執刀ドクター杉崎 裕斗
20代 女性

【 埋没法二重術デュアルシークレット法 】

【埋没法二重術デュアルシークレット法】

①手術直後から瞼に傷がつかない為、即日メイク可能。

②腫れも最小限でまぶた表面に傷もない為、バレにくい。

③取れにくい

この患者様は、5年程前に他院様で埋没法二重術をされましたが右目は二重が取れ、左目は二重のラインがかなり薄くなってしまったようで、当院にカウンセリングに来られました。

『なるべくダウンタイムが短いものがいい』『控えめな平行型二重がいい』というご希望であった為、カウンセリングの結果、ダウンタイム最短、かつ取れにくいデュアルシークレット法で自然な幅の平行型二重にする方針となりました。

症例写真

術後の経過

(術前 ⇒ 術直後 )

多少浮腫みはありますが、大きな腫れや内出血は見受けられません。たった今、手術を終えてきたばかりには到底見えません。
デュアルシークレット法は瞼表面に傷跡が一切ない為、普段つけまつ毛やアイプチで二重にしている方だとなおさらバレません。


(術直後 ⇒ 術後1週間 )

術直後、内出血は少しありますが、直後からアイメイクが可能なので十分隠せます。
針穴が瞼の表面に無いのはかなり魅力的です。術後1週間後にはまるで天然の瞼のようです。
二重幅も安定し、ご希望通り自然な平行型二重になりました。目元もパッチリしてかなりお似合いです。二重にするだけで可愛さ倍増です。

施術のリスク

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。
感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。

施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、
お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

治療の詳細

デュアルシークレット法イメージ
短時間で周りにバレない
パッチリとした理想の二重を

デュアルシークレット法は、ダウンタイムが最短、かつ取れにくい! GBCシークレット法とGBCエターナル法の最大の特徴を兼ね備えた埋没法二重術。手術直後から瞼に針穴もなく即日メイク可能です。
シークレット法で使用する糸を2重にした、しっかりと取れにくい二重術です。固定が強いため、効果も長く、瞼が厚めの人や超幅広の二重も可能になります。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連するキャンペーン

滝内院長の目玉治療

滝内院長 今月の目玉治療

大阪院院長の滝内先生による毎月の目玉治療。今月は鼻と目の美容整形がオススメです。ぜひご来院くださいませ。※キャンペーンは写真モニター様提供価格になります。

関連する症例

目頭切開の手術総件数大手美容外科時代全国No.1の実績のある医師在籍☆どんな目元も自由自在!目の整形ならGBCにお任せ!

【たるみ取り併用全切開法二重術】たるみの原因となっている余分な肉厚や脂肪をしっかりと取り除きつつ、なおかつ切開したラインにくっきりとした二重を作る術式です。【GBC式韓流目頭切開】 蒙古襞(目頭を覆う皮膚のツッパリ)を切開し、目と目の間の距

腫れや内出血、結膜浮腫が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】+【 GBC式韓流目頭切開 】+【 秘密のタレ目術 】

【GBCエターナル法】当院で最も取れにくい埋没法二重術です。とにかく取れにくさを重視した術式です。 【GBC式韓流目頭切開】蒙古襞(目頭を覆う皮膚のツッパリ)を切開し、目と目の間の距離を縮めるのはもちろん、目をスッキリ大きくしたり、目の開

腫れや内出血が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。