鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小 症例
2021.4.16

VOL9鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小 症例|「目鼻立ち」は、人の第一印象を左右する大事なパーツ(9)

プロテーゼを入れる前にヒアルロン酸溶解を行い、バランスを取るために鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小を行いました。グローバルビューティークリニック大阪院院長滝内ヒロフミがわかりやすく解説。

20代女性
鼻筋にヒアルロン酸をいれていたが、プロテーゼに変更したいという事で来院いただきました。

Q. 今回のお悩みは?

鼻筋をヒアルロン酸で形成しているのだが、注入時は理想のカタチになっているものの、ヒアルロン酸が減ってくると鼻のカタチが変形してきてヒアルロン酸を入れている事がバレる。

Q. ヒアルロン酸で鼻筋をつくるという方法はオススメですか?

A. オススメしません。
ヒアルロン酸は手軽な手法ですので、ヒアルロン酸で理想の鼻をつくり、顔全体の印象がどのようにかわるか見るために試してみるというのはよいと思います。
ただ、エスカレートしてきて、注入量を増やしたりすると、鼻が太くなってきてしまったり、多くないケースではありますが、失明する時もあります。

Q. 今回の施術は

まずは、ヒアルロン酸のかわりに、プロテーゼをいれる事となりました。
鼻のヒアルロン酸は製剤によるが、1年半から2年
鼻筋のヒアルロン酸は減少していくので、定期的に追加していかなければいけないというお悩みを解消します。プロテーゼで鼻筋を通すので、他の部分のバランスをとらなければいけないので、他にもいくつか施術を行いました。
今回の施術
ヒアルロン酸溶解
プロテーゼ
鼻尖形成
鼻尖部軟骨移植
鼻翼縮小

鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小 術前写真1

Before

鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小 術前写真2

Before 斜め

鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小 術前写真3

Before 横

プロテーゼで、鼻筋を作るにあたり、鼻先は少し丸いのと鼻の穴が少しですが、見えていたので、これらも解消する事にしました。

鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小 症例写真1

Before・After(3M)
ヒアルロン酸を溶解してプロテーゼを入れた3ヶ月後の写真です。鼻筋がスッとしました。
この方は、元々鼻の筋が少し曲がっていたと思います。鼻筋の多少の曲がりならプロテーゼで十分補填する事ができます。

鼻尖形成術・鼻尖部軟骨移植・鼻翼縮小 症例写真2

Before・After(3M)
小鼻については、今回内側法と外側法を組み合わせて施術しました
鼻尖形成も行っていますが、それに合わせた鼻の穴にバランスよく仕上がる事ができました。

まとめ

今回の症例は、一生ヒアルロン酸で鼻の形を作り続けるか、何処かのタイミングでプロテーゼを入れて一生モノを手に入れるかのジャッジでした。まずは早い段階でプロテーゼを入れる事をジャッジされたのは正しいと思います。
20代の方ですが、ヒアルロン酸を入れ続けた場合い、「何歳まで入れるの?」ここから先、何十年も定期的にヒアルロン酸を入れ続けるのは一苦労だと思います。つまり仕上がりのデメリットとして、・持続期間がある・わずかだが、失明のリスクがあります。
プロテーゼは一緒モノであるので、最終的にはコスト面でも安く済むということになります。ヒアルロン酸がダメと言う事ではなく、効果の持続期間があるという事です。
団子鼻やワシ鼻等、鼻が顔の中で目だっている方、鼻は顔の中で目立たないのが一番キレイな鼻です。お手軽にできるヒアルロン酸による鼻の形成もよいですがプロテーゼを検討してみてください。コストパフォーマンスは間違いなく良いですよ。

関連する施術

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの方法です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ばれる「

鼻尖部軟骨移植(耳軟骨移植)イメージ
わずかな調整も可能な自家軟骨移植で
美しい鼻を手に入れよう

ご自身の耳から取り出した軟骨(自家軟骨)や、医療用の軟骨を鼻先に移植することで、鼻尖部を高くする、下方向へ少し延長する、などの効果が期待できます。耳の軟骨を採取する場合、傷はほとんど目立ちません。医療用の軟骨は人体への親和性が高く、自家軟骨の採取不足による効果不足が起きないというメリットもあります。

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は