GBC式シークレット法(傷跡が残らない二重埋没法)症例アイキャッチ
2021.3.23

VOL8GBC式シークレット法(傷跡が残らない二重埋没法)症例|「目鼻立ち」は、人の第一印象を左右する大事なパーツ(8)

二重術では一般的な埋没法。埋没法は目を閉じると瞼に縫い目が残ることがありますが、今回は傷跡が残らない施術をご紹介します。
当院では二重術シークレット法といいます。
傷跡が残らないのでお化粧ができない方や男性の方にも向いています。

Q. 今回の方のお悩みは

二重の線があさく、人から眠たい印象を与えてしまう事がお悩みでした。

Q. 今回の施術は

GBC式シークレット法を採用しました。

GBCシークレット法とは

二重埋没法ではありますが、傷跡が残らないのが特徴です。通常の埋没法は糸を瞼からだして、折り返して縫っていくのですが、今回のシークレット法は瞼に糸を通した穴が出来ずに二重の腺に沿って折り返していく手法です。

症例

GBC式シークレット法(傷跡が残らない二重埋没法)症例写真1

まずは、術前と術後を比較してみます。二重の腺がくっきりしてメリハリのある目になりました。今回のシークレット法の特徴である、閉眼時の傷跡です。

GBC式シークレット法(傷跡が残らない二重埋没法)症例写真2

瞼をみて下さい。糸を通す穴があかないので、傷跡が殆ど目立ちません。
1ヵ月後の閉眼時の写真です。

GBC式シークレット法(傷跡が残らない二重埋没法)症例写真3

傷跡は殆どわからないと言ってよいと思います。
また、術前~1ヵ月後の写真です。

GBC式シークレット法(傷跡が残らない二重埋没法)症例写真4

施術直後から腫れも少なく、通常の生活を送っていただく事ができます。また今回は男性ですので、仮に傷跡が残ったとしてもお化粧などで隠すことができませんので、このシークレット法は非常にバレにくい施術であると言えます。

まとめ

二重シークレット法は傷跡が目立たないのが最大の特徴です。ダウンタイムも短く、術後すぐにお仕事等で人と会わなければいけない方など最適な二重術だと思います。もちろん女性の方も比較的すぐにお化粧ができるようになりますので【バレにくい】という事では最適な二重術です。このシークレット法も自分自身が適応であるか医師と相談して決めるべきですが、安易に二重にするために、アイプチやアイテープなどを多用して皮膚がのびてしまうと適応でないケースもでます。キレイな二重になりたい!バレずに二重にしたいと考えている方は、はやめにクリニックにお越しいただき医師に相談してみて下さい。