当院の症例

【 目元複合手術で目力UP! 】

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 品の良さは鼻でつくる 】

『鷲鼻修正』+『プロテーゼ』+『鼻尖形成』+『軟骨移植』+『鼻柱下降』+『小鼻縮小』今回のお客様はワシ鼻を解消し、垂れている小鼻も整え、さらに鼻柱を下げてすっきりと忘れ鼻になりたいとのことでした。鷲鼻修正とソフトプロテーゼで鼻先をまっすぐに

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 GBC式 切らない全切開二重術 】

GBCの杉崎理事長による全切開二重術は、二重ラインに傷が出来ない術式を確立しております。全切開二重術の手術は、『脂肪や眼輪筋によるの厚みを取ることが出来る』ため、本来は【埋没二重術よりも自然な仕上がり】を作ることが可能です。しかし、埋没二重

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 他院修正でも圧倒的変化 】

『プロテーゼ入れ替え』+『鼻孔縁拡大(肉厚減幅)』+『鼻尖形成』+『軟骨移植』+『鼻柱下降』今回のお客様は、他院でプロテーゼと鼻翼縮小をされている方。プロテーゼがずれて触ると動いてしまう、小鼻縮小により鼻の穴が不自然に小さくなってしまったこ

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 GBCなら鼻中隔延長なしでここまで変化する 】

『プロテーゼ』+『鼻尖形成』+『軟骨移植』+『鼻柱下降』+『鼻翼縮小』この方は、存在感のあるお鼻がお悩みで、派手な鼻ではなく自分の顔に合った鼻になりたいとの事でした。鼻が目立ってしまう理由は色々ありますが、この方は皮膚の肉厚感があること、鼻

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 複合手術で圧倒的目力 】

『全切開二重術』+『GBC式目頭切開』厚ぼったい瞼を改善して自然なぱっちり平行型二重にしたいとのことで手術をご希望されました。全切開二重術で瞼の厚みとを取って目の開きの良いぱっちり平行型二重を作り、さらにGBC式目頭切開で蒙古

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 立体感のある垢抜けた目元に 】

『GBC式目頭切開』+『目の下の切らないたるみ取り』今回のお客様は、目頭のひだによる下への食い込みとクマを改善し、目元を華やかにしたくご来院されました。GBC式目頭切開で蒙古襞を切開しつつ、クマ取りを施すことで華やかなお目元になりました。G

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、個人差、感染施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 切らないクマ治療 】

『目の下の切らないたるみ取り』+『脂肪注入(シルキーファット)』目の下のクマを改善するには、『目の下の切らないたるみ取り(下眼瞼脱脂)』をすることが多いですが、それだけでは目の下の“くぼみ”が残り、クマは完全に消えないことが多いです。そこで

目の下のクマ手術におけるリスク腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、個人差、感染など

【 皮膚の分厚いお鼻も存在感のない忘れ鼻に 】

『プロテーゼ』+『鼻尖形成』+『軟骨移植』+『鼻柱下降』+『鼻翼縮小』この方は、存在感のあるお鼻がお悩みで、派手な鼻ではなく自分の顔に合った鼻になりたいとの事でした。鼻が目立ってしまう理由は色々ありますが、この方は皮膚の肉厚感があること、鼻

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、鼻の中や小鼻の際など目立たない部分なので分かりません。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。術後出血による血腫が出来る可能性がありますが、術後3日目まで患部に圧迫固定をすることで防ぐことが出来ます。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 傷跡が最も目立たないGBC式目頭切開 】

韓流目頭切開のダウンタイムは抜糸前までは糸が見えています。抜糸後は赤みが出ますがそこからお化粧で隠していただく感じです。1ヶ月の写真ではまだ赤みと皮膚の硬さがわずかに残っていますが、お化粧でうまくカバーされていてそんなに違和感もありません。

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。