1. HOME
  2. 鼻整形手術の具体的方法~鼻尖部軟骨移植~
2018.1.27

鼻整形手術の具体的方法~鼻尖部軟骨移植~


鼻先だけが上を向いていて鼻の形が不格好。鼻先が低くて顔に立体感がない。
こうしたタイプの鼻には「鼻尖部軟骨移植」という手術をおすすめしています。患者さんにとってのメリットが多く、安心して受けやすい手術です。

鼻先だけが上を向いた鼻、低い鼻には「鼻尖部軟骨移植」がおすすめ

鼻尖部軟骨移植がおすすめできる鼻の特徴は、「鼻先だけが上を向いている」「鼻先が低い」などですが、こうした特徴の鼻先に、患者さん自身の耳の軟骨を移植します。結果的に、
● 鼻先を下に向けて延長する
● 鼻先の高さを高くする
などの効果が期待できます。

具体的には、まず耳の後ろを切開して耳介軟骨と呼ばれる軟骨を採取したり、耳の穴の中を切開して、耳の前にある耳珠軟骨という軟骨を採取します。これを鼻の形に合わせて形を整えながら、2~3枚重ねて鼻先に挿入するというのが、具体的な手術内容です。

しかし「耳の軟骨を移植する」と聞いて、不安を感じる女性は多く、別の手術を選択する方も少なくありません。
それでも僕が鼻尖部軟骨移植をおすすめするのは、患者さんにとってのメリットが多いからです。

鼻尖部軟骨移植のメリット

では、鼻尖部軟骨移植のメリットについてご紹介します。

安全性が高い


自分の軟骨を使用するため、身体が拒絶反応を起こす心配がありません。思わぬトラブルのリスクが少なく、安全面で優れているといえます。

形や高さを微調整できる


鼻の形は顔の印象を大きく左右します。そのため、形や高さを慎重に調整しなければなりません。鼻尖部軟骨移植では、薄い軟骨を何層か重ねて形を作っていくため、細かい調整ができるというメリットがあります。

鼻の軟骨が小さい、弱い人にも適している


もともと鼻の軟骨が小さかったり、弱かったりすると、鼻先に軟骨を挿入した際に沈み込んでしまう可能性があります。この場合には、耳の軟骨の一部で鼻柱を作り、高さを保つような手術を行うことも可能です。

完成した鼻に触れても違和感がない


完成した鼻に触れても違和感がありません。もともとそこに存在していたように、自然な仕上がりです。

経年劣化がない


経年による劣化はもちろんのこと、鼻先の軟骨損傷もほとんどないため、長く美しい鼻を保つことができます。

手術跡が目立ちにくい


耳から軟骨を取り出す手術ではありますが、耳の裏側や、耳の穴の中を切開するため傷跡は目立ちません。また、オープン法の場合の鼻の傷跡については、個人差はあるものの、多くのケースでは1か月ほどでほとんど目立たなくなります。

鼻尖部軟骨移植の費用や手術時間、注意点などについて

鼻尖部軟骨移植の費用についてですが、基本的には鼻先に軟骨を入れるために鼻先の処理が必要なため、同時に鼻尖形成術を行う必要があり、鼻尖形成術と鼻尖部軟骨移植のセットでの手術となるため、費用も2か所分でセットとしているところが多いようです。
当院では合計して42万円程度です。

手術時間は、耳の切開などを含めてもおよそ30分程度です。
「移植手術」と聞くと大掛かりな手術をイメージしてしまいがちですが、上述した通り、耳の切開自体は2センチ程度と小さめです。
そのため、手術時間が極端に長くなるということはありません。

また、術後は3日間ほどギブスで固定し、5~7日程度で抜糸を行います。人によっては手術箇所が腫れたり、内出血を引き起こすこともありますが、1週間程度で引いていくため、心配はいりません。
ただし、症状が落ち着いてきた場合でも、基本的には術後1か月間は不必要に鼻に触れないようにしましょう。完全に固定されていない可能性があるため、この時期に鼻、特に鼻先に強い力を加えることは危険です。
なるべく「鼻に触れない生活」ができるよう、気を付けてください。

鼻尖部軟骨移植で安全に美しい鼻を

鼻尖部軟骨移植には、様々なメリットがあることをお伝えしました。
安全性の面、仕上がりの良さ、もとの鼻の形への対応の柔軟さなど、様々なメリットがある術式といえます。
しかし、この鼻尖部軟骨移植は、鼻と耳を同時に切開・縫合するため、執刀医の技術が重要なポイントです。また、取り出した軟骨を最適な大きさに形成する作業には、執刀医の「センス」も求められます。
そのため、手術を依頼する前に、担当執刀医の技術やセンスについて、きちんと確認しておくことが大切です。
Copyright (C) グローバルビューティークリニック All Rights Reserved.
Copyright (C)
グローバルビューティークリニック
All Rights Reserved.