執刀ドクター杉崎 裕斗
40代

自己の脂肪注入で若々しい自分を取り戻す!~究極の脂肪注入術~

【コンデンスリッチフェイス】
どんなに顔を綺麗にお手入れされていても、手の甲や首元には年齢が表れてしまいます。そこで、顔の脂肪注入と同時に、マイクロCRFを手の甲に注入しました。
「コンデンスリッチフェイス」の抽出方法は、まず専用のシリンジに採取した脂肪を入れて遠心分離機にかけ不純物を取り除きます。採取した脂肪には、麻酔液や本人の血液などが含まれていますが比重の差によって脂肪は上部へ、脂肪より重い成分は下部に溜まっていきます。また、シリンジには「ウェイトフィルター」という脂肪よりも重いフィルターが付いておりその重みで脂肪に圧力が加わるようにもなっています。老化した細胞や死活細胞などは圧力に耐えられなくなりオイルに変化し、フィルターを通ってシリンジの上部に溜まります。そうして中間層に溜まったものが「コンデンスリッチ」であり、注入する脂肪として使用します。従来の脂肪処理法よりも定着率が格段に上がっており仕上がりもより自然です。

【フィラーゲラー(マイクロCRF注入術)】
「コンデンスリッチ」で良質な脂肪を抽出後、さらに「フィラーゲラー」という専用装置を用いて、より小さな脂肪の粒子だけを取り出します。さらに、粒子の粗い脂肪細胞や繊維、老廃物等を小さく粉々に分解しすると、小さな脂肪細胞は傷つかずに残ります。そしてもう一度、遠心分離機にかけて不純物をほぼ完全に排除し、良質で極小粒子の脂肪細胞だけを取り出すのです。この脂肪は「マイクロCRF(コンデンスリッチファット:濃縮脂肪細胞)」と呼ばれます。脂肪が非常に細かい粒子まで精製されているので、粒状ではなくジェルのようなとろみのある液状になり、極細の針で注入できます。直後でも、針穴すら目立ちません。即日メイクも可能です。さらに脂肪が極限まで濃縮されているので、定着率が驚異の90%近くに高まっています。その為、脂肪を余分に注入する必要がなく、腫れ等のダウンタイムが少ないのが特徴の一つです。注入するマイクロCRFには細胞の元となる脂肪幹細胞が豊富に含まれている為、皮膚の浅層に注入することで肌質が改善されるというメリットも持ち合わせています。

症例写真

術後の経過

(術前 ⇒ 術後3ヶ月)

手元に若々しさが蘇りました。どんなに顔を綺麗にしていても手の甲や首のしわまでは、なかなかケアが行き届きません。意外と、首元や手元にも年齢は出てしまいます。高濃度の脂肪幹細胞が皮下に注入されると、皮膚の再生も促され、肌質も綺麗に改善するという効果も分かっておりますが、お写真で見ても、手の甲にハリが出ているのがわかります。

施術のリスク

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、感染等

治療の詳細

マイクロCRFイメージ
半永久的に効果が持続!
注入当日から効果を実感できます!

患者様ご自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。ヒアルロン酸注入は効果の持続性が限定的ですが、こちらは効果が半永久的です。最強のエイジングケア法ともいわれています。患者様自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。注入当日から効果を実感できるため、早くから効果を得たいという方におすすめです。定着率が90%以上で、長い間施術を持たせ効果が半永久的に続くというメリットがあります。100%無添加な製剤であり、不純物が含まれていないため、注入した脂肪が石灰化したり、しこりになってしまう心配がありません。また良質な幹細胞が多数含まれているため、注入部の肌質の改善へもつながります。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連する症例

『 ヒアルロン酸だけでどれだけ若返る?! 』

【ヒアルロン酸注入】術前の状態としては、顔に全体的にたるみが進行し、ほほのこけや口角横のたるみがあり、あご下にも余剰皮膚がみうけられました。(写真では分かりづらいですが)その為、下記のような方法でヒアルロン酸をお顔に注入しました。①フェイス

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、感染など

目頭切開の手術総件数大手美容外科時代全国No.1の実績のある医師在籍☆どんな目元も自由自在!目の整形ならGBCにお任せ!

【たるみ取り併用全切開法二重術】たるみの原因となっている余分な肉厚や脂肪をしっかりと取り除きつつ、なおかつ切開したラインにくっきりとした二重を作る術式です。【GBC式韓流目頭切開】 蒙古襞(目頭を覆う皮膚のツッパリ)を切開し、目と目の間の距

腫れや内出血、結膜浮腫が出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態にも個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【ヒアルロン酸リフトアップ】

ヒアルロン酸リフトの症例です。本症例の患者様は頬の下から口元にかけてのたるみと、それによるほうれい線、マリオネットラインを気にされており、『老けて疲れて見えるのを若々しくしたい。だけど、切ったり縫ったりまではしたくない。』とのご要

【ヒアルロン酸注入における注意点】腫れ、内出血、痛み、感染など