プラスアルファのスキンケアで若さに磨きをかける
2019.4.21

VOL18プラスアルファのスキンケアで若さに磨きをかける

これまで6回に分けて、アーリーアンチエイジングや肝斑についてお伝えしてきましたが、今回は、きれいな肌質でいられるためのサポートをしてくれる施術についてお伝えしたいと思います。

スキンケアで肌質を良好に保ち、若さに磨きをかける

シワやたるみ、シミ、くすみなどの肌の老化現象は、加齢による細胞の機能低下だけでなく、乾燥や紫外線によるダメージ、睡眠不足など、様々なストレスが原因となり起こります。
費用をかけてアーリーアンチエイジングの施術を行い老化の速度を遅らせても、日頃のスキンケアをおろそかにしたり、乱れた生活を送ったりすることは、アーリーアンチエイジングの効果を半減させかねません。このような行為は自分自身で老化を進めているようなものなのです。
老化の進行をなるべく遅らせるには、肌のケアと共に日頃の生活習慣の見直しも大切です。また、毎日のセルフケアではなかなか行き届かない部分があれば、若々しい肌質をサポートする施術もあります。例えば、次のようなプラスアルファのケアを取り入れることも良い方法です。

フラクショナルCO2レーザー

マイクロビームで肌細胞の再生を促す治療です。キメの粗さや毛穴の開き、ニキビ跡などの治療に役立ちます。1回の治療で、約10~15%の肌が再生されるといわれています(表1)。
当クリニックでは5~10回を1クールとし、料金は顔全体の施術で1回約8,000円、2回目以降が約7,000円です。顔以外にも、手の甲やデコルテ、ヒップ、ひざなどの治療が可能です。

ケミカルピーリング

人の肌は、古くなった細胞が徐々に表面へと押し出され、はがれ落ちることで新たな細胞へと入れ替わっています。この仕組みを「代謝」や「ターンオーバー」と呼びますが、年齢を重ねると「ターンオーバー」が徐々に遅くなり、肌の汚れや、機能を失った細胞がとどまることで、シミやシワなどのトラブルを引き起こします(表1)。
ケミカルピーリングは、角質層や表皮上層部に溜まった汚れを、酸性の液体を使用して優しく取り除く治療です。不要な角質を取り除くことで肌のターンオーバーを促し、ハリや弾力を引き出します。
当クリニックでは現在、サリチル酸マクロゴールやミルクピーリングなどでのケミカルピーリングを行っており、料金は一番安いもので5,000円程度です。

エレクトロポレーション(イオン導入)

肌には菌などの侵入を防ぐためにバリア機能が備わっていますので、美容液などを塗り込んでも、美容成分が深部まで浸透しないことがあります。
エレクトロポレーションは、特殊な電気パルスを使用することで、美容液などに含まれる美容成分を、肌深部まで浸透させることができる施術です。針を使わないため、細胞の構造や機能が傷つかないことが特徴で、ノンニードルセラピーとも言われています(表1)。
当クリニックでは、トラネキサム酸(トランサミン)やビタミンC、グロースファクターなどによるエレクトロポレーションを行っています。料金は約6,000円からになります。

表1 若々しい肌質をサポートする施術

(表1)若々しい肌質をサポートする施術

まとめ

いつまでも、きれいで良好な肌質を維持していけるように、今回お伝えしたような、プラスアルファのケアを定期的に取り入れてみてはいかかでしょうか。日頃から生活習慣には気をつけてはいたが、肌トラブルが発生してしまったという場合にも改善効果が期待できます。
加齢による衰えを完全に止めることはできませんが、ゴワゴワ、ガサガサの肌質よりも潤いが与えられたハリのある肌質の方が当然健康で若々しい印象を持ちますよね。プラスアルファのケアで美魔女を維持していきましょう。

――閑話休題―― 水泳は「ニキビ肌」に効果的!?

僕は中学や高校時代を振り返り、水泳をしていた友人やオリンピック選手、全員の肌がとてもきれいだということに気づきました。
その話を友人にしたところ、その友人の子は小学校6年生からニキビができ始め、思春期だから仕方ない……とあきらめていたそうですが、中学で水泳部に入部したところ、3ヶ月が経つ頃にはすっかりニキビが治り、きれいな肌に変身したのだそうです。
その話を忘れかけた頃、今度は別の友人から、「冬になると息子のニキビが増えて困っている、なぜだろう」と相談されました。その瞬間、水泳部の子の話が頭をよぎり、「息子さん部活は?」と尋ねると、同じく水泳部だと言います。ただし、その子の学校は屋外プールしかないため、シーズンオフはプールに入らず、室内で筋トレをしていたそうです。
室内プールやスイミングスクールで年間を通じて水泳をしている子はニキビができず、温かい時期だけプールに入る子は、冬になるとニキビが復活する…。これはどう考えてもプールとニキビには何か深い関係がありそうだと僕は考えました。

ニキビは、毛穴の入り口になんらかの理由で角質が増殖し、皮膚が排出しきれず詰まってしまうことが原因で起こります。詰まった皮脂が酸化し、アクネ菌が増殖することで炎症を悪化させるのです。
そこで僕は、プールの水に含まれる塩素がニキビの殺菌作用になっているのではないかと仮説を立てました。ニキビに悩んでいる子たちや大人ニキビに悩んでいる人たちの予防になるのではと思ったのです。
科学的に証明されていませんが、実際、水泳選手や水泳をする子たちの肌がきれいになっているのですから、自分の子にも絶対に水泳をさせようと思っています。