1. HOME
  2. 医師の年数=手術がうまい、というわけでは無い?
2018.7.20

医師の年数=手術がうまい、というわけでは無い?


みなさんは、クリニックを探す時、まず何をしますか?
多くの人は、わからない、知りたいとなった時、恐らくWebサイトに答えを求めるでしょう。現代は、Webサイトの情報は多くの人に見られることから、どの業界でもWebサイトには力を入れていると言えます。
でも、一体何をどこまで信用すれば良いのか。今回はこれについて考えてみます。

美容外科クリニックのWebサイト、どこまで信用できるの?

美容外科クリニックのWebサイトには、たくさんの宣伝文句が挙げられています。
その中に「キャリア10年のベテラン医師による執刀」「経験豊富な医師が手術を担当」など、キャリアを宣伝する言葉を目にしたことがあるかと思います。
みなさんは、これらを見て何を感じますか?おそらく「キャリアの長いベテラン医師なら、技術面においても安心だろう」と考える人の方が、多いのではないでしょうか?
しかしながら、これらの言葉からは、
  • どのような手術を
  • どのくらい行っていて
  • どのような結果を残しているか
については、伺い知ることはできません。
医師としての経験年数と、手術がうまいかどうかは比例しない、ということを、スポーツ選手を例に挙げながら説明していきたいと思います。

プロ野球ドラフト1位で入団した選手 vs 10年のベテラン選手

プロ野球選手を見てみましょう。高校野球で輝かしい実績を残してドラフト1位で入団し、入団当初から大きな活躍を見せる若手選手と、どうにかこうにかプロを続けている、年数だけはベテランといえる選手では、どちらの技術が上と言えるでしょうか?
スポーツの世界では、経験年数が短くても、持って生まれた身体、才能、センスがあれば、良い結果は出せます。若くして結果を残している選手も、たくさんいるのです。
プロ野球選手のキャリア=経験年数だけで判断するべきではないポイントは、ここにあります。

美容外科の世界ではどうなのか?

では、経験年数があるベテラン医師vs技術力の高い若手医師はどうでしょうか。
手術を行う外科医は、医師の中でも特に技術が重要と言える職業です。スポーツ選手同様、持って生まれた才能と、手術における「センス」が必要とされます。手術器具の使い方、指先への力の入れ方、糸の結び方など、「良い加減」で行えるかどうかが、手術におけるセンスなのです。

例えば、10年間で1,000件の手術を行ってきたベテラン医師に対して、たった1年で1,000件の手術を行う若手医師もいます。
ではどうして年間手術数に差が出てくるのでしょうか?

技術のある医師の多くは、真似ることが非常にうまい!と言えます。さらに、外科医の場合は特に、指先の感覚が非常に大事です。医師としては、より多くの知識をもつことも大事ですが、先輩医師の手術手技を真似ること、そのために自分の指の感覚を大事にすること、経験したことをいつまでも覚えていること、これらが揃うことで、持って生まれたセンスは、より一層、磨かれていきます。
例えば、元々運動神経の良い人は、初めてやるスポーツでも、少し練習するだけで、それなりにできるようになりますよね。教えている方も「センス良いね」と声をかけるでしょう。
それと同じで、美容外科の世界でも、技術やセンスのある医師は、立ち会った手術で見た技術をあっという間に習得し、いざという時に再現できる、高い能力を持っています。すると、手術ではよい結果を残していきます。さらに、患者さんの口コミなどで良い評価が広まれば、患者さんもその噂を聞いて全国から来院されるので、自ずと症例件数も増えていきます。患者さんが患者さんを呼ぶ、ということです。

仮に、1年間で100件の手術を行ってきたベテラン医師を例にして考えると、10年間では1,000件の手術を経験していることになります。


図1 ベテラン医師の10年後



一方、1年間で1,000件の手術を行う若手医師はどうでしょうか。単純に計算すると、10年後には10,000件の手術を行っているかもしれません。


図2 若手医師の10年後



経験年数的にはベテランの領域に入る医師でも、これまでのトータルでの経験症例件数が多く、良い結果を残してきた、とは限らないのです。
「ベテラン医師」という言葉は、患者さんにとっては魔法の言葉に聞こえるかもしれません。しかし「何をもってベテランとするのか」を見極め、「ベテラン医師」という言葉に惑わされないよう、しっかり確認するとよいでしょう。

まとめ

美容外科選びにホームページをチェックする方も多いかと思いますが、「経験豊富」とか「キャリア年数」を売りにした宣伝文句にはだまされないでください。「キャリアある医師=技術力が高い」とは言えませんし、逆に「若い医師=技術力に欠けている」ということもないのです。
上図にもあるように、症例件数が同じ医師でも、かかった年数は1年と10年とでまったく違います。
それぞれの10年後を考えてみれば、両者が経験した症例件数は、大幅に違うことがご理解頂けるでしょう。医師の腕を見極めるためには、どのくらいの期間でどれだけの手術を行ってきたかという点に、ぜひとも注目してみてください。キャリア年数が長い医師でも技術のない医師はいますし、キャリア年数が短くても技術ある医師はいます。さらに、医師の経歴、手術内容なども参考にしてみるとよいでしょう。

医師を見極めることは難しいことですが、最終的にはあなたの美に大きく影響します。ここはしっかり確認し、病院選びをして頂きたいと思います。
Copyright (C) グローバルビューティークリニック All Rights Reserved.
Copyright (C)
グローバルビューティークリニック
All Rights Reserved.