪を取り除くことで、下まぶたのたるみを解消する施術です。

脂肪除去後のくぼみを埋めるために、脂肪注入術(目の下〜ゴルゴ)を同時に行うことで、美しいハリが蘇り、ふっくらとした若々しい印象にすることができます。

ナノCRFイメージ
従来の脂肪注入より
なめらかな仕上がりへ

コンデスリッチフェイスと同じく、患者様ご自身の脂肪を活用し、お顔のくぼみやシワなどを解消します。取り出した脂肪は不要物を取り除き濃縮しますが、シルキーファット(ナノCRF)はさらに不純物を取り除き抽出した洗練された滑らかな脂肪細胞を使用します。とても滑らかなため、お肌の薄い部分や繊細な部分での注入に最適です。不純物が少ないため定着率が高く、しこりを減らし、肌の活性効果を高めます。ヒアルロン酸注入は効果の持続性が限定的ですが、こちらは効果が半永久的です。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗tiktok公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連する症例

目の下のクマ・たるみ劇的改善!~最強のコラボレーション治療~

【目の下の切らないたるみ取り】目の下の眼窩脂肪が、たるみによって前にせり出してくることで「目袋」が出っ張り、さらにその下の脂肪が下にさがってボリュームがなくなる事によって「目の下のクマ」が強調されます。『目の下の切らないたるみ取り』では、そ

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、感染等 総額:82,000~170,000円

【 鼻整形+ヒアルロン酸で洗練された横顔へ 】

『プロテーゼ』+『鼻尖形成MAX(open)』+『鼻中隔延長』+『ヒアルロン酸(顎、額、こめかみ)』凹凸感のある鼻筋を滑らかし、鼻尖形成と鼻中隔延長で鼻先を細く高く整え、同時に顎にヒアルロン酸を入れることで立体感も出て、横顔のEラインが綺麗

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 疲れて見える顔を明るく若々しい印象に 】

目の下のクマ取りとは、下まぶたの裏側から脂肪を取り出し、クマやたるみを改善する施術です。お顔の表面には一切傷がつかずに 、術後の腫れなども少ないという特徴があります。

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。