「角を立てる」ことが良いことだってあるんです!
2018.1.27

VOL10鼻整形手術の具体的方法~鼻尖形成術~

これまでにもお伝えしている通り、鼻先の丸みや団子鼻に悩む女性は多いでしょう。実は、人種的な違いも関係しているため、日本人の多くが、こうした特徴の鼻を持っています。
こうした鼻に悩む女性に僕がおすすめしているのは「鼻尖形成術」という手術です。

動画公開中

【美人の条件】VOL10ブタ鼻・団子鼻解消の鼻尖形成術を徹底解説。2つのアプローチ方法のメリット・デメリットについて説明鼻整形年間1,000件以上の美容外科医杉崎裕斗が鼻尖形成術を丁寧に解説。鼻尖形成術にはクローズ法とオープン法の2つのアプローチ方法があります。クローズ法は患者さんファーストなアプローチ方法。メリット・デメリットをしっかりと理解してクリニック選びをいたしましょう。

「団子鼻」はなぜできるのか

みなさんは、団子鼻の原因をご存じでしょうか?
もちろん、団子鼻を作り出す原因はいろいろありますが、一般的に「原因」とされることが多いのが「皮下脂肪の存在」と「大きく開いた軟骨」です。
例えば、ぷにっとした柔らかい感触を感じる場合、これは脂肪などの軟骨組織です。これが、鼻先の丸みや団子鼻の原因となっています。

鼻先の丸み、団子鼻は「鼻尖形成術」でアプローチ

鼻先の丸みや団子鼻は、今回お伝えする「鼻尖形成術」での改善が期待できます。
具体的な手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。
また、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広がっているケースでは、必要に応じてこの軟骨も少しトリミングし、糸で固定して鼻先を細くします。
もう少し具体的にご説明しましょう。

2つのアプローチ方法がある?

「鼻尖形成術」による鼻先へのアプローチ方法は2種類存在します。
それぞれの詳しい内容についてご紹介します。

クローズ法

左右の鼻の穴を切開して内側からアプローチする方法です。外からの傷が残らないため、周囲の人には、手術を受けたことがバレにくいというメリットがあります。 しかし、実際に切開していく部分が見えにくいため、担当する執刀医の経験や技術が、その結果を大きく左右するアプローチ方法でもあります。

オープン法

鼻の穴と、鼻柱部分を切って手術を進める方法です。 クローズ法よりも外傷が目立つというデメリットがある反面、術野(実際に手術を進めている場所)が見えやすいため、執刀医によるミスの心配が少ないというメリットがあります。 また、皮膚の外側にできる切開創(切開したキズ)については大きく目立つものではなく、1か月もするとほとんど分からなくなります(もちろん、個人差はあります)。切開する部位も目立たない場所を選んで行うため、大きな心配をする必要はないでしょう。

クローズ法とオープン法

僕の個人的な意見としては、できるだけ患者さんの身体に負担をかけたくないため、クローズ法でアプローチすることが多いです。しかし、他院修正手術などのような場合には、オープン法を採用することもあります。
どちらの方法で手術をするかについては、きちんと説明し相談もお受けして決定しています。

「鼻尖形成術」の術後状態や費用などについて

鼻尖形成術では、静脈麻酔を使用するため、術中の傷みについては心配いりません。
手術時間は約20分と、比較的短い時間で終了します。
術後2〜3日の間は、痛みがあるかもしれませんが、鎮痛剤(痛み止めのお薬)で緩和出来る程度の痛みであるため、激しい痛みに悩まされるケースは少ないです。

また、術後に腫れたり、内出血を起こしたりすることもありますが、次第にそれぞれの症状は落ち着いてきます。
尚、術後は最低でも3日間、ギプスで固定する必要があります。そして術後1週間程度で、抜糸を行います。
ただし、抜糸をした後であっても、しばらくの間は、鼻への接触を少なくして頂きます。目安は術後一か月ほど。必要以上に触れないように心がけてくださいね。
気になる費用は、相場が20~25万円程度。
当院は、実際の施術内容によって若干の変動がありますが、およそ21万円です。

鼻を美しく、小さく

鼻先の丸みや団子鼻は、知的に見えにくく、コンプレックスとして感じる女性は少なくありません。
特に日本人の多くは、美しい鼻といわれる「シャープな鼻先」とは程遠く、「団子鼻」の存在が、顔全体の印象や表情にも影響してしまうことがあります。
今回ご紹介した鼻尖形成術では、そうした鼻の悩みを改善することが可能です。しかも、手術時間わずか20分という比較的短時間で、求める鼻の形を手に入れることができます。
鼻尖形成術は傷も目立たず、術後の症状も深刻ではありません。長年、鼻の形に悩んでいる方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

杉崎理事長

著作:杉崎 裕斗sugisaki

大阪梅田の美容外科・美容皮膚科「グローバルビューティークリニック」院長。鳥取大学医学部卒業後、鳥取大学医学部付属病院(胸部外科、心臓血管外科)、鳥取赤十字病院(胸部外科、乳腺外科、麻酔科)、大阪府立急性期・総合医療センター(心臓血管外科)を経て、2011年より湘南美容外科クリニックで美容外科医として勤務。2012年には同クリニックの大阪駅前院の院長に就任。2016年に独立してグローバルビューティークリニックを開院。 整鼻術、二重(目頭切開法)、アンチエイジング(リフトアップや目の下のクマの治療)などを得意とする。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連する施術

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの方法です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ばれる「

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理します。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広がっているケース

切らない鼻尖形成術(糸によるプチ形成)イメージ
メスが怖くても平気!自然で美しい鼻を諦めないで

小鼻の広がりは気になるけど、メスを使った施術には抵抗があるという患者様にお勧めです。糸を埋没させて左右の小鼻を縫い縮める施術方法で、小鼻を小さくし、丸みを減らすことができます。メスを使わず、開いた鼻翼軟骨を糸で中央に寄せることで鼻先をスッキリさせる施術方法です。メスを使わない施術のため回復が早く、腫