ワシ鼻削り症例写真 アイキャッチ
2021.6.7

VOL11ワシ鼻削り 症例|「目鼻立ち」は、人の第一印象を左右する大事なパーツ(11)

鼻症例のワシ鼻削りのビフォー・アフターの紹介。ワシ鼻削りだけ施術すると鼻が低くなったように感じるので、プロテーゼを入れ、鼻全体のバランスを取るために鼻尖形成・鼻尖部軟骨移植を行い最後に鼻翼縮小と鼻柱下降をおこないました。

今回のお悩みは?

代表的なわし鼻です。美人と言われる女優さんでもわし鼻の方はいるのですが、それはわずかなワシ鼻であって、今回の症例の方は代表的なワシ鼻の女性です。ワシ鼻は男性的で強い印象を与えてしまいます。

ワシ鼻削り症例写真 Before

また、鼻先が少し垂れて見えるので魔女鼻にも近いので、意地悪な人という印象を与える事もあります。

ワシ鼻削り症例写真 Before2
ワシ鼻削り症例写真 Before3

また、小鼻が少し膨らんでいるので顔に大きさに対して鼻が少し大きく見えているので結果鼻が目立ってしまう。目元や口元などキレイなパーツでしたが、残念ながら先に鼻に目がいってしまい前述した通り男性っぽい印象をあたえることがお悩みでした。

After

ワシ鼻削り症例写真 After

今回の施術メニューは?

A
・ワシ鼻削り
・プロテーゼ
・鼻尖形成
・鼻尖部軟骨移植
・鼻翼縮小
・鼻柱下降
横かからのAfter写真をみてもらえれば違いがよくわかると思います。
ワシ鼻を削り、プロテーゼを挿入しました。この方は生まれてからワシ鼻を見て過ごしてきた方です。ワシ鼻を削るだけだと鼻が低く感じてしまうので、プロテーゼを挿入し高さを調整しました。
また、少し垂れてみえていた鼻先も軟骨を移植することでツンとしたキレイな鼻先に仕上がりました。

ワシ鼻削り症例写真 After2

ビフォー・アフター比較

ワシ鼻削り症例写真 After3
ワシ鼻削り症例写真 After4

プロテーゼと鼻尖形成を行うことで鼻がシュッとするのですが小鼻が膨らんでいたのではバランスが取れません。そこで鼻翼縮小を行ったのと、鼻先がツンと上を向くので鼻の下が少し長く見えるのを防ぐために鼻柱下降を行いました。

ワシ鼻削り症例写真 After5

まとめ

今回の症例はワシ鼻がお悩みの方がワシ鼻を削りたいということで来院されましたが、その部分だけ解消しても鼻全体のバランスがよくなるという事ではありません。ワシ鼻削りだけ行っていたら、この方は鼻が低くなったと感じ新な悩みが生まれてきていたと思います。手術というのは少なからずリスクというものはあるので、手術の回数は少ない方がよい。
逆に医師は仕上がりをイメージ通りにしてあげるという責任もあります。今回は6つの施術を行っていますが、私の説明にご納得いただき且つ仕上がりも双方イメージ通りに出来きました。とても満足していただいた症例です。

関連する施術

ワシ鼻修正術イメージ
余分な骨とはサヨナラ。
美しい横顔と出会うために

ワシ鼻は、鼻筋の中央部分にある骨(これは固い骨)と、軟骨との接合部分が発達して盛り上がっているために「横から見ると鼻筋が弓なりに見える」という形状です。まずは、お顔全体の骨格から、最適な鼻のラインを診断します。デザインしたラインに沿って、切除する鼻骨の部分を決め、まっすぐな鼻に修正します。突出部分を

GBCソフトプロテーゼイメージ
周りに気付かれない、
自然で美しい鼻を手に入れよう

鼻の内側を少し切開し、プロテーゼという人工軟骨を鼻筋に沿って挿入することで、自然で美しい鼻のラインを、半永久的に維持することができます。切開するのは、鼻の内側ですので、傷は目立ちません。また、プロテーゼは体内で変質(腐敗)しない素材でできているため、安心です

鼻尖形成術(だんご鼻解消)イメージ
存在感ある丸い鼻から、
スッキリと整ったキレイな鼻へ

団子鼻となる原因のうち、軟骨が発達したケースに適しているのがこの方法です。余分な軟骨を切り取り、すっきりと細い鼻先に仕上げます。効果は半永久的に続きます。手術方法は、鼻先の軟骨組織を少しだけ取り除くことです。これにより、鼻先がシャープになり、知的な印象を与える鼻になります。また、鼻翼軟骨と呼ばれる「