色々な鼻のカタチ 美しさも色々
2017.10.25

VOL3鼻の形で見た目の印象は左右される

鼻は顔の中心、一番目立つところにありますから、美しさや第一印象を決める大事な判断材料となります。鼻の形が見た人にどんな印象を与えるのか、それぞれの鼻の形から考えていきましょう。

動画公開中

【美人の条件】VOL3 鼻の形を分類別に解説。鼻の形で見た目の印象は左右されます。鼻の形はいくつかに分類できます。長い鼻、短い鼻、ブタ鼻、ローマ鼻、ギリシャ鼻、大きい鼻、ワシ鼻、小さい鼻、曲がった鼻、団子鼻、ニンニク鼻、鼻の穴が見える鼻。あなたはどの鼻に分類されるでしょうか?自分の鼻の特徴をしることで、それにあったメイクをすることで見た目の印象はかなり変わります。

それぞれの鼻の形

  • 大きい鼻
    【大きい鼻】顔の大きさに比べて、横幅や縦の長さ、高さのある大きな鼻です。
    このタイプの鼻は、男性的な印象を与えますので、鼻が大き過ぎる女性は「自己主張が強い性格」などの印象を持たれがちです。
    ただし、目が大きくパッチリしていると、鼻の大きさはそれほど目立たず、凛々しく自立した女性に見えることもあります。
  • 長い鼻
    【長い鼻】鼻のつけ根から鼻先までが長い鼻で、「形はきれいなのに、長さだけが気になる」という鼻です。
    このタイプの鼻は、前回の当コラムでもお伝えした通り、「実年齢より年上に見られる」という傾向があります。
  • ワシ鼻(魔女鼻)
    【ワシ鼻(魔女鼻)】ワシのくちばしのように、鼻筋が弓なりに曲がり、先端が尖っている鼻です。欧米では「魔女鼻」と呼ばれることがあります。
    このタイプの鼻は、意地悪に見られがち。あまり良い印象を持たれません。しかし、日本人の優しい目や口と「ややワシ鼻」という組み合わせは、美人に見えることが多々あります。
  • ローマ鼻
    【ローマ鼻】目頭と目頭の間がくぼみ、その下は直線的に高さが増していく鼻です。「鼻筋が通った」と表現されます。 このタイプの鼻は、人を牽引するような統率力があるという印象を与えます。
  • ギリシャ鼻
    【ギリシャ鼻】額部分から鼻先まで、くぼまずに高さが増していく形で、古代ギリシャの彫刻でよく見られる、迫力のある鼻です。
    このタイプの鼻は、西洋人でもあまり見かけなくなりましたが、日本人にも、おでこと目の間の高さが同じになっている人がいます。中には、やり過ぎた鼻の美容整形手術によるもの、という人もいるようです。
  • 小さい鼻
    【小さい鼻】顔の大きさに比べて幅や長さが短い鼻です。
    このタイプの鼻は、年齢よりも下に見られがちで、幼い印象を与えることがあります。
  • 低い鼻
    【低い鼻】鼻全体の高さがない、低い鼻。
    このタイプの鼻は、顔全体が平面的に見え、地味な印象を与えることがあります。しかし、くっきりした二重やぷっくりと膨らんだ唇を併せ持っていると、顔全体ではバランス良く見えることがあります。
  • 団子鼻
    【団子鼻】鼻先や小鼻が丸く膨らんでいる鼻です。横から見ると鼻先のシルエットが丸く尖っていないのが特徴で、日本人にとても多い形です。
    このタイプの鼻は、親しみを感じやすいのですが、一方で「知的な印象」が薄くなりがちです。
  • ニンニク鼻
    【ニンニク鼻】鼻の先端が丸く大きく小鼻が横に膨らんでいる鼻です。 このタイプの鼻は、笑うと小鼻がさらに横に広がりますので、笑顔になると顔全体のバランスが崩れて見えてしまうことがあります。
  • ブタ鼻
    【ブタ鼻】鼻筋が短く、上向きで鼻の穴が目立つ鼻です。鼻の先端が丸く、団子鼻とブタ鼻が合体しているケースが多いようです。
    このタイプの鼻は、鼻の穴が見えるため、コミカルな印象を与えがちです。
  • 鼻の穴が見える
    【鼻の穴が見える】ブタ鼻とまではいかないけれど、鼻先が短いために鼻の穴が見えてしまう鼻です。
    このタイプの鼻は、他のパーツがどれだけ整っていても、鼻の穴が丸見えですから、印象に残りやすい顔立ちだと言えます。一方で、顔全体のバランスが良ければ、鼻の穴が見えることも魅力の一つになるケースもあります。
  • 鼻の穴が見える
    【鼻の穴が見える】ブタ鼻とまではいかないけれど、鼻先が短いために鼻の穴が見えてしまう鼻です。
    このタイプの鼻は、他のパーツがどれだけ整っていても、鼻の穴が丸見えですから、印象に残りやすい顔立ちだと言えます。一方で、顔全体のバランスが良ければ、鼻の穴が見えることも魅力の一つになるケースもあります。
  • 曲がった鼻
    【曲がった鼻】鼻筋が曲がっている鼻です。ケガなどが原因のこともありますが、生まれつき鼻の骨格が曲がっている人もいます。
    このタイプの鼻は、顔の中心に「ゆがみ」ができるため、落ち着かない印象を与えてしまうことがあります。

鼻美人は性格美人?

もちろん、顔の印象と本人の性格とが一致するとは限りません。しかし鼻の形が判断材料となり、その人のイメージを作り上げてしまうことが多々あります。
美容整形手術に対して抵抗が少ない韓国などでは、印象を変えるために「まずは鼻の形を変える」という人も少なくありません。実際、私の患者さんでも

● 就職活動がうまくいかず悩んでいたのに、鼻の形を変えたら見事に合格した
● 60歳を過ぎて結婚相手が見つかった というエピソードをもつ女性がいます。

これは、鼻の形が変わったことで相手に与える印象が大きく変わったことが要因かもしれません。しかしそれだけではなく、自身の性格にも良い意味での「変化」が起き、より魅力的な女性になれたのではないでしょうか。

たとえ、ファッションやメイクで自分の気持ちを高めて1日を過ごしても、入浴後には「素の自分」になりますね。見た目のコンプレックスを目の当たりにする瞬間です。
「このブタ鼻がもう少し普通の形だったら……」と思いながら過ごしている限り、自分に自信を持つことはできないでしょう。
そうして、日々ストレスを抱えて暮らすのであれば、コンプレックスをスッキリ解消してしまったほうが、精神的にも良い結果を得られるはずです

杉崎理事長

著作:杉崎 裕斗sugisaki

大阪梅田の美容外科・美容皮膚科「グローバルビューティークリニック」院長。鳥取大学医学部卒業後、鳥取大学医学部付属病院(胸部外科、心臓血管外科)、鳥取赤十字病院(胸部外科、乳腺外科、麻酔科)、大阪府立急性期・総合医療センター(心臓血管外科)を経て、2011年より湘南美容外科クリニックで美容外科医として勤務。2012年には同クリニックの大阪駅前院の院長に就任。2016年に独立してグローバルビューティークリニックを開院。 整鼻術、二重(目頭切開法)、アンチエイジング(リフトアップや目の下のクマの治療)などを得意とする。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連する施術

ワシ鼻修正術イメージ
余分な骨とはサヨナラ。
美しい横顔と出会うために

ワシ鼻は、鼻筋の中央部分にある骨(これは固い骨)と、軟骨との接合部分が発達して盛り上がっているために「横から見ると鼻筋が弓なりに見える」という形状です。まずは、お顔全体の骨格から、最適な鼻のラインを診断します。デザインしたラインに沿って、切除する鼻骨の部分を決め、まっすぐな鼻に修正します。突出部分を

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの方法です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ばれる「