鼻の整形 術前写真
2021.3.4

VOL6プロテーゼ・鼻尖形成・鼻翼縮小 – 鼻の整形症例|「目鼻立ち」は、人の第一印象を左右する大事なパーツ(6)

鼻整形症例で団子鼻解消するためにプロテーゼ・鼻尖形成・鼻翼縮小をおこないました。鼻尖部軟骨移植を行わないケースですがここまでキレイに鼻先をだすことができました。

鼻症例VOL3 プロテーゼ・鼻尖形成・鼻翼縮小

今回の症例は、20代前半の女性です。

Q今回の患者さんのお悩みは?

鼻筋の低さと、鼻先の丸み団子鼻を解消したいという事で来院して頂きました。

▼Before

鼻の整形 術前写真

Beforeの写真をみてもらうとわかる通り、鼻筋はぼやけていて鼻全体が広く見えます。また、お悩みの一つでもある、鼻先の丸み、団子鼻でこちらも大きく見える要因であります。

Q鼻尖形成は軟骨移植を行いましたか?

鼻尖形成を行う場合は鼻尖部に耳から採取した軟骨を移植する、いわゆる鼻尖部軟骨移植をおこなうケースが多いのですが今回の患者さんは鼻の軟骨がある程度しっかりあるようだったので、軟骨移植はしなくてもある程度効果が期待できたので、軟骨移植はせずに鼻尖形成術のみで施術をおこないました。

▼After

鼻の整形 術後写真

プロテーゼ

まずは鼻筋を通すためにプロテーゼをいれました。
プロテーゼはその方にあった厚つさをその場で加工しながら鼻筋にいれていきます。厚すぎてもアバターのようになってしまいますので非常に繊細な作業です。横からみても丁度良い高さに仕上がっていると思います。

鼻の整形 術後写真2

鼻尖形成

鼻の整形 術後写真3

キレイに鼻先が出来上がっていると思います。これ以上鼻先を「ツンッ」と出したい場合は軟骨移植は必要になってくると思いますが、現状で横顔をみてもキレイなEラインができているので十分キレイな鼻に仕上がったと思います。同時に鼻翼縮小も行っているので
鼻の膨らみも解消されたと思います。

まとめ

今回はプロテーゼ・鼻尖形成・鼻翼縮小を行いました。施術後1ヵ月目に経過観察のため来院いただきましたが、腫れも引いてきて全体的に馴染んだ感じでとてもよい仕上がりになっていました。また、来院された時より顔全体が明るくなった感じでとてもよい表情をされていました。以前の団子鼻だとどうしても顔の中で鼻が目立ってしまうのがコンプレックスでしたが、今はスッキリとした目立たない鼻になりました。私が日頃から言っている
「目立たない鼻がキレイな鼻」少しの施術で長年のコンプレックスから解放されますので
是非ともお気軽にご相談ください。

関連する施術

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術3D法イメージ
丸い鼻から、
自然でシャープな高い鼻へ

鼻尖形成術に比べより広範囲に剥離を行い、左右の鼻翼軟骨の周辺組織を処理します。より立体的に鼻翼軟骨を持ち上げることにより、鼻先をよりシャープに形成することが可能になります。丸い鼻を解消しながら全体的に高くしたい患者様に適しており、鼻翼軟骨と呼ばれる「鼻の穴の形を維持する軟骨」が丸く広がっているケース

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)イメージ
存在感あり過ぎの鼻を
スッキリ美しく整えよう

鼻翼の形を小さく整形し、自然で美しい鼻に整える方法です。小鼻のふくらみの改善、笑ったときの小鼻の広がりを、目立たなくします。患者様の小鼻の状態に合わせて、最適な方法を選択できます。小鼻の幅や大きさを調整し、患者様の顔立ちに合う鼻に仕上げます。患者様の鼻の状態に合わせ、最適な施術方法を選択でき、効果は