症例モニター

【 40代のクマ治療 】

目の下のクマを改善するには、『目の下の切らないたるみ取り(下眼瞼脱脂)』をすることが多いですが、それだけでは目の下の“くぼみ”が残り、クマは完全に消えないことが多いです。そこで同時に脂肪注入をするのが良いです。
脂肪注入には脂肪処理の方法がいくつかあり、その中でも粒子を最も細かく処理して、シルクのように滑らかな脂肪にすることで、より繊細に、より精密に注入する事が可能なのが『シルキーファット注入術』です
以前はフィラーゲラーという機械で処理をしてかなり粒子の細かい脂肪のみを選択的に抽出できるのがマイクロCRF注入を行っていましたが、この治療も日本国内で導入しているクリニックは少数でした。

症例写真

施術のリスク

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

目の下の切らないたるみ取りイメージ
忙しいアナタでも大丈夫!
スッキリ若々しい目を取り戻そう!

目の下の余分な脂肪を除去する施術です。施術の傷跡はまぶたの裏側なので、お顔表面に傷が残りません。 1時間程度の短時間で終わるため、忙しい会社員や主婦の方にも人気です。

下まぶたの膨らみには「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という余分な脂肪が溜まっています。この余分な脂肪を取り除くことで、下まぶたのたるみを解消する施術です。

脂肪除去後のくぼみを埋めるために、脂肪注入術(目の下〜ゴルゴ)を同時に行うことで、美しいハリが蘇り、ふっくらとした若々しい印象にすることができます。

ナノCRFイメージ
従来の脂肪注入より
なめらかな仕上がりへ

コンデスリッチフェイスと同じく、患者様ご自身の脂肪を活用し、お顔のくぼみやシワなどを解消します。取り出した脂肪は不要物を取り除き濃縮しますが、シルキーファット(ナノCRF)はさらに不純物を取り除き抽出した洗練された滑らかな脂肪細胞を使用します。とても滑らかなため、お肌の薄い部分や繊細な部分での注入に最適です。不純物が少ないため定着率が高く、しこりを減らし、肌の活性効果を高めます。ヒアルロン酸注入は効果の持続性が限定的ですが、こちらは効果が半永久的です。

関連する症例

目頭切開の手術総件数大手美容外科時代全国No.1の実績のある医師在籍☆どんな目元も自由自在!目の整形ならGBCにお任せ!

【たるみ取り併用全切開法二重術】たるみの原因となっている余分な肉厚や脂肪をしっかりと取り除きつつ、なおかつ切開したラインにくっきりとした二重を作る術式です。【GBC式韓流目頭切開】 蒙古襞(目頭を覆う皮膚のツッパリ)を切開し、目と目の間の距

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。総額:536,000~766,000円

【 蒙古襞を切除し並行二重に 】

『GBC式目頭切開 』+『エターナル埋没二重術』目頭切開で蒙古襞を切除することで、平行二重になっています。特筆すべきは傷跡が目立たないことです。GBCでは傷跡が目立たないように切開の仕方を工夫しています。目頭切開は半年ほどかけて細かい腫れや

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 目頭切開の他院修正 】

この方は他院で目頭切開(Z形成)をされていましたが、理想のデザインより、蒙古襞を切られすぎたため、その後、他院でさらに蒙古襞形成を2回受けられていました。目頭部分の傷跡と、不自然に突っ張った蒙古襞が気になるとのことでご来院されました。お写

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。