スッキリ高く美しい鼻へ その変化を維持し続けたいなら
2017.12.20

VOL9鼻整形の具体的な方法 その2 ブロテーゼ隆鼻術

目元や口元とは違い、メイクでは印象を変えることが難しい「鼻」。鼻の高さについては、自力で改善することが難しく、現状としては「手術」による改善方法が主流です。
今回は「プロテーゼ隆鼻術」についてお伝えします。僕自身がお勧めしている手術方法です。

動画公開中

【美人の条件】VOL9鼻のプロテーゼ。実はバレにくく、自然な仕上がり。鼻整形を検討している人は必見です!鼻を高くしたいなら、プロテーゼがオススメです。なぜプロテーゼがオススメかをわかりやすく解説します。実はバレにくく、しかも自然な仕上がり。また、万が一の時も修正がしやすいのが特徴。

傷跡が分からない手術

プロテーゼ手術のイメージ

手術を検討する女性にとって一番気になるのが「傷跡から、整形したことが周囲に気づかれてしまうのではないか」ということではないでしょうか。
しかし、プロテーゼ隆鼻術は、鼻の穴からメスを入れて、鼻の皮膚の下にプロテーゼを差し込む手術です。そのため、外から傷が見えてしまうということはありません。
プロテーゼとは、人工軟骨※1の一つで、当クリニックでは人体組織に近いシリコンでできたプロテーゼを使用しています。衝撃に強く、変形や変質の心配が少ないのが特徴です。

グローバルビューティークリニックでは、人体の組織に近い、とてもやわらかい素材のプロテーゼを使用していますが、これは心臓の人工弁や人工関節などにも使用されている素材です。
また、プロテーゼの形は、患者さん一人ひとりの鼻の形や鼻筋だけではなく、おでこやアゴ、目や口の大きさなど、全体的なバランスを見ながら、手術中に僕自身がオーダーメイドで手作りします。そのため、「鼻に違和感が現れる」「鼻の形が不自然」といったトラブルを引き起こしたことは、これまでありません。

※1 人工軟骨:人の軟骨に良く似せて作られた物質で、柔軟性があり形を整えやすい

プロテーゼ隆鼻術のメリット・特徴

プロテーゼを入れた鼻の構造

プロテーゼには「I型」「L型」の2種類が存在しますが、当クリニックでは「I型」のプロテーゼのみを使用しています。これを、鼻の穴からアプローチして、鼻の骨と、骨を覆っている骨膜との間に挿入していきます。
手術時間は、およそ20分です。

気になるメリットですが、「鼻先を高くする」というだけではありません。意外にも「小顔効果」も期待できます。つまり、鼻筋が通ることで、顔全体がスッキリとした印象になりやすく、同時にフェイスラインもシャープに見えるようになる、ということです。 鼻だけでなく、フェイスラインも気になる……という女性には大きなメリットになるのではないでしょうか。

さらに、効果の持続期間も「半永久的」であることから、注射による施術のように、定期的に施術を受けて効果を維持する必要はありません。事故などのトラブルが無ければ、基本的には一度の手術で、あなただけの美しい鼻を手に入れることができます。長い目で見れば、プロテーゼ隆鼻術は、定期的に注射を受けるよりも安く、短い時間で美しい鼻を手に入れることが可能、と言えるかもしれません。

メイクはおよそ「術後3日目」から可能

女性にとって、メイクがいつからできるは気になるところですよね。プロテーゼ隆鼻術は、メスを入れる手術であるため、ヒアルロン酸注入とは違い、術後は鼻周辺に腫れや内出血が起こることがあります。しかし、個人差はあるものの、術後1週間ほどで症状は落ち着き、目立たなくなりますので、あまり心配はいりません。
術後3日目頃からはメイクも可能になるため、ファンデーションやコンシーラーなどである程度カバーすることができます。社会人女性であれば「長期間仕事を休めない…」という女性も多いと思いますが、メイクでカバーできれば、3日目ぐらいから普段通りに出勤できるのではないかと思います。

おわりに

「もう少し鼻が高ければ……」「スッと鼻筋が通った鼻にあこがれるけど……」という悩みは、多くの女性が抱えているものです。しかし鼻は、アイメイクのようにメイクで印象を変えるというのは非常に難しく、自力で形や高さを変えるということも現実的ではありません。
自分の顔立ちに合わせた「美しい鼻」を実現するためには、オーダーメイドによるプロテーゼ隆鼻術が好ましい選択といえるでしょう。もちろん、オーダーメイドとなると医師の技量次第で、仕上がりや時間に差が出てきますので、医師選びは十分、慎重に行いましょう。

杉崎理事長

著作:杉崎 裕斗sugisaki

大阪梅田の美容外科・美容皮膚科「グローバルビューティークリニック」院長。鳥取大学医学部卒業後、鳥取大学医学部付属病院(胸部外科、心臓血管外科)、鳥取赤十字病院(胸部外科、乳腺外科、麻酔科)、大阪府立急性期・総合医療センター(心臓血管外科)を経て、2011年より湘南美容外科クリニックで美容外科医として勤務。2012年には同クリニックの大阪駅前院の院長に就任。2016年に独立してグローバルビューティークリニックを開院。 整鼻術、二重(目頭切開法)、アンチエイジング(リフトアップや目の下のクマの治療)などを得意とする。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連する施術

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です