執刀ドクター杉崎 裕斗
40代 女性

目の下のクマ・たるみ劇的改善!~最強のコラボレーション治療~

【目の下の切らないたるみ取り 】
目の下の眼窩脂肪が、たるみによって前にせり出してくることで「目袋」が出っ張り、さらにその下の脂肪が下にさがってボリュームがなくなる事によって「目の下のクマ」が強調されます。『目の下の切らないたるみ取り』では、その眼窩脂肪を瞼の裏側からアプローチして除去することで「目袋」の出っ張りをなくし、さらにその下の窪んだ部分に脂肪(フィラーゲラー※マイクロCRF)を注入することでふっくらさせ、若々しい印象を作り出します。

【フィラーゲラー(マイクロCRF注入術) 】
脂肪が非常に細かい粒子まで精製されているので極細の針で注入できます。
直後でも、針穴すら目立ちません。さらに脂肪が極限まで濃縮されているので、定着率が驚異の90%近くに高まっています。その為、脂肪を余分に注入する必要がなく、腫れ等のダウンタイムが少ないのが特徴の一つです。即日メイクも可能です。

この方は、目の下の広範囲にわたるクマが年々深刻になっていくのがお悩みでした。この組み合わせ治療で、目の下のクマを改善する方針となりました。

症例写真

術後の経過

(術前 ⇒ 術直後 )
術直後ですが、少し赤みはありますが、大きな腫れや内出血はありません。このまま素顔で帰宅される方も多いですが、気になる方は、即日メイクも可能なので十分隠すことが出来ます。
お顔の目の下のクマやたるみを治療するだけで、見た目年齢が一気に若返って見えます。

(術前 ⇒ 術後3ヶ月)
とても綺麗に若返りました。お顔の目の下のクマやたるみを治療するだけで、見た目年齢が一気に若返って見えます。
若返り手術は目や鼻の整形と違い、そのものの形を変えるわけではありません。数年前の若かりし頃のご自分の姿に巻き戻すという治療なので、術後、整形をしたことが周囲にバレなかったという方がほとんどです。

施術のリスク

腫れ、内出血、痛み、違和感、左右差、感染等

治療の詳細

目の下の切らないたるみ取りイメージ
忙しいアナタでも大丈夫!
スッキリ若々しい目を取り戻そう!

目の下の余分な脂肪を除去する施術です。施術の傷跡はまぶたの裏側なので、お顔表面に傷が残りません。 1時間程度の短時間で終わるため、忙しい会社員や主婦の方にも人気です。

下まぶたの膨らみには「眼窩脂肪(がんかしぼう)」という余分な脂肪が溜まっています。この余分な脂肪を取り除くことで、下まぶたのたるみを解消する施術です。

脂肪除去後のくぼみを埋めるために、脂肪注入術(目の下〜ゴルゴ)を同時に行うことで、美しいハリが蘇り、ふっくらとした若々しい印象にすることができます。

マイクロCRFイメージ
半永久的に効果が持続!
注入当日から効果を実感できます!

患者様ご自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。ヒアルロン酸注入は効果の持続性が限定的ですが、こちらは効果が半永久的です。最強のエイジングケア法ともいわれています。患者様自身の脂肪を活用し、シワやくぼみなどを解消します。注入当日から効果を実感できるため、早くから効果を得たいという方におすすめです。定着率が90%以上で、長い間施術を持たせ効果が半永久的に続くというメリットがあります。100%無添加な製剤であり、不純物が含まれていないため、注入した脂肪が石灰化したり、しこりになってしまう心配がありません。また良質な幹細胞が多数含まれているため、注入部の肌質の改善へもつながります。

杉崎理事長
執刀ドクター杉崎 裕斗理事長sugisaki

グローバルビューティークリニックに訪れる全ての方に満足していただけるように、しっかりと入念なカウンセリングを行い、常にベストな結果が得られるように施術を行います。また、術後のアフターフォローも適切に行い、“世界一お客様を大切にするクリニック”になるように努力しております。

  • 杉崎 裕斗instagram公式アカウント
  • 杉崎 裕斗blog公式アカウント
  • 杉崎 裕斗youtube公式アカウント
  • 先生プロフィール

関連する症例

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 GBC式韓流目頭切開 】

【目頭切開】 目をすっきり大きくしたり、目の横幅をおおきくしたりする効果があります。その中でも、GBC式韓流目頭切開は蒙古襞(目頭を覆う皮膚のつっぱり)よりも目頭側を切開する為、切開後の傷跡が残る可能性が限りなく低いのが特徴です。仕上がりも

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。切開後の傷跡の状態には個人差がありますが、次第に目立たなくなります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

【 埋没法二重術GBCエターナル法 】

【埋没法二重術GBCエターナル法】 GBCエターナル法は糸による二重術で、当院で最も取れにくい術式です。

腫れや内出血は出る可能性はありますが、その程度には個人差があります。感染のリスクはゼロではありませんが、ほぼございません。施術に関して何か他にご不明点等ございましたら、お電話いただくか、カウンセリングの際に詳しくご説明させていただきます。どうぞお気軽にお問合せ下さい。