2020.7.1

【美人の条件】VOL20 鼻先の修正手術。鼻尖形成・鼻翼縮小・鼻尖部軟骨移植を解説

移植した軟骨の位置がズレていた移植した軟骨の量が少なく、鼻先の高さが出ない皮下脂肪の除去の仕方が不十分で、鼻先が丸いまま患者さんの鼻の状態に反する、不適切な手術がされていた医師の技術の低さからか、ムダな傷跡が残ってしまった鼻尖軟骨を切除しすぎていたため、満足のいく鼻の形になっていない

2020.6.28

【美人の条件】VOL19 他院の鼻修正プロテーゼ編。鼻整形は1度で終わらすのが理想。しかし仕上がりが想像と違った、違和感がある等で修正手術を繰り返すと思わぬ事態になる場合もあります。

美人は鼻で決まるチャンネルVOL19他院修正プロテーゼ編。鼻整形年間1,000件以上の美容外科医グローバルビューティークリニック院長杉崎裕斗が親切丁寧に解説します。

2020.6.24

【症例:鼻整形】プロテーゼ+鼻尖形成+鼻翼縮小+鼻尖部軟骨移植

鼻整形年間1,000件以上美容外科医杉崎裕斗

2020.6.24

【閲覧注意】鼻の他院修正手術

術中にプロテーゼを抜去する瞬間の動画です。当院は鼻の他院修正手術を多数行っています。これまで他院修正を数多く執刀させていただいた中で、この方は他院で入れたL型プロテーゼ鼻先が右にズレていて、さらに上に押し上げられ、上向きになっていました。鼻なカウンセリングでも、患者様との会話の中で多いのが『プロテーゼを入れるのは怖いです。』『プロテーゼはよくずれてくると聞くのですが…』『プロテーゼを入れて鼻先が上向きになっている画像を見ました。』『プロテーゼはいずれ入れ替えしないといけないんですよね。』答えは全てノーです。ノーというか、適切なサイズのプロテーゼを正しい方法で正しい位置に挿入すればそのような事態にはなりません。プロテーゼは通常、皮下ではなく骨膜下に挿入されるべきであり、そうすれば、プロテーゼがズレたり、浮き出てきたり、入れ替えをしないといけないという事態には決してなりません。プロテーゼはご自身の鼻に美しく一体化するのです。美容整形に失敗しない為にもドクター選びはかなり重要です。今回は、L型プロテーゼを除去して『GBCソフトプロテーゼ隆鼻術』でプロテーゼを適切なサイズにカットして入れ直しその後、『GBC式鼻尖形成術3D法『鼻翼縮小術』『鼻尖部軟骨移植』を行いました。

2020.6.22

【美人の条件】VOL18斜鼻修正術。元々曲がっている鼻を修正できますか?

VOL18鼻筋のゆがみを直す「斜鼻整形」は、鼻整形手術の中でも大がかりな手術に分類されます。場合によっては、顔全体のゆがみや、歯並びも矯正していく必要があります。医師としっかり相談し手術方法を検討しまししょう。

2020.6.21

【症例:二重術】目の下のたるみ+全開二重+韓流目頭切開で瞼を閉じた際もバレにくい二重になりました

目の下のたるみを取り、二重手術と韓流目頭切開。グローバルビューティークリニック目の手術

2020.6.17

【美人の条件】VOL17 ワシ鼻修正手術。ややワシ鼻は美人…?

横から見ると、鼻筋が弓なりに曲がっており、先端がとがって見える「ワシ鼻」。日本人に多い、優しい目元や口元に対してややワシ鼻、というのは、美人に見えることが多々あります。しかし、欧米では「魔女鼻」と呼ばれることもあり、今一つ人気がありません。鼻整形年間1,000件以上。グローバルビューティークリニック院長杉崎裕斗が解説

2020.6.17

【症例:若返り】目の下の切らないたるみ取り+マイクロCRF注入(脂肪注入)+ゴルゴ線除去

鼻整形年間1,000件以上。グローバルビューティークリニック院長杉崎裕斗鼻整形症例。

2020.6.14

【症例:鼻整形】プロテーゼ+鼻尖形成+鼻尖部軟骨移植+鼻翼縮小

鼻整形年間1,000件以上の美容外科医、グローバルビューティークリニック院長杉崎裕斗の鼻整形症例。

2020.6.14

【症例:鼻整形】プロテーゼ+鼻尖形成+鼻翼縮小+鼻尖部軟骨移植+鼻柱下降術

鼻整形年間1,000件以上の美容外科医グローバルビューティークリニック院長杉崎裕斗の鼻症例

2020.6.12

【症例:鼻整形】プロテーゼ+鼻尖形成+鼻尖部軟骨移植

「ワシ鼻」は、横から見るとワシのくちばしのように見えるため、こう呼ばれています。鼻の付け根よりも、鼻筋の中央付近が盛り上がっており、さらに鼻先が少し下がり気味な鼻です。

2020.6.12

【症例:鼻整形】ヒアルロン酸溶解+プロテーゼ鼻尖形成+鼻尖部軟骨移植

目の下の切らないたるみ取り+マイクロCRF注入(脂肪注入)+ゴルゴ線除去グローバルビューティークリニックたるみ治療

2020.6.3

【美人の条件】VOL16小鼻縮小術を解説

「鼻中隔延長術」鼻先が根本から上を向いてしまう「ブタ鼻」。大きなコンプレックスになりやすく、程度に差はありますが悩んでいる女性は非常に多いです。また、メイクでもごまかすのが難しいため、常に上向きの鼻の形に悩まされることになります。そんな、「ブタ鼻」に悩まされている女性におすすめするのが、鼻中隔延長術です。

2020.5.30

【美人の条件】VOL15 鼻翼縮小術。小鼻のふくらみが気になる人必見

「小鼻が垂れ下がっているような気がする」「小鼻にメリハリがない」など、小さなポイントである「小鼻」に悩まされている女性はいませんか?鼻柱が後退して小鼻が垂れ下がって見えると、鼻の印象がぼんやりしてしまったり、鼻先が大きく見えてしまったりなど、デリケートな悩みにも繋がりやすいものです。そんな小鼻に悩む女性におすすめしたいのが「鼻柱下降術」という術式です

2020.5.30

【症例:鼻整形】プロテーゼ+鼻尖形成術+鼻中隔延長

自然な鼻に仕上がりました。症例は術前→3ヶ月後です。

2020.5.26

【美人の条件】VOL14 鼻柱下降術。鼻が垂れ下がって見える。とお悩みの方、鼻柱の改善で、バランスのよい鼻先にいたします

「小鼻が垂れ下がっているような気がする」「小鼻にメリハリがない」など、小さなポイントである「小鼻」に悩まされている女性はいませんか?
鼻柱が後退して小鼻が垂れ下がって見えると、鼻の印象がぼんやりしてしまったり、鼻先が大きく見えてしまったりなど、デリケートな悩みにも繋がりやすいものです。鼻整形年間1,000件以上の美容外科医グローバルビューティークリニック院長杉崎裕斗が解説

2020.5.22

【症例:鼻整形】プロテーゼ+鼻尖形成+鼻翼縮小+鼻尖部軟骨移植

美人は鼻で決まるチャンネルVOL15今回は鼻翼縮小術。「小鼻のふくらみが気になる」「笑うと鼻が横に広がる」など、小鼻のふくらみに悩む女性はいませんか?小鼻のふくらみは表情全体に影響が出てしまうだけで、「鼻の穴が目立つ」といった問題も生じます。そんな女性は「鼻翼縮小術」による小鼻の改善が適しています。今回は「鼻翼縮小術」の具体的な手術内容や概要について見ていきましょう。

2020.5.20

【美人の条件】VOL13 鼻中隔延長術。ブタ鼻でお悩みの女性必見です

美人は鼻で決まるチャンネルVOL16。縫うだけの小鼻縮小術は事前のカウンセリングで、メリット、デメリットをよく話し合った上で、自分に合った鼻整形方法を選択しましょう。

2020.5.4

【症例:たるみ治療】目の下のクマ・たるみ劇的改善!最強のコラボレーション治療

目の下の眼窩脂肪が、たるみによって前にせり出してくることで「目袋」が出っ張り、さらにその下の脂肪が下にさがってボリュームがなくなる事によって「目の下のクマ」が強調されます。『目の下の切らないたるみ取り』では、その眼窩脂肪を瞼の裏側からアプローチして除去することで「目袋」の出っ張りをなくし、さらにその下の窪んだ部分に脂肪(フィラーゲラー※マイクロCRF)を注入することでふっくらさせ、若々しい印象を作り出します。